シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
『ファンタスティック・フォー:銀河の危機』2007年9月21日、日劇1ほか全国ロードショー
シルバーサーファーのヒミツ ファンタスティックな魅力に大接近 ジェシカ・アルバに学ぶ!セクシー女の法則
スゴイヤツがやってきた!シルバーサーファーのヒミツを徹底調査!
アクション、ドラマ、ビジュアルとすべてがパワーアップして帰ってきた『ファンタスティック・フォー:銀河の危機』。最新のVFXを駆使して描かれる超能力バトルや、前作以上のピンチに立ち向かう、ファンタスティック・フォーメンバーの活躍もスケールアップ! そんな今作を楽しむためにも、ファンタスティック(素晴らしい)な見どころを徹底紹介!
まるで漫画!?超能力のビジュアルにワクワク!!

漫画の世界からそのまま飛び出してきたような、ファンタスティック・フォーメンバーの超能力での見せ場は、今作でも興奮度満点!特にメンバーの一員ジョニーが、人体を炎に包みながら大空を飛び回るビジュアルは相変わらずカッコいい。今回の見どころは、シルバーサーファーに触れた人が、ほかの仲間に触れただけで能力が入れ替わるという不思議な現象。シルバーサーファーに触れてしまったジョニーのおかげで、ほかのメンバーが災難に見舞われるのだ。例えばメンバーの一員ベンがジョニーに触れ、ジョニーの全身が岩石に、岩石姿だったベンが元に戻ってしまうのだ。今作ではそんな超能力を使った面白ギャグが満載されて楽しさ満点!
まるで漫画!?超能力のビジュアルにワクワク!!

前作の舞台だったニューヨークから一転して、今作ではワールドワイドな展開が繰り広げられ、物語のスケール感もアップ。シルバーサーファーが世界各地で巻き起こす異常現象の描かれ方が最新のCGで表現され、とてもリアル。まずオープニングでは、日本にやってきたシルバーサーファーが起こす駿河湾の凍結。次にエジプトでは、砂漠の大地に雪をちらつかせ、スフィンクスを雪化粧に! そして、ロンドンのビッグベンを望むテムズ川などに巨大なクレーター(穴)を作りあげる。でも一番ハッとさせられるのは、エジプトの雪など異常気象系のネタ。現代の世界の地球温暖化による異常気象を連想させられ、ジワジワとその怖さが伝わってくること間違いなしだ!
まるで漫画!?超能力のビジュアルにワクワク!!

ファンタスティック・フォーの一員リードが発明した、メンバー専用のスーパー飛行メカが今作で初登場! その名も“ファンタスティックカー”。そもそも原作コミックでこれが初登場したのは1962年。当時は“空飛ぶバスタブ”なんて言われ方をしていたが、どんどん形が改良されていき、今では滑らかな流線型で美しい形状に。遠隔操作により自動操縦で飛行もでき、ニューヨークからシベリアまでを短時間で駆けつけるスーパースピードを出すことができる。そんな“ファンタスティックカー”が大空を猛スピードで駆け回り、飛びながら3つに分離するシーンのカッコ良さには本気でシビれるぞ!
まるで漫画!?超能力のビジュアルにワクワク!!

恋人同士であるファンタスティック・フォーの一員リードとスー。今回はそんな2人が結婚間近であるというところから話がスタートする。ところが世界では常に何かトラブルが起きていて、なかなかスーが望むような結婚式を挙げられない。そんなスーに対し、今度こそは何があっても結婚式を優先させると誓うリード。だが彼らがヒーロー集団である以上、結婚生活すらも破たんするのではないかとスーは不安になっていく。つまり今回はそんなヒーローであるがゆえの悩みなどもつづられた、前作より深いドラマが展開していく。無事に2人の恋愛は成就するのか!? ほかのメンバーの恋愛模様にも注目!
まるで漫画!?超能力のビジュアルにワクワク!!

かつてファンタスティック・フォーのメンバーと同様、自らも宇宙放射線を浴びたことで変化を遂げ、全身がメタル状になった怪人“Dr.ドゥーム”。前作ではその圧倒的なパワーを使って世界を征服しようとたくらむも、ファンタスティック・フォーに撃退されてしまったが、シルバーサーファーのスーパーパワーがきっかけで復活してしまう。ところがそんなドゥームが、今作では地球の危機に際してファンタスティック・フォーのメンバーと手を組みたいと言い始めるのだ。冷徹で野心家なドゥームが、おとなしく地球滅亡回避のために戦うとは思えないと反対するメンバーたち。果たして彼の本当の目的とはどこにあるのだろうか!? その言動から目が離せない!
Page Top
公式サイト 作品情報
[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク