シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
  • 11月22日 全国公開 スティーヴン・キング原作で送る、極上スリラー!
  • 1408号室
『1408号室』特集第2弾 ようこそ、ドルフィンホテルの1408号室へ

ようこそ、ドルフィンホテルへ。お客様もたいそう物好きなお方でいらっしゃる。ごあいさつが遅れましたな。わたしは当ホテルの支配人ジェラルド・オリンと申します。それでは早速、お客様が宿泊を希望される1408号室のご紹介といきましょうか。本当にあの部屋にお泊りになるのですね?

  • 1408号室の歴史

    エレベーターで向かう間に、あの部屋の歴史をお話いたしましょう。あの部屋に宿泊されたお客様56人、皆様お亡くなりになってチェックアウトされました。もちろん、あの世にチェックインという意味でもありますな……ははは。それに従業員が1408号室の清掃作業中に自分の両目をくり抜いたなんて事件も。今ではあの部屋に入る人間はいませんよ。あなた以外ね……。

    ごく普通のホテルだが…… 1408号室、数字を足すと13……

  • 世界に一つだけの部屋

    さて、1408号室のある階に到着です。ここからはお客様お一人でいってらっしゃいませ。1408号室には支配人のこのわたしでさえ近づくのが嫌なのです。座敷わらしが出る部屋? 幽霊が出る部屋? 呪われた部屋? むふふふ。どれも当てはまりませんな。何せ邪悪な部屋なのですから。とりあえずデジタル時計や洗面台、それと窓にお気を付けください。いかんせん歴史がある部屋です。急にラジオが鳴りだしたり、熱湯が噴だしたり、窓がいきなり閉じたり……お客様を不本意な形でお出迎えしますから。

    緊張の瞬間…… 何だ、平気じゃん

  • 一見、何の変哲もない部屋

    もしもし? ここからはお電話で。部屋に入って驚かれました? ごく普通の部屋でしょう? 隣の声が丸聞こえ? 確かに壁は薄いですが、もしあなたが悲鳴を上げても、向こうの部屋には聞こえませんのでご安心を。人の気配がしましたね? それに枕元を見てご覧なさい。誰が置いたのでしょう? チョコレートが……。わあ! 驚いた! 急にラジオからカーペンターズの曲が。それにデジタル時計はカウントダウンを始めていませんか? 1時間この部屋にいた人間はいないという、1408号室の挑戦の始まりです。

    ドンドンドン! 聞こえるか? 何か変だぞ~!

  • 一人宿泊でも気分は大人数

    もちろん、あなた以外この部屋にいません。うちの従業員が仕掛けた? とんでもない! この部屋に入る人間など物好きなあなたくらい。部屋が暑くなってきた? 暖房装置が故障でもしているのでしょう。ほら言ったじゃないですか! 窓に手を置いてはいけないって! 洗面所で血を流しましょう。ああ、熱湯で大やけどだ。さあ、外に助けを求めなければ! 向かいのビルに手を振って……。危ない! 後ろ! トンカチを持った人間が襲ってきましたね! さあ、逃げて!

    だ、誰だ!? うごごご~

  • チェックイン・オンリー

    ドアはけっても開きません。壁に亀裂が入って血のような液体が流れてきたですと? 窓から外に逃げても無駄ですよ……。部屋が急に寒くなってきたようですね。外部に連絡? ネットがつながるかどうか……。それにあなたは心に大きな傷を負っているようだ。死んだはずのあなたの娘が目の前に現れた? 冷蔵庫の中にわたしがいる? 何をおっしゃる。そろそろ携帯電話の電波が悪くなってきましたね。

    ううう……寒いよぉ こ、これは幻か……
さあ、あなたはどうやって1408号室から抜け出すおつもりかな? 死を選べばチェックアウトできますよ…… Go Top
  • 『1408号室』の秘話
  • 秘話その1

    主演のジョン・キューザックはスティーヴン・キング原作の映画化作品参加はこれが2回目。ちなみに1回目は映画『スタンド・バイ・ミー』でのちょい役。

  • 秘話その2

    もともと予定されていた監督は映画『ホステル』シリーズのイーライ・ロス。しかし、画面を血まみれにされると危惧(きぐ)した製作陣は、スウェーデン人監督ミカエル・ハフストロームを抜てきした。

  • 秘話その3

    キングらしさあふれる本作。舞台となるホテルは「シャイニング」をほうふつとさせ、短編小説「超高層ビルの恐怖」に似たエピソードも挿入されている。何よりも、キューザック演じる主人公のマイク・エンズリンが、キングのような人物として描かれている点が面白い。


(C)2007 The Weinstein Company, LLC. All rights reserved. Go Top
作品情報オフィシャルサイト
[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2008年
  3. 11月
  4. 11日
  5. 『1408号室』特集第2弾~ようこそ、ドルフィンホテルへ~