シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
  • 『天使と悪魔』
  • オフィシャルサイト作品情報
  • 10月28日(水)DVD&Blu-ray 発売

映画『ダ・ヴィンチ・コード』の製作チームが集結し、再び大ヒットを記録した続編映画『天使と悪魔』が、いよいよDVD&Blu-rayになって登場! 発売を記念して豪華プレゼントが当たる夢のコラボ企画が実現! 4か所にちりばめられた謎を解いて、早速応募しよう! ヴァチカン滅亡の危機に挑んだ宗教学者ラングドン教授の足跡から、映画では描かれなかった驚愕(きょうがく)の真実が明かされる!

詳しくはこちら
  • 事実は小説より奇なり! 映画では明かされなかったもうひとつの真実
  • 胸にEarth(土)と刻まれた枢機卿の死体が発見された、サンタ・マリア・デル・ポポロ教会のキージ礼拝堂。ここに所蔵されているベルニーニの彫刻「ハバククと天使」の天使像が次なる殺人現場を指さしていた!

    科学者や芸術家のパトロンをしていたキージ家の依頼を受けてキージ礼拝堂を設計した画家ラファエロは、秘密結社イルミナティの一員と言われている。その説を裏付けるかのように、礼拝堂の内部にはフリーメイソンのシンボルとよく似たピラミッド型の彫像も飾られている。

  • サンタ・マリア・デッラ・ヴィットリア教会の礼拝堂に所蔵される、ベルニーニの代表作「聖女テレサの法悦」。天使が持つ至福の槍(やり)に貫かれ、情熱の炎に身もだえる女性テレサを描いた彫刻だ。この槍こそが、第4の殺人現場を示していた!

    17世紀当時、性的興奮に達する女性を描いたこの彫刻は、大きな物議を醸し、中心地ヴァチカンから辺ぴなヴィットリア教会に移設された……が、これはラファエロと同じくイルミナティの一員だと言われるベルニーニの策略だったという説が濃厚だ。

  • 秘密結社イルミナティが隠れ家として使っていたのが、2世紀にローマ皇帝の霊廟(れいびょう)として建てられたサンタンジェロ城。別名は「聖天使の城」で、橋上の天使銅像が剣を下に向け、建物の中心を指している。そこに待ち受けるのは……?

    今は博物館となっているが、かつては数世紀にわたってヴァチカンが要塞、教皇の避難場所、異端者の牢獄などとして使用していた。内部には秘密の入り口や隠し部屋が多数あり、ヴァチカンとは秘密の通路でつながっているという説も。

  • ベルニーニの彫刻「ハバククと天使」がある建物の名前は? A:サンタ・マリア・デル・ポポロ教会 B:サンタ・マリア・デッラ・ヴィットリア教会 C:サンタンジェロ城 プレゼントに応募する
[PR]

この記事を共有する

関連情報
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク