シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
HOT HOT PEOPLE
人気テレビドラマ☆トリ 偏愛ドラマをアツく語れ! LAドラマの現場取材裏話
『24−TWENTY FOUR−』シーズン5エミー賞受賞記念!あなたの知らない!?キーファー・サザーランド大解剖
最近はレンタル屋さんに行っても、海外テレビドラマが大人気で軒並みレンタル中!
BS、CS放送だけでなく地上波でも次々と新しいドラマが放送されています。「24」だけでなく、恋愛ドラマ、職業ドラマとテーマもバラエティに富んでいるのが海外ドラマ。どの作品から観てみる?
テレビドラマに精通しているライターが★トリから撮影裏話まで、てんこ盛りの海外テレビドラマ特集です。
特集1 シーズン5の★トリ&シーズン5の偏愛キャラクター
[ライター]今 祥枝
崩壊した家族の物語とか悩める中年のトホホな日常&殺人事件が起こるドラマは大抵好き。ブラックなテイストが入るとなおよし。前述の全てを満たす、ハンク・アザリア入魂の『HUFF』が最近のお気に入り!
 
[ライター]渡邉ひかる
好きなテイストは胸キュン&ホロリ&知的会話。青春ドラマなら狂乱系よりお利口ヒロイン系が、犯罪捜査ドラマなら体当たり系より脳ミソ絞ってます系が好き。海外ドラマ界における初恋の君はクーパー捜査官in『ツイン・ピークス』。
LOST
無人島に墜落した飛行機の生存者達が、さまざまな不思議な現象に見舞われながらサバイバルを展開する。
DVDシーズン1が発売中
今 祥枝
シーズン1の中盤までは、なんて面白いドラマなの!と燃えたが、謎が謎を呼ぶ展開は引っ張りすぎで終盤はつらい。シーズン2はやや展開が冗漫で、トーンダウン。1でさっくり終わってくれたら名作だったかも!?
渡邉 ひかる
忍耐力のない人間に、伏線だらけでそのまんまな展開はつらい。「ケイトはジャック(優等生キャラ)を選ぶの? ソーヤー(お色気担当)を選ぶの?」がもっぱらの興味の対象。ちなみに、私はソーヤー派。
デスパレートな妻たち
郊外に住むそれぞれに問題を抱えた4人の女性の日常を、ミステリー仕立てでブラックユーモアと共に描く。
DVDシーズン1のCOMPLETE BOXが発売中
高橋諭治/ライター
『家政婦は見た!』的なゴシッピィなテイストも、外国が舞台だとなんだかおしゃれ。ミステリー仕立ての展開やシビアなシニカルさも◎。しかし個人的には女性がわんさと登場する話は苦手。吹替版の萬田久子は最悪。
渡邉ひかる/ライター
病んだ郊外住宅地モノ好きとしては、ブラックユーモア風味がツボ。第1話で自殺したキャラが、「死んでからの方が物事がよく見える」的スタンスでナレーションを担当するシニカルさもいい。
プリズン・ブレイク
無実と信じる兄を刑務所から脱獄させるために、自ら同じ刑務所に収容された弟マイケルの奮闘を描く。
DVDコレクターズBOX1が発売中。
今 祥枝
アイディアもいいしよくできていると思うけど、『LOST』と同じくシーズン1で十分。主演のウェントワース君はいつ見ても美しいが、オヤジ俳優偏愛家としては、クセ者ぞろいの刑務所にはもっと心トキめくオジ様を希望。
渡邉 ひかる
ウェントワース・ミラーのクールなたたずまいを見ているだけでゴハン3杯はいただける至福。展開に無理はあるし、リアリズムもないけれど、何か問題が? だって、マイケルは天才なんだもん。
グレイズ・アナトミー
一流病院で若きインターンたちが一人前の医師を目指しながら、プライベートでも多彩なロマンスを展開する。
WOWOWにて毎週土曜24:00~など
高橋諭治/ライター
常に真剣勝負の医療の現場で、不倫だなんだと浮っついてる医師及び老けたインターン(特にエレン!!)にイライラ。そんな根性で医師なんか目指すな! エミー賞(なんて大してアテにならないが)候補に値する理由を誰か説明して!
渡邉ひかる/ライター
医療ドラマと胸キュン・ラヴという、2大好物を一緒にしてくれてありがとう。そして、しんみりできる展開で泣かせてくれてありがとう。ああ、シェパード先生の患者になりたい。何ならバーク先生でもいい。。
CSI:科学捜査班
ラスベガスを舞台に、現場に残された証拠を手がかりに事件を解決する科学捜査班の活躍を描く。
DVDシーズン1~3まで発売中
今 祥枝
込み入ったストーリー&スピーディな展開は毎回気が抜けないが、事件そのものよりも、個性的なCSIのメンバーが執念の捜査を展開してくれるだけで満足。主任グリッソムが意味深な格言(?)を口ずさむたびにトキメキ。
渡邉 ひかる
毎回起こる事件の真相は実はどうでもよかったりするのだが、キャラの立った捜査官たちに首ったけ。鑑識課の皆さんって、あんなに個性的でユーモラスなんですか? 捜査官のくせにエロいウォリックが好き。
HOUSE
アウトローな天才医師グレゴリー・ハウスと彼の部下達が、患者の謎の病気の原因を突き止めていく。
FOXで毎週火曜22:00~など
高橋諭治/ライター
とにもかくにも主役のヒュー・ローリーふんするドクター・ハウスのキャラクターの魅力に尽きる。毒づいていてもハートは熱いのですよ。医療ドラマに『CSI~』を足したようなテイストも一工夫あり。
渡邉ひかる/ライター
天才医師ハウスの一挙一動にクギづけ。患者嫌いを公言しながら、実は人一倍患者思いだなんて、ハウス先生ったらいけず。ウィットに富んだ台詞がぼこぼこ交わされるので、会話劇としても素晴らしい。
TheOC
オレンジ・カウンティの美しい高級住宅街を舞台に、リッチなティーンエイジャー達の恋や友情を描く。
Super! drama TVにて毎週土曜23:00~など
今 祥枝
「カ~リフォ~ニャ~♪」のテーマ曲に乗せて、豪邸が並ぶOCのベイエリアが映し出されるたびにアメリカンな気分にどっぷり。映画ライターなる人種とは無縁と思われる青春ドラマは全くの少女マンガ。大いに結構!
渡邉 ひかる
繊細なくせに単細胞なヒロイン、マリッサがなかなかイラつかせてくれる。酒を飲むな、お勉強をしろ。といいつつ、マリッサが第2話で履いていたUGGのブーツを買おうと思っている今日この頃。
シックス・フィート・アンダー
高級住宅地で葬儀社を営む、フィッシャー家を舞台にした重厚な人間ドラマ。
Super! Drama TVで毎週金曜23:00~など
高橋諭治/ライター
『ザ・ソプラノズ』といい本作といい、大手有料チャンネルHBOのドラマは本当に完成度が高く素晴らしいの一言。重いテーマも一流のアイロニーとユーモアが救ってくれる。毎回、冒頭で人が死ぬというブラック&凝った構成も心憎い。
渡邉ひかる/ライター
病んだ郊外住宅地モノ好きにはたまらない。クオリティはドラマ史上No.1レベルだし、テイストも好きなのに、★1つ減なのは金曜の夜(放送時間)に観るとどっと疲れるから。録画して元気な時に観ています。
ボーンズ
被害者の骨に残された証拠を読み取る法人類学者ブレナン博士と、FBI特別捜査官ブースの活躍を描く。
FOXで毎週金曜22:00~など
今 祥枝
『エンジェル』のヴァンパイアがなぜあそこまでブレイクしたのかわからなかったが、本作のデヴィッド・ボレアナズを見て納得。スーツ姿もビシッと決まって、知的なFBI捜査官が意外にもハマリ役。お話も予想以上に楽しめる。
渡邉 ひかる
人付き合いの苦手な知的ヒロイン(法人類学者)が、頼りがいのある王子様(FBI捜査官)にさり気なく守られている図に胸キュン。知的女子がヒロインだと、会話も機知に溢れていて大変よろしい。
スーパーナチュラル
母親を悪霊に殺されたサムとディーンの兄弟が、悪霊ハンターとしてさまざまな超常現象に立ち向かう。
DVDコレクターズ・ボックス1が発売中
高橋諭治/ライター
美形兄弟の悪霊退治の旅は、オカルト&ホラー風味がなかなかに興味をそそるが、やや中途半端なのが残念。初期の『X-ファイル』みたいに本気でホラーするか、『バフィ~恋する十字架』ぐらいにハジけてくれるとよかったのだが。
渡邉ひかる/ライター
せっかく美形兄弟が主人公なのに、おばけ退治ばかりしていてもったいない。女の子を出せ、そして兄弟でもっといちゃいちゃしろ。アホの子顔の弟が法律家を目指す設定も微妙。そうです、私は兄派です。
pagetop
偏愛ドラマをアツく語れ!
『ザ・ホワイトハウス』 渡邉ひかる
「チャチャ~チャチャチャ~♪」のオープニング曲を耳にするだけで気分上昇。大統領とそのスタッフが日々の政務に追われる姿を真摯に描きながら、大統領の暗殺未遂事件や難病問題、選挙戦といったドラマチックな要素を盛り込んだ構成が他のドラマにはない興奮をもたらしてくれる。リアルな(とクリントン元大統領のスタッフが言っている)群像劇スタイルと、「頭の中、どんな風に回転してるんですか!」と問いかけたくなるほどスピーディで小粋な名会話の応酬にクラクラ。もちろん、政治家だって時には胸キュン。ホロリも大いにある。『ザ・ホワイトハウス』に比べると、『24』の大統領たちはとてもヒマそう。第5シーズン以降を放送してください。
DVDシーズン1~3が発売中
『ザ・ソプラノズ』 今祥枝
血なまぐさいバイオレンス全開のマフィアものに、なぜこれほど心惹かれるのか自分でも不思議なほど。イタリア系マフィアのボス、トニー・ソプラノと幹部達がしけた顔を並べて、店先でカプチーノを飲んでるシーンを見れば近所のカフェに買いに走り、一時はソプラノ家と同じく冷蔵庫には生ハムを常備。トニーよろしく毎朝、バケットに挟んで食べていた(さすがに飽きたのでやめた)。なんてことはともかく、本作は本当に素晴らしいクオリティを誇るドラマなんです! 制作費も制作にかける時間&手法も、全てがテレビ界の常識破り。地上波では不可能なNGワード、性的・暴力的描写も超ど級。アメリカでは1話が“映画並みのスケール感”と評されているけれど、その言葉に偽りナシ。余韻に浸って、エンドクレジットまでじっくりと堪能したくなること請け合いです!
Sper! drama TVで毎週金曜24:00~など
pagetop
LAドラマの現場取材裏話
いまやおしゃれセレブとして人気の『The OC』のミーシャ・バートン。ものすごくスレンダーなイメージがあるけれど、175センチの長身に肩幅も骨格もがっしりとしていて、意外にも大柄な印象。ただ細いだけじゃないから、洋服も着映えがするのね!と納得のスタイルの良さでした。おっとりとした雰囲気はお育ちのいいお嬢様風で、メイクはナチュラル系が好き!を強調していたけれど、来日時はかなりインパクトのあるカコミメイクでしたよね……。
小娘セレブだけど、おっとりした雰囲気がお嬢様っぽかった-『The OC』はSuper! drama TVにて毎週土曜23:00~ほか-

ドラマ同様、プライベートも仲良しのアダムとベンジャミン・マッケンジーは撮影の合間におしゃべり
『The OC』では、ミーシャよりも人気が出てしまったガール・ネクストドア系のサマー役のレイチェル・ビルソンと、実生活でも恋人同士のアダム・ブロディ。いまや好感度ナンバー1のアダムだけど、午後イチの取材ではとにかく眠そうだった! 撮影現場では、ライアン役のベンジャミン・マッケンジーと、とっても仲が良さそうでした(ミーシャはちょっと距離を置いていた感じ)。
実は現場で話を聞いたスタッフのひとり、エピソード監督のマイケルが「ミーシャとベンは付き合ってたことがあるから……」とポロリ発言。やっぱりそうだったのか! 恋人同士を演じる共演者のロマンスって、本当に多いですよね。後でパブリシストから「その話は書かないで」とクギを刺されたけれど、もう時効!?
眠くてたまらないといったようすだったアダム。写真もなんだかぼんやり?

『NCIS~ネイビー犯罪捜査班』のマイケル・ウェザリー
−セットで勝手にポーズを決めてくれました!−『NCIS~ネイビー犯罪捜査班』FOXCRIMEで毎週水曜23:00~など
日本では『ダーク・エンジェル』のローガン役でおなじみのマイケル・ウェザリーは、犯罪捜査ドラマ『NCIS~ネイビー犯罪捜査班』でブレイク中。取材場所に登場するなりかなりのハイテンションで、いきなり下を向いて髪の毛をぐしゃぐしゃにして、「ほらほら、ローガンはこんな感じだったよね!」とビッグスマイル。マイケルってこんなにおちゃらけたキャラだった? ジェシカ・アルバとラブラブだった数年前の来日時は、もっと気難しいタイプに見えたのになぁ。
そのマイケル以上に突き抜けたキャラだったのは、『名探偵モンク』の人気者トニー・シャルーブ。言動の全てが、どこまでが演技でどこまでが本人なんだか、境界線がわからないほどに役とシンクロしてました。これぞ役者魂。あっぱれ! それにしても、このポーズは一体……。
どこまで本気でどこまでジョークなのか、よくわからない……−『名探偵モンク』のトニー・シャルーブ−『名探偵モンク』はミステリチャンネルで毎週水曜22:00~など
余談ですが、11月中旬の渡米の際に、ロサンゼルス空港で恋人と一緒にバカンスに出かけるとおぼしきジェイムズ・スペイダーを発見!(パパラッチ二人に写真を撮られてました)。ストローハットに革のジャケット、派手な色のシャツがかなり目立っていましたが、何より驚いたのがものすごく太っていたこと! 『ボストン・リーガル』では颯爽とした弁護士に見えるんだけど……ちょっとショック。空港内の売店でも再び遭遇しましたが、ごく普通に雑誌やガムを買っていましたよ。
(構成・今祥枝)
pagetop
偏愛キャラクター ジャック以前の俳優 プライベート編
[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2006年
  3. 11月
  4. 30日
  5. どれも面白そう! 海外テレビドラマどれから観る?