シネマトゥデイ

『ブレイド3』ジェシカ・ビール独占インタビュー

取材・文:渡邉ひかる 写真:FLiXムービーサイト

ウェズリー・スナイプス主演の人気バトル・アクション大作『ブレイド』のシリーズ完結編となる『ブレイド3』の公開に先駆け、スナイプス演じるヴァンパイア・ハンター、ブレイドとともに壮絶な戦いに身を投じる女戦士アビゲイル・ウィスラーを演じたジェシカ・ビールが来日。先頃、全米劇場主協会が選考する“明日の女性スター”に選ばれたほか、オーランド・ブルーム共演の『エリザベスタウン』、ロブ・コーエン監督の超大作“Stealth”など、出演作が目白押し状態でもある注目の若手アクトレス、ジェシカの素顔に迫った。

■戦うヒロイン

Q:あなたが撮影時に着ていた衣装がチャリティ・オークション(Yahoo!オークション)に出され、その落札額がメイク・ア・ウィッシュ・オブ・ジャパンに寄付されることになりました。そこで、まずは出品される衣装の思い出を教えていただけますか?

このエミリー・ザ・ストレンジのTシャツは衣装合わせの時に初めて目にしたの。私はそれまでこのブランドのことを知らなかったけれど、エミリー(イラストの女の子)のクールな感じがアビゲイル役に合っているんじゃないかなと思ったわ。

Q:あなたが演じるアビゲイルは戦うヒロインですね。

ええ、アビゲイルは完璧に訓練された女性なの。多くの武術を習得していて、アーチェリーの達人でもある。ヴァンパイアを殺すこともできるしね。そんな彼女を演じるにはとにかくトレーニングが必要だったわ。でも、精神面に関しては肉体面ほど難しくはなかった。彼女が抱いている怒りを表現するために自分の感情を整理したの。「もし自分がアビゲイルのような状況に直面したら?」ってね。

■アクション・スターよりジュリア・ロバーツ?

Q:アビゲイルは怒りをパワーにする女性ですが、あなた自身もそうですか? それとも、怒ってもすぐに忘れてしまうタイプ?

そう、アビゲイルの原動力は怒りなの。私自身は彼女よりは平和主義者かな。何かに対し、いつまでも恨み続けるなんてことはないもの(笑)。でも、私の人生はアビゲイルほど壮絶じゃない。彼女のような状況に陥ったら、もしかしたら同じ行動を取るかもしれないわね。執着するよりも忘れてしまう方が健康的だし、極力平和的でありたいとは思うけれど。

Q:アビゲイルを演じるあなたは立派なアクションスターですね。アクションスターの座は狙っていたんですか?

全然! 狙ってはいなかったわ(笑)。むしろ私はジュリア・ロバーツになりたかったの! アビゲイルは思いがけず得ることができた役なのよ。でも、昔からスポーツをすることは大好きだったし、この映画に出ることでよりよいトレーニングにトライする機会にも恵まれてうれしかったわ。

■カメラを粉々に壊してしまった……

Q:あなたのスポーツ好きは有名ですね。ということは、トレーニングもさほど苦ではなかった?

いいえ! たしかにスポーツは好きだけれど、それでもトレーニングはハードに感じたわ。ものすごく内容が濃くて、キツいメニューだったの。できれば、「ノー・プロブレムよ!」とカッコよく言いたいところだけれど、そんなの無理(笑)。ルームランナーを見たくもない時が何度かあったし、食事制限も辛かったの。でも、その成果を自分で実感することができたから、何とか最後まで頑張ることができた。「街で歩いている女の子とアビゲイルは違うのよ!」と自分に言い聞かせ続けたしね。クレイジーな体験だったけれど、乗り越えられたわ。

Q:アーチェリーは問題なくマスターできましたか? 矢を射るシーンでカメラを壊してしまったとか。

クライマックスのシーンのことね! ええ、そうなの。建物の上の方からヴァンパイアのドレイク(ドミニク・パーセル)を弓で狙うシーンで、私は自分の立ち位置から離れたところにあるカメラに向かって矢を放たなくてはならなかったの。その時、撮影スタッフはカメラを真っ直ぐに狙うように指示してきた。矢には速度を落とすための細工が施されていたし、彼らは私が狙った場所を正確に射るとは思っていなかったんでしょうね。私のアーチェリーのトレーナーは「絶対にカメラに当たるからダメだ!」って警告したのよ。それなのに、スタッフは「大丈夫だからカメラを狙え!」って。結果、私はカメラのレンズのど真ん中に矢を射ちゃったわ。もちろん、カメラは粉々。しかも、監督がその光景を気に入っちゃって、もう1台のカメラで撮っておいた映像をDVDの特典に入れたの。高いカメラを壊してしまって申し訳なかったけれど、私としてはアーチェリーの練習の成果を存分に出せた素晴らしい瞬間だったわ!(笑)

■ウェズリー・スナイプスは本当に怖い

Q:共演のウェズリー・スナイプスについても教えてください。彼はクールなアクションスターですし、少々怖いイメージがあるんですけど……。

私にとっても彼は怖い存在よ(笑)。ウェズリーは役に入り込むタイプだから、撮影現場でも常にブレイドだったの。「普段の彼はとても優しい人よ」って言えれば素敵だけれど、私は本当の彼を知らないの。

■アップル社からiPod はもらえなかった

Q:ところで、アビゲイルはiPodを愛用していますが、あのiPodを撮影終了後にもらったりしましたか?

撮影用のiPodはもらえなかったけれど、監督がクリスマスにプレゼントしてくれたから今は私自身もiPod愛用者よ。ちなみに、アップル社からiPodを贈られる……なんてことはなかったわ。残念ながら、彼らには「『ブレイド3』を通してiPodをプロモーションしよう」なんて思惑はないみたい。その必要もないものね(笑)。

Q:iPodには何を入れているんですか?

音楽は何でも好きなの。クリスティーナ・アギレラ、ミッシー・エリオット、スヌープ・ドッグ、ドクター・ドレー……。ブルースやジャズ、レゲエも入っているし、いろいろよ!

『ブレイド3』は5月7日より有楽町スバル座ほかにて公開。

[PR]

この記事を共有する

関連情報
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク