シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
田辺あつみ(たなべ あつみ)
商業誌でイラストや漫画を職業として描くプロのイラストレーター&漫画家。20代独身。惚れっぽく情熱家でありながらも、男を見る目はかなり冷静。
次世代のいい男を見つけだせ!田辺あつみが色男を舐めまわす!

絵と文・田辺あつみ


孤独でやさぐれてる、美しい天才警部
のジョニデ! もうツボはまりまくり!


これはジョニデのプロモーションビデオですか!?  これよ、これを待っていたのよ!!  太ってもいない、ダサい格好もしてない、中年にもなってない、ただひたすら美しいジョ ニデことジョニー・デップ。

“暗黒好き”にオススメなダークで美しくて色彩 感覚にあふれた作品です。 終止緊張感の解けない展開、巧みに練られたストーリー。 でもそれらを追うのも忘れそうなくらい、彼にうっとりしちゃうんです~。

今回のジョデの役は、切り裂きジャックの捜査をするアーバーライン警部。 天才だけど妻を失った悲しみから、孤独でやさぐれてて酒と薬に溺れてるの。 もう、ツボつかれまくり。 不器用なアーバーラインを見てると、ホレすぎて胸が苦しい。 やっぱりいい男は悲しくなきゃね!

今回のジョニデは一度もニヤけません。
不幸な身の上の彼には幸せになって欲しいと思いつつ、悲しい顔が色っぽいのでもっと追 い詰められて~っなんて願っちゃったりして……。 『ピカレスク』って映画で太宰治役に河村隆一が選ばれて死にそうなんですけど、ジョニ デがやったらイケるんじゃないでしょうか!? 心中に誘って欲しいっ!!

でもこの映画でひとつ不満が。 お骨顔のヘザー・グラハムがヒロインってちょっと納得いかない。 彼女が演じるメアリはかなりの確信犯ですね。友達はブスしかいません。 あれでは貧相なメアリも美人に見えるってもんです。 売春婦とか言いながらちっとも売春しないし、友達にばかり汚れ役をやらせてるところも 抜け目がないんだよね。

 

 

↑キレ者なんだけど、悲しみから阿片に溺れアブサンを愛飲するアーバーライン刑事。う~ ん、デカダンな雰囲気がジョニデにぴったり!
↑太宰なジョニデ。絶対にハマリ役だと思うんだけどなぁ。


↑ああ、なぜジョニデはこんな計算高い女(ヘザー・グラハムね)に惚れるの??

 

 

惚れた男の数知れず……まんが家 田辺あつみさんにファンレターを書こう!
atsumi@flix.co.jp

 

[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク