シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
 古手川祐子 独占インタビュー 『陰陽師II』

観客動員220万人、興行収入32億円という記録を打ち出した前作『陰陽師』から2年。安倍晴明が再びスクリーンで呪(しゅ)を操り、華麗に舞う。『陰陽師II』では舞台も平安京の枠を越え、特撮映像もスケールアップ。もちろん晴明と博雅のボケとツッコミ的友情は健在で、晴明役の野村萬斎は今回も自分の持ち味を惜しげなく披露し、伊藤英明演じる博雅も純な中に強さが備わってきた。そして中井貴一、古手川祐子、深田恭子など豪華なゲスト陣は今回も見どころの一つ。物語の謎を解く重要な役どころ、出雲族の王妃・月黄泉を演じている古手川祐子さんに話を聞く事ができた。

−古手川さんは今回かなりのシーンで特撮のターゲットになっていますね。古手川さんだけ合成されていて、萬斎さんや深田さん、中井さんと会話するシーンがありますが、あれはどうやって撮影したんですか?

私も現場には行っているんです。テストでは衣装をつけて一緒に演技をして、本番で私はカメラの横でセリフを言い、皆さんは私のいない状態で演技をします。そして別の日に合成用のグリーンの背景のスタジオで、私だけまた同じお芝居を一人でするんです。私にとっての本番は人相手ではなく、萬斎さんや(深田)恭子ちゃんがいるはずの目印に向かって話す部分が多かったので、さみしかったですね(笑)。

−他の方との撮影では、映らないのに古手川さんも衣装を着たんですか?


そうしないと背丈とか大きさが違ってしまって、合成する時に基準がわからなくなるんですって。撮影方法は聞いても難しくて、(中井)貴一君にも「ねえ祐子ちゃん、これどういう意味?」とか聞かれて、「だからこうでこうなんじゃない?」と言いつつも、二人で「わかんないなぁ」って(笑)。


−特撮の経験はあったんですか?


初めてだったんです。生きている人間じゃない役も初めてでしたし(笑)。でも戸惑うどころか私は『陰陽師』の大ファンで、マンガも小説も持ってるんです。映画になった時は、萬斎さんを見て「ほんとぴったりな人を見つけてくるなぁ」と思いました。参加できた事が本当に嬉しくて。「呪」によってもっともっとすごいものに変わってもいい位でした(笑)。


−もっとすごい古手川さんですか…見たかったような気もします。『陰陽師』の魅力は何ですか?


…実は私、「魔」とか「霊」とか「邪悪」とかが大好きなんですよ。


−え。そ、そうなんですか!?


変な意味ではなく、精神分析などの本も読みますし、どうやったら人間の心にそういう心が芽生えるのか興味があるんです。だから『陰陽師』も好きなんだと思います。あとは晴明の何事にも最後まで立ち向かっていくヒーロー像や、実はキツネの化身なんじゃないかという未知数な部分にも惹かれます。


−最後になりますが、古手川さんはインターネットは利用しますか?


私はできないんですよ。遅れてるんでしょうけど、メールより手紙が好きですし。何か調べたい時は高校生の娘に頼みます。娘はインターネットで昔の私の写真を見つけてきて、「昔はかわいかったのね」なんて言うんですよ。娘も部屋には『陰陽師II』のポスターを貼ってます。私自身、あと1、2回映画館で観たいし、早くDVDも出ないかなと思ってるんです。するとまた隅の隅までわかるじゃないですか(笑)。


今どき、なかなかこんなにストレートに作品が気に入っている事を話してくれる出演者もいないのでは? それが宣伝文句ではなくファンの立場からのコメントなので好感を持ってしまう。王妃役を凛と演じながらも、ラストの晴明の舞に感動する純粋な古手川さんは、「女性版・博雅」のような人だった。

『陰陽師II』は全国東宝系で今月4日より公開中。
(インタビュー・文:安田佑子)

 

 

amazon関連商品
陰陽師
¥6,000
(送料無料/24時間以内発送可能)

出演:?野村萬斎,?伊藤英明
監督:?滝田洋二郎
陰陽師 (1)Jets comics
¥771
岡野 玲子 (著), 夢枕 獏
(要送料/¥1500以上購入は送料無料)
陰陽師2―ときがたり絵巻
¥1,400
(要送料/¥1500以上購入は送料無料)

野村萬斎が満載!

 

 

[PR]

この記事を共有する

関連情報
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2003年
  3. 10月
  4. 27日
  5. 古手川祐子『陰陽師II』インタビュー