シネマトゥデイ

『パッチギ!』井筒和幸監督単独インタビュー

取材・文:平野敦子 写真:FLiXムービーサイト

今年の1月に都内をはじめ全国でロードショー公開され、ロングラン大ヒットを記録した映画『パッチギ!』。"在日"の問題をストレートかつリアルに描いた井筒流青春群像劇のDVDが、ついに7月29日に発売される。「これがオレの最高傑作や!」と胸を張る井筒監督に、映画が封切られてからの観客の反応や、まわりの反響などについて語ってもらった。

■作品を通じてお客さんとコミュニケートできた

Q:まずはこの作品が公開されてからの反響について聞かせてください。

びっくりするぐらいすごかったですよ。"衝撃の問題作"を作ってしまったワケですからね(笑)。全国の若い人も年輩の人も、みんなにものすごい衝撃を持って観ていただいて、感動してもらえたようです。釜山国際映画祭でも、東京国際映画祭でも観客の反応はとてもよかったですし、公開されてからのお客さんの反響も同じようにすごかったです。この作品を通してお客さんとちゃんとコミュニケートができて、本当によかったなぁ……と思いますね。

Q:興行的にも成功されてということですよね。

うん、興行的にもかなりよかったんじゃないですか。ロングランにもなって大ヒットしてよかったです。今年は"『パッチギ!』イヤー"ですから(笑)。

■続編なんかやらない

Q:『パッチギ!』の続編の予定は?

単なる続きもんとかそんなバカなことはしませんから。もしかしたら時代を変えてまた『パッチギ!』の第2楽章をやるかもしれないという程度の話ですよ。『パッチギ!』は実話ばかり集めた生きた話ばかりでしょ? 資料集めをきちんとしないと。今お勉強中や! また第2楽章、第3楽章……とやっていくのはいいんですが、やっぱりそれは事実や歴史に基づいたもの、人間に根付いたものをやらないと『パッチギ!』の意味ないからね。でもそれも来年以降のことですよ。

Q:やはり生きている人の身近な問題が大事だということですね。

そりゃあそうですよ。日本に住んでいる日本人と在日の人々との関係性とか、あるいは日本とアジア諸国との関係性とかが今一番大事なんですよ。そういう関係性をきちんと見たときに初めて商売もできるんやしね。文化交流もできるワケですよ。文化交流や経済交流をやることによって垣根がとれていって、"イムジン河"(北朝鮮と韓国を隔てている河)がだんだんなくなっていくんです。いつまでもこの世界にいろいろな意味でのイムジン河が横たわっていたら困るんですよ。

■映画はヒマつぶし

Q:監督は観た人に考えてもらいたくて映画を作るんですよね。

そもそも「色々悩みや~」とか、「しっかり考えや」とかいうメッセージがあるのが映画というもんなんです。人間の一番近くにあるヒマつぶしが映画ですよ。それで「いやぁ~、退屈しのぎに映画館に入ったらえらいことになってしもて、ものすごい色々考えさせられて感無量や。もう本当に退屈も吹っ飛んでしまったわ」というのが映画『パッチギ!』ですよ! このクソ暑い時期に宇宙からの侵略者が……とか、誰かが善から悪に変わったとかね(一同爆笑)。そんな映画観たくないでしょう? あんなものは無哲学、無感情の映画ですよ。

■中学生の娘も観た

Q:若い人たちにこの映画を見せたいとおっしゃっていましたが、中学生の監督のお嬢さんも観たのでしょうか?

うん、観ましたよ。観て感激してましたよ。そんだけ(照れ笑い)!

Q:では、DVDはどのような方に観てもらいたいですか?

リピーターの一杯いる映画なんだから、今まで観たお客さんは当然またDVDも観るでしょう。メイキングやインタビューの映像特典もあるし、本編をもういっぺん観て、わからない台詞があって追いつけなかったとことかを見直して「ハハー、そんなこと言ってたのか!」とかね。家でじっくりとまたもう一回味わいたいんじゃないの? 深夜から朝にかけて映像特典も観たらいいんですよ。これぞまさに「真夏の夜の夢」やね(笑)。

■8月から韓国でも上映

Q:『パッチギ!』の海外での公開予定はありますか?

8月から韓国でやりますよ。またこれのキャンペーンにも行かなならんし、忙しいですよ。

Q:北朝鮮でもやってほしいですね。

機会さえあれば北朝鮮の人にも見せたいよねぇ、ホント。感じるもの一杯あるんちゃうかなぁ……。誰かに堂々と持って行ってほしいですよ。『パッチギ!』は"ケンカをやめましょう"という内容の映画ですよ。戦争なんて絶対してはいけませんよという映画やからね。それがきっかけになって拉致被害者の問題も解決するかもしれないし。100年間ずーっと根を張っている朝鮮と韓国、日本の歴史があるわけですから、そう早急には難しいですけれど。われわれは映画を観ながらとか、ファッションショーしながらとか、コンサートを開きながらとかいう文化交流を通じて、もつれすぎているこの関係を少しずつ解きほぐしていかなきゃならんのですよ。そこから人間の持つ自由な考え方とか、相手を思う気持ちとかが出てくるんですから。

Q:最後に『パッチギ!』のファンの方々に一言お願いします。

まぁ、ファンの方々もファンじゃない方々も、もう一回DVDを穴の開くほど見つめてください。色んなものが見えて来ますわ。じーんと胸に迫ってきますよ。こっからですよ、青春は! ブラウン管がこげてくるぐらい念力出してじとーっと観てくださいよ、アハハハ……。劇場で観てない人は必見やで!

むしむしする昼下がりに首にタオルを巻いて現れた監督。そのハッキリとした物言いや、映画を愛するがゆえについ辛口になってしまう毒舌ぶりも相変わらず健在でうれしくなってしまった。今年は『パッチギ!』の当たり年ということで、映像特典満載のDVDの発売、8月の韓国での本作の公開など、ますます『パッチギ!』から目が離せない。監督が全身全霊を賭けて作ったこの映画を観て、私たちの住む世界に横たわる、深くて暗い河が早くなくなることを祈らずにはいられない。

[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク