シネマトゥデイ

『ライラの冒険』特集第3弾 ファンタジー映画徹底比較 /2008年3月1日より丸の内ピカデリー1ほか全国松竹・東急系にてロードショー/TM & © MMVII NEW LINE PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

今、最も注目を浴びている超話題作『ライラの冒険 黄金の羅針盤』。前回、映画の見どころをご紹介しましたが、今回はさらにツッこんで、この作品がいかにすごいのか大検証! 何と、同じファンタジー大作として名高い『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズ、『ハリー・ポッター』シリーズと徹底比較しちゃいます。フロドもハリーも知らない強力ライバル、『ライラの冒険』の魅力とは? 多少の独断と偏見はお許しを!

原作のカリスマ度:何と、“この70年で最高のファンタジー”に選ばれた!

『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズの原作といえば、ご存知J・R・R・トールキンの「指輪物語」。1954年に出版が始まった同作は、その後のファンタジーに多大な影響を与えた、20世紀を代表する名著です。この夏、最終章が発表された「ハリー・ポッター」に関しては、あまり説明は要らないでしょう。もちろん、フィリップ・プルマン原作の「ライラの冒険」シリーズも負けていません。何と、今年行われた世界的なファン投票で“この70年で最高のファンタジー小説”に堂々選出。また、某ファンタジーガイド本でも、総合評価第1位を獲得しています。

『ライラの冒険』★★★★★

冒険のスケール度:時空さえ超えてしまう、おきて破りのスケール感は圧巻!

フロドが指輪を捨てるために旅をする『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズの舞台は、中つ国と呼ばれる世界。そこには、雪山、沼地、荒野などさまざまな自然が広がっています。一方、『ハリー・ポッター』シリーズは主にホグワーツ魔法学校という閉鎖された空間で、魔法界にまつわる勢力争いがサスペンスタッチで描かれた作品。これらに比べて、飛行船や蒸気船、気球といった近代的な乗り物が大活躍する『ライラの冒険』は、物語の展開がスピーディーで冒険のスケール感も大幅アップ。さらに、複数のパラレルワールドを行き来するというおきて破りの壮大さも魅力です。

『ライラの冒険』★★★★★

映像のガチンコ度:最新VFX技術を駆使した映像で、アカデミー賞確実?

近年のファンタジー映画ブームを支えているのが、日々発展を遂げるVFX技術です。中でも“映像革命”と絶賛された『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズは全3部作が、3年連続でアカデミー賞の視覚効果賞を受賞するという快挙を達成。そのあおりを受けてか、見事に魔法を描き出した『ハリー・ポッター』のVFX映像がオスカーを受賞していないのは、少し意外ですね。そして、満を持して映画化される『ライラの冒険』は、すでに今年のカンヌ国際映画祭で10分間の特別映像が先行上映され、世界中のプレスが大興奮! 本編完成前にして、オスカーの有力候補に挙がっています。

『ライラの冒険』★★★★★

主人公のパワフル度:ピンチの連続! 最後はやっぱり、女性が強い?

旅の過程で、ドンドン弱っていくフロドの姿に思わず「大丈夫?」と声を掛けたくなる『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズ。また、幼いころから、ヴォルデモート卿との因縁に振り回されるハリー君も、成長とともに心のダークサイドが増殖しているもよう。そんな男子に比べて、目の前のピンチが大きければ大きいほど、燃え上がっちゃうのが、我らがライラ・ベラクア。直感が鋭いだけでなく、自然に喜怒哀楽を爆発させる点も、女性ならではの強さを感じます。ニコール・キッドマン演じるコールター夫人ら、女性キャラの輝きも『ライラの冒険』の魅力なのです。

『ライラの冒険』★★★★★

あなたのダイモンは?

ライラはと呼ばれる動物の形をした守護精霊といつも一緒です。
勇気づけてくれたり、助けてくれたり、まるで親友のような存在です。
もしも、あなたにもダイモンがいるとしたら、どんな動物がいいですか?
そしてどんなことをしてほしいですか?

最も面白いコメントを考えてくれた方5名は、サイト上で紹介させていただきます!
賞品もご用意していますので、ご応募お待ちしております。

シネマトゥデイ編集部では、こんなダイモンを切望しています!

編集部A子の場合:ハト:伝書鳩として側に置いておきたい。いつでもどこでも大好きなあの人にラブレターを運んでもらえるから。もち、白いハトで。|編集部B美の場合:ポメラニアン:あのふわふわの毛に癒されたい。ときどき枕代わりにしてみたりして。

最も熱いエピソードを送っていただいた上位5名様には、賞品をご用意しています。どしどしご応募ください!

応募先: lyra@cinematoday.jp
締め切り日: 10月17日(水)
賞品: ・最優秀賞の方1名にはプレス+図書カード3,000円
・入賞の方4名にはマスコミ用プレス
UP
[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク