シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

笑いと涙の人生応援映画『油断大敵』 伝説の泥棒・ネコを演じた柄本明に直撃インタビュー! 泥棒を専門で追いかける泥棒刑事の関川仁。仁から逃げる伝説の泥棒・ネコこと猫田定吉。この2人の追いつ追われつという物語に、仁の一人娘の成長やネコの生い立ちを盛り込み、泣いて笑って元気になれる人生応援映画が誕生した。「オイッチニ、オイッチニ!」の掛け声が思わず頭の中でオートリピートしてしまうこの『油断大敵』で、メガフォンをとったのは成島出。『笑う蛙』『T.R.Y.』などの脚本家として活躍してきた成島にとってこれが初監督作品になる。その本作で独自の泥棒美学を持ち、仁の好敵手となるネコを演じた柄本明に、撮影にまつわるエピソードから俳優という仕事に対して思うことなどを聞かせてもらった。

--脚本家として活躍してきた成島さんの初監督作品であるこの『油断大敵』。出演の経緯についてお聞かせ下さい。

柄本:成島さんのことは助監督やっていた頃から知っていたからね。"いつ監督デビューするかなぁ"と待っていたんだよ。彼、書く方もうまかったからね。ようやくデビューしたなぁ、って感じだったね。やるなら役所さんと俺でやりたい、って話があったから、自然な流れで出演は決まったね。

--初監督である成島さんはいかがでしたか? 

今後も彼の手掛ける作品へ参加してみたいと思われましたか?

柄本:これからの日本映画を支えてくれる存在だよなぁ、成島さんは。日本映画にもいい奴が現れたなぁ、と。一人の映画ファンとしてもいい監督が登場したと思うよ。今後、彼が作る作品に出演できればいいとは思うけど、こればっかりはね。キャスティング次第だからね。でもお話があれば、ぜひ一緒に仕事をしたいと思うね。

--共演者の役所広司さんや淡路恵子さんはいかがでしたか?

柄本:役所さんは、うん、いい俳優だよ。淡路さんは、映画の黄金時代の人だからね。映画の巨匠と呼ばれる人とずっと仕事をしてきた素晴らしい女優さんだよ。

--今回柄本さんが演じたのは通称・ねこと呼ばれる泥棒でした。泥棒には泥棒の生き方があるわけですが、俳優にも俳優の生き方あるわけで。俳優という仕事をどう思いますか?

柄本:よく役作りという言葉が出てくるけど、結局そのおかげで、役作りしてしまうはめになっちゃうんだよね。役作りのために、なにかを考えるはめになる。そうして考え込んでいる自分を見ている人がいる。見ている人がいるわけだから、"いい"芝居をするはめになっちゃう。なにが"いい"の基準になるかわからないけどさ。"はめっちゃう"というのが、俳優の仕事だと思うんだよね。

-なるほど。俳優という仕事はフィルムという形になった物が残ります?それについてはどう思いますか?

柄本:残ってしまうことの怖さはあるよね。残ってしまうことのおぞましさが! おまけに流通してしまうからね。かたっぱしから盗むわけにいかないしね(笑)。燃やすわけにもいかないし(笑)。しかもそれを見た人から、なにか言われるわけだから。"いい"とか"悪い"とかさ。そういった意味では俳優はいつも見られる立場にいるわけだから、怖い仕事だよね。

--最後に本作の公開に向けて、観客へのメッセージはありますか?

柄本:お客さんがたくさん劇場に足を運んでくれるといいね。成島さんの初監督作品ということで、堂々とした出来栄えになっているしね。どの映画でもそうだけど、お客さんに見てもらえないと、次の映画作れないからね(笑)。

始終笑いがたえず、飾らない柄本さんの人柄が感じられるインタビューとなった。見られることのプレッシャーを感じつつも、スクリーンに確かにその軌跡を刻む俳優・柄本明。原作は実在の人物をモデルとしているということだが、この『油断大敵』にリアリティさを吹き込むのに、柄本明の演技は欠かせなかっただろう。形に残る俳優という仕事を"おぞましい"と本人は言っていたが、フィルムを見る側の人間としてはこれからも彼の出演作を待たずにはいられないだろう。

(取材・文:斎賀 美香) 『油断大敵』は1月17日有楽町すばる座他にて公開

[PR]

この記事を共有する

関連情報
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2004年
  3. 1月
  4. 5日
  5. 柄本明インタビュー『油断大敵』