シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
ジョニーデップ祭り
FLIX MOVIE Sitecollaboretion withYAHOO! JAPAN MOVIES
ジョニー・デップ来日おっかけ日記DEPPJohnnyDepp
『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』のプロモーションでオーランド・ブルームやプロデユーサーのジェリー・ブラッカイマーとともに来日したジョニー・デップ。FLIXムービーサイトの新米編集者がジョニーを追っかけました! 『チャーリーとチョコレート工場』で来日して以来10か月ぶりの生ジョニーを一目見たいと集まったファンの様子とともに、ジョニーの魅力をお伝えします。

3500人のファンで空港大混雑!!

2006年7月9日(日)。10か月ぶり、3度目の来日を果たす「ハリウッドのキング・オブ・セクシー」ジョニー・デップを一目見ようと、到着ロビーには女性を中心に集まったファンは、な、なんと約3500人!! 前回の2000人をはるかに越えるファンの多さに、空港側も60人の警備体制から150人へ増員するほど! 人の多さに到着ロビーのファン側はとっても暑い!! 『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズでジョニー演じるジャック・スパロウのコスプレをしたファンや前日の夜8時から成田入りしたツワモノファン、「1人で成田に来るのは恥ずかしいから」と男友達と来た男子大学生の姿もありました。
刻一刻と迫るジョニー登場のとき……スタッフから「握手やサインを求める行為は一切してはいけません」との指示に「はーい」と素直に返事をするファンの皆さん。「奇声を発したり、走り回ったりしないように」とのアナウンスには空港スタッフ、ファン、報道陣からも笑い声が。奇声を発するって……。ファンはお行儀よく、体育座りをして、そのときを待っているのでした。

ジョニー・デップ
ジョニー・デップ

ジョニー、成田に降り立つ

曇り空もジョニーパワー(?)で晴天へと変わり、13時27分、ついにジョニー・デップが登場!! 3500人の「きゃあああああああ!!!!」という大歓声とともに、カメラの前に右手を軽くファンに振りながら、おなじみの帽子にサングラス、革ジャン(日本は今、夏……何故、革ジャン?)にジーンズ姿で現れたジョニー。ファンの熱烈歓迎にも余裕の表情。ゆっくりと歩き始め、パリからの長旅にもかかわらず、終始笑顔でゴキゲンそうなジョニー。ジョニーのほうからファンに握手を求める姿もあり、前回とうって変わって、余裕すぎるよジョニー!! 後半はスタッフに足早に通用口へ連れ去られ、もっとゆっくりファンサービスをしたいよーと言っているようなジョニーの背中が印象的でした。ファンの皆さん方は通用口へ追いかける姿もなく、混乱になることもなく、本当に本当に、お行儀が良かったです。
ジョニーが去った到着ロビーでは、涙するファンが続出! 言葉も出ず硬直している子や「すっごいカッコいいよぉー」と号泣しまくる彼女をなだめる彼氏の姿も。また、ファン同士で撮った写真や動画などの見せ合い合戦で、その熱気は冷めやらず……。明日の来日記者会見とジャパンプレミアはどうなることやら。

ジョニー・デップ
ジョニー・デップ

記者会見にジョニー現る

2006年7月10日(月)。パーク・ハイアット東京にて来日記者会見が行われました。ジョニーは昨日、成田空港に降り立ったときと同じ服装……と思ったら、ビミョ~に違うボーダーポロシャツ。席につくなり、ペットボトルの水を一口。オーリーは英国紳士らしく、グラスに注ぎつつ飲んでいました。オーリーが最初のあいさつをしている中、ジョニーはというと……テーブルの上の“宝箱(チェスト)”をモチーフにした、流木に宝石(らしきもの)が絡みついた飾りをいじりまくる……たまにおどけた表情をしてみたりして、誰がどうみても「ジョニーさん、ご機嫌ですね」という感じ。飾りに付いていたオモチャ金貨を2枚ほど拝借しておりました。
ジョニーの気になる服装をチェック! おなじみの帽子は、よーく見ると結構傷んでいて頭頂部は所どころ破れていました。ブラウンのボーダーポロシャツは第2ボタンまで開け、小麦色に焼けた肌をチラリとみせるセクシーさ。右手首にはしっかりと娘リリーちゃんの手作りビーズブレスレット付き。そして摩訶不思議なのは、ベルトのバックルが左わき腹のところにあるではないですか! ジョニー流オシャレ(?)らしいです。ジーンズの後ろのポケットには、黒ペンを挿していました。サイン用?

ジョニー・デップ、オーリー
ジョニー・デップ

会見ではおちゃめな仕草

会見で一番はしゃいでいたのはジョニー。むしろ怖いぐらいご機嫌。前作よりハードなアクションに苦労したかとの問いに、ジョニーとオーリーはマイクを持つと、いきなりマイクで剣さばきを披露し、また、絵になるんですよ、この2人だと。そして、宝箱には何を入れたいかと聞かれると、すぐさま「オーランドを入れるよ。彼は宝物なんだ」と言って、オーリーの肩をいやらしく(!?)さするジョニー。覚えた日本語を教えて下さいとのリクエストに「こんにちは、ありがとう、よろしく、さけ(酒)」と言うオーリーの横から「僕もそれぐらい言える!」と英語で突っ込むジョニー。結局、ジョニーは日本語を披露しませんでしたけどね。この2大イケメンは公私ともに仲良しなのだと実感。「ジョニーさんとデップさんに質問です」と間違えられても、両手にマイクを持ち、笑顔で「どうぞ!」と、数え切れないくらいのおちゃめな姿を見せてくれて、ジャック・スパロウのおちゃめさ、そのまんまという感じでした。本当にかわいくてジョニーファンの皆さまにもお見せしたかったです!

ジョニー・デップ
オーランド・ブルーム

レッドカーペットのジョニー

六本木ヒルズ・アリーナのジャパンプレミアは厳戒態勢。外からは見られないように黒い布で会場は覆われました。運よくプレミアを観覧する招待状をゲットした一般客は500人。中に入れなくとも、一目ジョニーらを見ようと周辺に集まったファンは約5000人!!!  18時17分、ジェリー・ブラッカイマー、オーランド・ブルームのあと、黒塗りの車から降りてきたのは、帽子に紫サングラスに黒の半袖のラフスタイルなジョニー。会場の興奮は最高潮!! 成田空港ではゆっくりファンサービスをできなかった反動からか、一心不乱にファンにサインや握手をしまくるジョニー。必死すぎて、ジョニーさん、笑顔を忘れていました。あまりの暑さに帽子を脱ぎ、髪を掻きあげるだけで「キャー!!!」と地鳴りのような歓声。30分もの間、ファンサービスをし続け、ジョニーもファンも大満足!
レッドカーペットでのファンサービスを終え、制作費約5000万円をかけたジャックの愛船ブラック・パール号に乗るジョニーたち。大型スクリーンに映しだされた、ジョニー&オーリーのドアップはカッコ良すぎてめまいが……。ただ、残念なことに、ブラック・パール号上でのあいさつはプロデユーサーのジェリー・ブラッカイマーだけ。ジョニーとオーリーは一言も言葉を発せず、船をあとにして、ファンは残念そう。六本木をジャックしたジョニーたち、パート3で再び来日してくれることを祈りつつ、2日間のジョニー追っかけは無事終了となりました。

ジャパンプレミア
ジョニー・デップ、オーリー
ジャパンプレミア
pagetop
  1. 記事
  2. 2006年
  3. 7月
  4. 12日
  5. 来日レポート「ジョニデ追っかけ日記」