シネマトゥデイ

藤原竜也
『カメレオン』
勢いでやってしまいましたが、アクションシーンに挑戦して良かった
『カメレオン』藤原竜也 単独インタビュー

取材・文:福住佐知子 写真:田中紀子

動画 [ 再生(1Mbps) | ご利用ガイド ]

『亡国のイージス』の阪本順治監督と『バトル・ロワイアル』シリーズの藤原竜也による最高のコラボレーションが実現した映画『カメレオン』。犯罪を目撃したことから仲間たちを殺された男・野田伍郎の復讐(ふくしゅう)劇。どんな役にも恐れずに挑戦し、映画だけにとどまらず、その高い演技力と存在感で舞台にテレビにと大活躍している若きカリスマ、藤原に話を聞いた。

■絶対の信頼を寄せる阪本監督との共同作業

Q:野田伍郎という役のどんなところに魅力を感じて演じられましたか?

役柄的には初めてといったくらい難しい役でした。伍郎の抱える苦悩だとか、友人や仲間に対して、そして一人の女性に対する思いだとか、熱い情熱と冷たい心を持ち合わせたキャラクターだったので、やりがいがありました。

Q:詐欺師の役から仲間を殺された後、復讐(ふくしゅう)の鬼となって登場しますが、ビジュアルも含め、大きな変化が見られました。あなたもアイデアを出されたのでしょうか?

この伍郎のキャラクターをつかむのがなかなか難しくて……。監督も迷われていた部分があったので、ワンカット、ワンカット、ダメ出しをされながらクリアしていきました。阪本監督とお互いに理解し合って作り上げていきました。

Q:阪本監督に絶対的な信頼を置いているそうですが、一緒にお仕事をされた感想を聞かせてください。

阪本監督の映画や俳優、現場に対しての愛情だとかストイックさには、見ていて多くを学ぶところがありました。周りの人がいての自分だし、撮影現場ってやっぱり面白いと改めて感じましたね。

■毎日すり傷だらけで挑んだハードな撮影現場

Q:派手なアクションシーンが満載でハラハラさせられましたが、ほとんどスタントなしで演じられたそうですね?

勢いでやってしまった部分もありますが、大変だった分、スクリーンで観たらよくできていたし、危険なことはしていましたが、やはり自分の身体を使って演じたことに間違いはなかったと思います。毎日がすり傷だらけで大変でしたけど(笑)。

Q:共演した水川あさみさんと塩谷瞬さんの印象を教えてください。

水川さんは、物おじしないというかすべてをさらけ出してくれて、危険なシーンでも「わたし、何でもやるから好きにやってください」と言ってくれましたし、女優さんとして変に構えてなくて、カッコイイ女優さんだと思いました。塩谷くんもしっかりされている方でしたし、一度一緒に飲んだのですが楽しい人でした。

Q:お年寄りと若者が一緒に生活する場面が楽しそうでしたが、ああいう生活をどう思われますか? ベテラン俳優さんとのエピソードはありますか?

すごく好きですよ(笑)。あこがれますね。加藤治子さん、谷啓さん、犬塚弘さんの演技は、ほかの人にはまねのできない味がありますよね。独特のオーラがあって、懐かしさも感じますし、見ていてホッとしました。

■舞台俳優、そして映画俳優として

Q:タイトルにちなんでですが、あなたの中にもカメレオン的な要素はありますか?

ありますね。例えば何もわからない国にポツンと置かれたら、そこで自分も大きく変わるだろうし、日本にいても仕事をするときは、日々自分を変化させていかなければならないと思います。

Q:今も鹿賀丈史さんと舞台「かもめ」に出られていて、ほかにも映画やテレビと多方面で活躍されていますが、役者になって良かったと実感するときは?

『カメレオン』のキャンペーンで大阪に行ったときに阪本監督やスタッフさんたちと焼肉を食べたんですよ。そのときに阪本監督が呼んでくれた人がボクシングの辰吉丈一郎さんだったんです。僕大ファンだったので、この仕事をしていて良かったと思いました(笑)。スポーツ大好きなんです。

Q:影響を受けた映画やあこがれる俳優はいますか?

映画や舞台で一緒に共演した先輩たちは、皆さん苦労していろんなものを背負ってきたわけですから、尊敬する部分はたくさんあります。特に舞台で活躍されている方はパワーがありますね。年齢を重ねて第一線で活躍されている方にすごさを感じます。

Q:舞台、映画、テレビ、何が一番自分に合っていると思いますか?

舞台です。板の上というのは独特の空気があるし、本物の感動というところでは、演劇って大事だと思います。一方で、映画の撮影現場に行くと、映画の良さを感じます。芝居することってとても面白いですよね。

■藤原竜也のプライベートな時間

Q:あなたは負けず嫌いですか? プレッシャーを感じたときはどのように克服されていますか?

やっぱり結果を出すしかないですから、行動に移してそれを跳ね返そうと頑張ります。

Q:ハリウッドは意識されていますか?

特に意識はしてないですね。タイミングが合っていいお話がもらえれば……。急いではいないです。今は一つ一つきっちり芝居していることが大事なんじゃないかと思っています。

Q:今後あなたが演じてみたい役はありますか?

落ちこぼれの人生を歩んでいて、ふとした瞬間に神の手に救われ一発逆転。そういう役がやりたいかな(笑)。

Q:あなたのエネルギーの源って何でしょう?

昨日焼肉食べました。肉ですかね(笑)。

Q:あなたが大切にしている瞬間や時間ってどんなときですか?

報道ステーションのプロ野球ニュースを観て、窓を網戸にして、蚊取り線香を炊いて、お酒を飲んでいる時間が大好きなんです。至福のときですね。ほかにはなんにもいらない(笑)。

Q:最後にこの映画を観る多くのファンの皆さんへメッセージをお願いします。

この映画は自分自身を大きく変えた作品だったんです。撮影後には世界観が広がったし、役の幅も広がったと思います。自分自身いい意味で大きく変われた作品だと思うので、一人でも多くの人に観ていただきたいと思います。

藤原ふんする主人公が仲間を殺され復讐(ふくしゅう)の鬼となり、自らの死をも恐れず敵に立ち向かう姿が印象的だ。本作での阪本監督とのコラボレーションは、藤原の役者魂に大きな火をつけたようだ。その熱い演技の中で時おり垣間見せる哀しみの表情は、あまりに美しく印象的で、観る者の心に焼きつくだろう。

『カメレオン』は7月5日より全国公開

[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク