シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
『エレクトラ』ボブ・サップ独占インタビュー

取材・文:森田まほ 写真FLiXムービーサイト

ベン・アフレック主演の『デアデビル』からスピンアウトしたヒロイン・エレクトラが大活躍する『エレクトラ』が公開される。本作がハリウッド・デビューとなった人気スター、ボブ・サップもエレクトラを狙う殺し屋役で熱演。そんな彼が、『エレクトラ』のプロモーションで来日した。新たに誕生した格闘系ハリウッド・スターは、ひょうきんで気さくな一面を見せた。

■初めてのハリウッド

Q:初めてのハリウッドでの経験はいかがでしたか?

最高だった! でも、すごく緊張しちゃったよ。

Q:緊張? 楽勝だったんじゃないですか?

とんでもない。プレミアでレッドカーペットの上を歩くのも初体験だったし、みんなすごい、どでかいリムジンで登場していたし、取材陣もすごい数だった。

Q:ボブはどんな姿で登場したんですか?

俺は日本の甚平姿で行ったよ。みんな「なんだそれ? なに着てんだー?」って驚いていた(笑)。だから「これかい? これはジャパニーズジンベさ。かっこいいだろう」ってこたえてやったんだ。「おもしれー!」って笑われたけどね。

■ハリウッドは超クレイジー

Q:日本のことを教えてあげましたか?

撮影が始まったらみんな色々聞いてきたよ。俺としては、この映画を通じて、日本のいいところをたくさん知ってもらいたかったから出演者のみんなが日本に興味を持ってくれたのはとてもうれしいことだった。

Q:ハリウッドでの生活は日本とは違っていたと思いますがどうでしたか?

超クレイジーだった! まず、すごい交通量! 車が多い! 人も多い! それにいつでもマイクやカメラが目の前にあるって状態だったんだ。あんな経験はうまれて初めてだったよ。

Q:そんな生活にもなれました?

なんとかね。日本に来たときも同じような経験をしたけど、とても新鮮だった。出演者のみんなにサポートしてもらってクレイジーな生活にも少しずつなれていったよ 。

■ハリウッドはすべてがデカい

Q:日本でもいつもカメラに囲まれていますよね。ハリウッドでの撮影とはどんなちがいがありました?

まず、トレイラーがどデカい! トレイラーの中にあるごみ箱すらデカかった!(笑)それから食事だね。現場での食事はとにかくサイコーの一言だったよ。むこうではクラフトサービスっていうんだけど、毎日特別料理が出てくるし右を向いても左を向いても共演者のハリウッド・スターたちが普通にごはん食べてんだもん。クレイジーだよ! なにを頼んでも作ってもらえるんだぜ! 俺は肉ばっかり食べていたけどね(笑)。毎朝ステーキ&エッグを食べられて最高にハッピーだった。日本みたいに「カリカリベーコンオネガイシマース」っていう必要もなかったしね(笑) 。

Q:主役のジェニファー・ガーナーはどんな方でした?

素晴しい女優だった。朝早くから現場にやってきてトレーニングをしているんだ。マーシャルアーツの。毎日とても熱心に取り組んでいてとても尊敬したよ。

■スタントはなし

Q:ハリウッドの先輩として彼女からなにかアドバイスはありました?

ハリウッドの撮影はとにかくすごいんだ。カメラの数も多いし照明もすごいし、ド素人の俺なんかそれだけでかたまっちまうぐらい。だから「大丈夫よ。まわりは気にしないで演技に集中しましょう」っていつも言ってくれてた。アクションのシーンでもハリウッドの女優めがけてすれすれのパンチやキックをしなきゃならないだろう? 当たっちゃうんじゃないかって、すごく怖いんだ。でも彼女はいつも「どんどん打ってきて平気よ! プロなんだし、けがを心配しちゃ、やってらんないわ」って言ってくれていた。とても勇敢な女優だと思うよ 。

Q:えー! 彼女スタント使わないんですか?!

ぜんぜん! すごいよね。もちろん俺には必要ないけど!

Q:撮影はどこで行われたのですか?

大部分はカナダのバンクーバーで、残りはハリウッドのスタジオで。

Q:森の中での撮影はいかがでした?

ホントに壮大な自然に囲まれて楽しかったよ。ただ虫がね……蚊に刺されまくったよ。蜘蛛や蜂から逃げ回ってた。

■強い女性が好き

Q:今回のエレクトラはいわゆるお姫さまタイプの守ってもらうような女の子じゃなくてとても強い女性ですよね。そんな女性はお好きですか?

もちろん。強い女性はとても魅力的だと思う。自分をしっかり持った女性が増えてきているのはとてもいいことだと思うよ。俺の好みは料理がうまくて、動物好きの女性かな。

Q:そういえば猫を飼っているとか。

そうなんだ! 今3匹飼ってるんだけど、実はもう一匹増えちゃいそうなんだよ ね。

■家族には内緒だった

Q:あなたはもともとアメフトの選手で格闘技の世界に入っていったわけですが、ご両親は知らなかったそうですね。映画界に行ったのはご存じなんですか?

最初はやっぱり言わなかった(笑)。怒られるのは嫌いなんだよ~。でも今じゃみんな大喜びさ。息子がハリウッド・スターになったってね。「ロバートが今度は映画に!? 信じられない!」って大はしゃぎさ。おばあちゃんまで観てくれたらしいよ。「エレクトラ」を! 俺のアニキまでなんだかやる気になっちゃって「俺も映画にでるぞ!」って意気込んでいるよ。

Q:演技はこれからも続けたいですか?

完全にはまっちゃったね。これからもぜひ続けていきたいと思ってるよ。ドクターや弁護士役のようなシリアスな役に挑戦してみたいんだ。

Q:ラブロマンスなんてどうでしょう?

いいなー。キスシーンがいっぱいのを撮りたいね。ハル・ベリーやキム・ベイシンガーが相手役がいいな!

Q:普段から映画はよく見られます?

映画は大好きだよ。アクションモノが好きだね。俺のお気に入りはなんといってもリーサルウエポンシリーズ。悪役でいいからいつか絶対でたい作品なんだ。

■次回作はアメフト・プレイヤー

Q:今後の出演予定作はありますか?

実はアメフト・プレイヤーの役が決まっているんだ。自分の経験を生かして頑張りたいと思っているよ。主役はアダム・サンドラー。LAで撮影の予定なんだ。

Q:最後の質問ですが今アメコミヒーローが大ブームです。戦ってみたいヒーローはいますか?

やっぱり「ハルク」。いやいやスパイダーマンだな。総合格闘技で戦ってみたいね!

『エレクトラ』は6月4日よりVIRGIN TOHO CINEMAS 六本木ヒルズ ほかで公開。

[PR]

この記事を共有する

関連情報
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク