シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
『チャーリーズ・エンジェル フルスロットル』来日記者会見

あの3人娘がパワーアップしてスクリーンに帰ってくる!『チャーリーズ・エンジェル フルスロットル』。いよいよエンジンがかかり、あとは公開を待つばかり。この日、クールで天真爛漫なエンジェルたちを演じたキャメロン・ディアス、ドリュー・バリモア、ルーシー・リューの3人が揃って来日。会見場となった六本木ヒルズの屋外アリーナは、取材を待つマスコミの長蛇の列と、美女たちをひと目見ようと集まった一般客で大混乱となった。

黒塗りのリムジンからエンジェルたちが登場し、赤絨毯の上を舞台に向かって進むだけで、大歓声が響き渡る。それぞれ個性的な美しさを持った3人が並ぶと、一段と輝きが増す。舞台に上がり、早速、記者会見が始まった。

ドリュー(以下DB):この物語は、犯罪事件の証人になった人々の命を救う物語だけど、それよりも、私たち3人が、衣装や友人、男性のことをたくさん喋っている、そんな物語よ。

キャメロン(以下CD):この映画のすばらしいところは、毎日現場で違う衣装を着て、違うカツラをかぶり、違うメイクできることなの。捜査によってはいろんなキャラクターになれるし、面白い衣装やクレイジーなメイクもあるわ。女の子にとって、夢が叶うような映画なの。

ルーシー(以下LL):前作よりもずいぶんグレード・アップしているわ。若い男の人にも楽しんでもらえるくらい過激になって、私たちも、怪我を恐れずに演じたの。今回、アクションは格段激しく、よりカラフルになったわ。モトクロスも登場するし、もちろん、ハイヒールを履いたところも注目してほしい。

Q:今回の映画で、それぞれが気に入っているシーン、または自分たちの見せ場はどこですか?

DB:アメリカのテレビでCSIという犯罪番組があるんだけど、ここに出演しているの。キャメロンはびっくりするような衣装も着ているし、モトクロス・シーンも、すごく張り切ったシーンね。

CD:私がとっても気に入っているシーンは、キャバレーのシーン。証拠を探しに行く重要な場面だけど、これがかなりセクシーで見応えがあるの。男性は喜ぶと思うわ。すごく体を使うシーンのように思うけど…(自分の頭を指差して)実は、こっちの方を使っているのよ。

LL:私のお気に入りはモトクロスのシーン。今回、エンジェルたちの荒っぽさを出すために新しく加えられたんだけど、コスチュームがとっても派手。空中で回転する場面があるんだけど、これは世界でひとりしか出来ない技で、その本人がやってくれたの。アドレナリンが出っ放しになるわよ。世界中の有名なモトクロス選手たちが集まってくれて、とてもラッキーだった。

Q:今回、伝説のエンジェルとして登場する悪役に、デミ・ムーアが出演するほか、テレビシリーズの頃のエンジェル、ジャクリーン・スミスも登場しますが、共演の感想は?

LL:デミは美人なだけでなく、本当に頭が良くてスピリチュアルな人。今回の作品に、プロの意識と存在感をもたらしてくれたわ。スクリーンで彼女を見ると、ダイナマイトのようにエネルギーが飛び出してきて、ジャイアント・スターと呼ばれる理由がよくわかる。しばらく演技活動をしていなかったから、スクリーンに帰ってきて本当に良かったと思うと思うわ。彼女はひとりで私たち3人を相手にするけれど、彼女くらいしか、私たち3人を相手にすることはできなかったでしょうね。

CD:デミは、私が演じるナタリーとのシーンが多かったから、長時間一緒に仕事をする機会があったの。彼女の素晴らしさは、今ルーシーが全部話しちゃったけど、とにかくパワーがあって、素晴らしい悪役ぶりを見せているわ。3対1でちょうど釣り合いが取れる、それくらいすごいパンチを持っているの。

DB:デミは、私たち3人が立ち向かえるだけの能力を持っている人だったわ。ジャクリーン・スミスについては、1976年にテレビシリーズが始まってから、チャーリーの事務所がずっと続いていて、私たちはあくまでも2002年、2003年にリクルートされたエンジェルだ、ということを現したかった。彼女が私たちに知恵を授けてくれる、ということで、出演してもらったの。

Q:エンジェルの最大の武器の一つは、やはりその美しさ。3人が、日ごろから美しさのためにがんばっていることは?

CD:そのほめ言葉、お受けするわ(笑)。心がけていることは、人生を楽しむこと。色々体験して、色々なことにオープンであること。家族や友達と優しさを共有すること。食べることやサーフィンなど、好きなことをする。そして今回、日本に来て皆さんの暖かい歓迎を受けたから、それで微笑むことが出来るの。微笑むことで、美しさもキープできるのよ。

LL:美しさは内面から来るものだと思う。人から愛されて自信が生まれ、気分がよくなること。私はアウトドアが好きで、トレーニングもするけれど、映画の仕事では朝5時から15時間も撮影がつづくことがあり、だからこそ、朝トレーニングして元気を出して、その元気を皆に分けて上げられるようにしたい。今日もいろんな人が来てくれているけど、優しさはよく伝わってくるし、そのおかげで過密なツアーもこなせるの。

DB:美しくあるためには、人生でいかに幸せかということが関わっているわ。クリエイティブな面でもビジネスの面でも、ハッピーかどうか、ということが人を美しくすると思うわ。よき友人であり、競争心を持たないこと。賢さと、幸せを持っていれば、セクシーにも見えるはずよ。
CD:もちろん、遺伝子が良いことも助けになるわね!6月2日(月) 六本木ヒルズアリーナにて
取材・文  竹内詠味子

 

[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2003年
  3. 6月
  4. 18日
  5. 『チャーリーズ・エンジェル フルスロットル』来日記者会見