シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
『茶々 −天涯の貴妃(おんな)−』2007年12月22日より全国東映系ロードショー
『茶々 −天涯の貴妃(おんな)−』人気投票結果!
読者の皆さまの投票によって決まる、“モテ女”キャラ! 殿方の部では、かなり意外な展開を見せて、トップに影の支配者“大蔵”が! そして、姫君の部ではダントツで本作のヒロインである茶々がトップとなりました! どうやら、殿方が考える“モテ女”と姫君が考える“モテ女”には少~し違いがありそうです。どういうことなのか、ちょっくら分析してみましょう!
姫君1位~やっぱり姫君ダントツ人気は、戦国の女ソルジャー“茶々”~
誰にも負けないわよ!女性票:543票(12/11付)
 
本作のヒロインである“茶々”は、美しい容姿を持ちながらも芯の強さは、ハンマーでも割れないほど。そうです。今、日本の現代社会をサバイバルしている女性たちには、“茶々”のような芯(しん)の強さがマスト! どんな逆境もはねのけていき、戦が始まれば、自分も鎧を付けていざ出陣! しちゃうところなんて、男女雇用機会均等法もびっくりの、超最先端です! そんな“茶々”の強さが、今を生きる女性たちのツボにハマったのではないでしょうか? 職場で怒られてしまっても、決して涙は見せず、上司が飲んでいたコーヒーを奪って飲み干してやりましょう! そんな気の強さが、あなたの“モテ”を向上させるはず! 戦国時代を生き抜いた“茶々”の強い生き方は、スーツという鎧に身を包んだ現代女性の“モテ人生”そのもののようです!
殿方1位~そして殿方ダントツ人気は、スーパーボス・オブ・ザ・侍女の“大蔵”!?~
影じゃあ、そうとう働くわよ!男性票:97票(12/11付)
 
何で“茶々”じゃないねんっ! とお思いになるかもしれませんが、殿方は、やはり姫君とはちょっと違うもの。強すぎる女子はあまりお好みじゃないかも知れませんね。殿方とは、いつだって“強さ”を見せたいのですから、いざ「戦ったるで~!」というときに、隣で自分よりも強い女子がいたら、落ち込んじゃうかわいい生き物なのですよ。そんな殿方の一番人気は“大蔵”。裏で、人々をうまーく操りまくるスーパーボス・オブ・ザ・侍女。男はこれなんですよ。表立って女子に動いてもらいたくはないのです。影でちょこちょこと動いてくれる女子に心を動かされるのですよ。知らないうちに、上司にボンレスハムを送ってくれている……そんな陰で活躍の女子に心を動かされるのです!
まとめ~“モテ”パワーに、最後に必要なのは……LOVE魂!~
最後は愛が勝つのよ! 波乱の“モテ女”投票となりましたが、全体的な票の流れを見てみると、やっぱりモテヒロイントップは“茶々”! 彼女の強さは女性のあこがれ、その強さに現代の殿方たちは、ちょっとひるんじゃうかもしれないけれど、“茶々”が持っているもう1つの強さに気付けば、きっと彼女に愛されたくなってしまうはず。“茶々”の持つもう1つの強さは、エルオーヴィーイー……そう“LOVE”! 豊臣のために、最後まで戦い続ける“茶々”は愛に生きる女でもあります。そして愛する男のためならどこまでだってエンヤコラ! その一途な精神は、“茶々”のみならず本作に出てくるすべてのキャラクターに共通しているもの。戦国時代は、今の若もんのように、ホイホイ相手を変えたりする自由はありませんでした。政略結婚をさせられたり、お世継ぎを頑張らなきゃだったり、いろいろ大変だったのです。そんな中でも、“この人!”と言われた男子を精いっぱい愛した戦国時代の女子たちは本当にすごい。彼女たちの一途なLOVEは、“モテ女”になるための一番大切な部分なのです!
バックナンバー
女投票ナンバー1、男投票ナンバー1キャラは誰だ
戦国時代の女性に学べ! 男ゴコロ操縦術!
主演の和央ようかに突撃インタビュー!
up
公式サイト 作品情報
[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク