シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
彼はクローンか本物か!?
『シックス・デイ』に主演したアーノルド・シュワルツェネッガー来日!!
 
 


アーノルド・シュワルツェネッガー来日記者会見
10/27

(写真は渋谷パルコ・パート1の前で開催された、“シュワルツェネッガーデュアルモデル除幕式”に突然姿を現したシュワルツェネッガーです)


『シックス・デイ』
配給:東宝東和

12月16日に公開される今世紀最後のSFアクション超大作『シックス・デイ』 のプロモーションのため、主演のアーノルド・シュワルツェネッガーが、監督の ロジャー・スポティスウッドらとともに10月27日に来日した。シュワちゃんは大 の日本好きらしく、新作が公開されるたびに必ず来日し、今回で8回目となる。

「去年の来日(『エンド・オブ・デイズ』)の時、“I'll be back”と約束したの で、その通りまた来られて良かったよ(笑)」

 

本作はクローン技術をテーマにした映画だ。舞台となる近未来ではクローン技 術が発達し、絶滅した動植物の再生はもちろん、ペットのクローン化もビジネス として行われている。ただし、人権保護の意味から、人間のクローンだけは「6d 法」という法律で禁じられていた。自らプロデューサーとしても名を連ねるシュ ワルツェネッガーは、製作の理由を「テーマが実にタイムリーで、完璧なシナリ オだと思ったからだ」と語る。

「脚本が書かれた頃は、ちょうどあらゆるメディアでクローン問題が取り上げら れていた。脚本は30年くらい先の未来を想定して書かれたものだが、撮影中に予 想以上に技術が発達し、あと15年もしたら、人間のクローン化が可能になるんじ ゃないかと言われている。だから(テーマが古くならないうちに)急いで製作を進 めたんだ」

今回シュワちゃんが戦うのは、非合法に人間のクローン化を行う悪の組織。彼 らは一部の権力者の延命のためにクローン化を行っているが、手違いから、シュ ワちゃん扮するアダムのクローンを作ってしまう。そして、本物のアダムは組織 から命を狙われることになるのだ。もし、自分のクローンが目の前に現れたら?という質問に、シュワちゃんはこう答えた。

「この映画のように、ある日突然 現れたら、ショックだろうな。でも、もし可能なら、僕は喜んでもう一人の自分 を作るだろうね。そうしたら、クローンにここに座ってもらって、自分は東京見 物に行くことにするよ(笑)」

当初、アダムはペットのクローン化にすら批判的である。しかし、彼は自分の クローンと出会い、彼自身もハートを持った尊い人間であることを認め、協力し て組織に立ち向かっていく。クローン技術への賛否、倫理観について監督は、

「僕はこの映画はクローン技術を肯定していると考えている」と語る。

「今後もこの問題は人類の大きな課題として取り上げられるだろう。臓器ならい いのか、 人間全体をクローン化してもいいのか。これは複雑で難しい問題だよ。だが、私 はクローン化をいいことだと考えたい」  

その意見にシュワちゃんがこう続ける。 「クローンも同じ人間である、という点は、作品の中でクリアに描かれていると 思う。 最新技術はうまく使えば、人類に多大な利益をもたらすが、悪用すれば大変なこ とにな る。そのためには、ルールを確立して、間違いがないようにすべきだ。映画には そういうメッセージが込められているんだ」

シュワちゃんの日本滞在はたったの2日間。新作をメキシコで撮影中のため、 短期滞在となったが、それでも「子供と妻へのおみやげは必ず買って帰る」らし く、マイホーム・パパぶりが伺える。

彼は知的障害者を対象としたスポーツの祭 典「スペシャルオリンピック」のインターナショナル・コーチを20年間務めるな ど、俳優業以外にも幅広く活動しており、人間的にも魅力あふれる人物だ。シュ ワちゃん人気は、まだまだ続きそう。

『シックス・デイ』は12月16日より日比谷スカラ座ほか全国東宝洋画系にて超拡 大ロードショー!!

公式サイト:http://www.eigafan.com/

 

 

 

 

 

 



デュアルモデル除幕式に現れたシュワちゃん



突然現れたシュワちゃんに、渋谷は騒然!

 

 




 

[PR]

この記事を共有する

関連情報
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2000年
  3. 11月
  4. 1日
  5. アーノルド・シュワルツェネッガー記者会見