シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
中越典子、本仮屋ユイカ
『ドロップ』
傷だらけの男の子たちに、女子は思わずほれちゃう?
『ドロップ』中越典子、本仮屋ユイカ 単独インタビュー

取材・文:内田涼 写真:高野広美

人気お笑いコンビ品川庄司の品川祐が、品川ヒロシの名前で、同名の自伝的小説を自ら映画化した『ドロップ』。ヤンチャな男子中学生のアクション群像劇の一方で、魅力的な女性キャラクターたちも見どころになっている。主人公ヒロシ(成宮寛貴)の姉・ユカを演じた中越典子と、ヒロシが一目ぼれしてしまう美少女・みゆきにふんした本仮屋ユイカに、女性の目線から見た映画の魅力や、長編初監督を務めた品川監督について語ってもらった。

■やんちゃな男子に対するイメージが変わった

Q:まずは完成した作品をご覧になった感想を教えてください。

中越:中学生のヤンチャな男の子たちの青春がぎゅっと詰まった、すてきな映画でしたね。アクションの部分と淡い恋愛の部分が、いいバランスに描かれていて、とにかく品川監督はすごいなと。

本仮屋:すっごく面白かったです! 実は試写を観る前に、品川監督に「今日、観に行きます!」ってメールをしたんです。そしたら「絶対に感想教えて」って言われて。で、観終わった後は、もう自分の思いが追い付かないほど「良かったです!」って感想を長文で送っちゃいました。

中越:その気持ちわかるっ! 絶対に観た後、誰かに薦めたくなっちゃう。

Q:ズバリ、映画に登場するようなヤンチャな男子はいかがですか?

中越:映画を観ながら、中学時代の悪い男の子たちを思い出しちゃいましたねー。わたしは映画の中の激しいアクションシーンが何より大好きで。みんな傷だらけなんですよ。ああいう姿を観ちゃうと「みんな本当に頑張ったんだなぁ」って愛おしくなりますね。女の子は観たら絶対ほれちゃいますよ(笑)。

本仮屋:映画に出てくるヒロシたちって「ヒマだからケンカする」みたいな感覚があるじゃないですか。わたしは最初、どうしてヒマがあるとみんなケンカしちゃうんだろうって思っていたんですけど、実際に映画を観ると、その気持ちが何となくわかった気がしました。この映画を通して、ヤンチャな男子に対するイメージが少し変わったかもしれませんね。

■初めてとは思えない品川の監督ぶり

Q:今回、初の長編監督にチャレンジした品川さんの監督ぶりはいかがでしたか?

中越:現場では貫録たっぷりで、本当に初監督とは思えないほどなんですよ。「こういうものを撮りたいんだ」っていうビジョンがすごくハッキリしているし、緊張感あふれるシーンを撮影するときは、いつも以上に真剣な表情で、現場をキュッと引き締めてくれる。さらに品川さんならではの笑いのセンスが効いたアドリブも、その場その場でどんどん増えていって、とにかく多彩な顔を見せていただきました。

本仮屋:撮影中はとても優しくしていただきました。何より映画に対する思いがすごく強いんだって感じましたね。完成した映画を観ていても、映画と自分の距離が決して離れることがないんです。きっと、観る人のことをすごく考えているからだと思いますね。エンドロールの最後の最後まで、愛情をたっぷり感じました。

中越:一言で表すと品川監督って、空(そら)かな。現場では柔らかくって、優しくて、みんなに愛されている。まるで晴れた空みたいなんです。わたしたちもお芝居をしながら、品川監督に見守っていただいているという感覚があったんで、「品川監督のために何とか頑張ろう。いいものを作りたい」って自然に思えるんですよ。一方で、雨空のような厳しさも持っている。きっとまだまだわたしが知らない一面があるんだろうなって。

本仮屋:それに品川さんは役者さんでもあるので、せりふのタイミングだったり、役者の側の気持ちをちゃんと理解してくれて。その点も演じていて、すごく楽しかったですね。

■イケメン二人と一緒で幸せだった撮影現場

Q:今回、本仮屋さんは達也(水嶋ヒロ)の恋人で、主人公ヒロシ(成宮寛貴)に告白されるというモテモテな女の子を演じていましたね。

本仮屋:いやー(思わず照れ笑い)、役柄とはいえ、イケメンお二人とご一緒できたので、毎日本当に幸せでしたね。それにわたし、ヒロシくんに告白されるシーンが大好きで。

中越:あのシーン、面白いよねー!!

本仮屋:原作でも大好きなシーンだけに、いざ自分で演じるとなると、原作のように面白くできるのかっていう不安もありましたけど、そこは監督がマンツーマンで徹底的に間合いなどを指導してくれました。「もうちょっと早く」とか「一拍遅れると面白くなくなる」とか、かなり絶妙なタイミングを詰めていきましたね。

Q:中越さんはヒロシのお姉さんで、元不良のヒデ(上地雄輔)の恋人という役どころでした。

中越:あの二人の関係は、最終的にすごく切ないですよね。何より演じる上では、品川さんのお姉さんに失礼のないように、ウソがないようにという思いが根底にありました。

Q:上地さんとの共演はいかがでしたか?

中越:上地くんには特別な才能があると思うんですよ。初めて会った瞬間から、距離感が縮む感覚があって、上地くん自身もみんなを愛してくれるし、みんなからも愛される。だから、最初から違和感もなく、すっとこの人が恋人なんだって(芝居に)入っていけました。

■青春の熱くてキラッとした瞬間が詰まった映画

Q:最後に映画の公開を楽しみにしているファンにメッセージをお願いします。

中越:先ほども言いましたが、本当に「これが初監督なの?」ってくらいすごい映画です。ヤンチャ坊主たちの笑いあり、ケンカありの面白くて、切なくて、そしてホロッとしちゃうすてきな作品をぜひ楽しんでください。

本仮屋:青春のキラッとした瞬間が詰まった映画だと思います。ものすっごく面白いので、ぜひ劇場に足を運んでください。

ストーリーの設定上、二人が共演するシーンは一瞬なのだが、中越と本仮屋はまるで姉妹か親友同士のように仲良く、息ぴったりに『ドロップ』の魅力を語ってくれた。きっと、映画が持つパワー、そして品川監督の人柄が二人を強いきずなで結びつけたに違いないはず。実際、『ドロップ』には、淡い恋模様や普段は見られないヤンチャな男子のかわいらしい素顔などが描かれ、女性にとっても非常に見どころが多い作品に仕上がっている。春休みのデートムービーとしても、うってつけといえそうだ。

『ドロップ』は3月20日より角川シネマ新宿ほかにて全国公開

[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク