シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

映画天国!!ロスアーンジェルス!の巻

第13回女優マホついにデビューか?!の巻】を読む

                             

森田まほ
映画が好き!現場で働きたい!その思いがこうじて単身アメリカ、ハリウッドへ渡り, 現場でインターンとして日夜現場を飛び回る日々が続く。

  ハリウッドに住む若者たちは、ほんとうによく映画を見ます。土地柄もあるのでしょうが、大人も子供も、映画が大好き。そしてその根底にあるものは、やはり、映画料金が安い!とこでしょう。

先日、日本に帰国した時に、家族で、映画を見に行ったんですけど、3人家族で使った額、ジュース代入れて、6000円近く!! ひえーーー。お父ちゃんごめん。 でも、ハリウッドなら、一人で観に行く時でも、10ドルさえ持っていれば、映画代に、おっきいポップコーン代に、ジュース代、ぜーんぶカバーできちゃうくらいです。

10ドルって言えば、大体1200円くらい。日本の大人一人分にも満たないくらい。いかに、安いかが、分かりますね。  私はというと、それでもまだ高い!! とにかく、極貧生活なんで、ボンビーはボンビーなりに知恵を絞ります。ここで、マル得!ロスで安く映画を観る方法!

作戦その壱 男の子と行こう!! これは、もうベストですな。日本でもアメリカでも、男の子はおごってくれます。 ビバ!男児! 極め付けは、でっかいポップコーンをおねだりして、ほぼ自分で平らげるくらいの勢いでノックアウト!! 友達以上だろうが未満だろうが、そんなこたーカンケー無し! 映画観るなら言葉は不要さ! …なーんて偉そうに、言いましたが、私の場合、一緒にいった彼も半端ない極貧野郎で、ポップコーンすら食えず、結局私がおごるはめになったけど…類は友を呼ぶとは、まさにこのことですな。皆さんも、この作戦を実行に移す場合は、相手をよく見て誘いましょう!  

作戦その弐 マチネーへ行こう! 日曜日のお昼の映画料金は、普通 の値段(7ドル弱)より、2ドル程安いので、作戦1を失敗した人には、お勧めです。ちなみに、私の場合、作戦壱よりこっちの場合が多いっす。(やっぱね)

作戦その参 二番館を狙え! その名の通り、一般 に公開されて、1カ月が過ぎると、街の二番館でもう一回やります。これが、安い!ホントに。よっぽどウオー今観てー。今すぐ観てーっちゅー映画でなければ、一カ月くらいヘッチャラでしょう。 一カ月!たったそれだけ待てば、大物の出た新作だろーが、タイタニックだろーが、なんと$2.45だいたい400円で観れちゃうのです! 400円なんてレンタルビデオ並み! 映画好きには、たまりませんな。

作戦その四 映画館前のfreeチャンス! これは、大手の映画館。例えばロスなら、ハリウッド大通 りや、サンタモニカの、3rdストリートプロムナード。そのあたりにある映画館の前には、時々モFREE MOVIEというプラカードを持った人がいます。この人たちは、大体アンケート調査が目的。怪しい人じゃありません。終わった後に、ちょこちょこっとアンケートに答えるだけで、ただで映画が観れるなんて、超オイシイでしょ?? ただ、◯日の△時と細かく、指定されちゃうので、忙しい人には向きませんが…。

この作戦は、究極でございます。連れは不要だし。なんせ、タダだし!!

てなわけで、一歩間違えリゃ、 ♪はあーカラオケねえ!コンパもねー!!ビリヤードやるにはID必要!(21歳以上)おらこんな街ム嫌だーおらこんな街嫌だー東京へ帰るだー♪(by 幾三 吉) っちゅー日本の若者的娯楽の一切ないこの街では、映画は、若者の日常なのです。  そして、相変わらずボンビーな私は、以上壱~四の作戦を使っては、ムービーライフを月に5、6回は楽しんでいるのでした。

森田まほ

                             

来週に続く…

ハリウッドで飛び回る20歳の乙女、まほちゃんへ励ましのメールを!

(皆様からいただいたメールから、まほちゃんはパワーをいただいているそうです。メールは編集部で1度受け取ってからまほちゃんへ渡されます。本人へ直接メールされるわけではありませんのでご了承下さい。また、いただいたメールはまほちゃんが必ず読んで出来る限りお返事を書きたいとのことです。)


FLiXムービーサイト内「まほのハリウッド日記」
maho@flix.co.jp

[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク