シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
相武紗季、溝端淳平、平岡祐太
『NECK ネック』
見えないものを作っていくワクワク感がありました
『NECK ネック』相武紗季、溝端淳平、平岡祐太 単独インタビュー

取材・文:斉藤由紀子 写真:尾藤能暢

相武紗季、溝端淳平、栗山千明、平岡祐太という豪華キャストを迎え、怖い想像を現実化させる「ネックマシーン」が巻き起こす大騒動を描いた胸キュン・ホラー・エンターテインメント『NECK ネック』。人気作家・舞城王太郎の原案を映像化した本作で、お化けを作る夢を持つ大学院生の真山杉奈を相武が熱演し、杉奈に恋する大学生の首藤友和を溝端、怖がりのホラー作家・越前魔太郎を平岡が演じている。撮影中に意気投合したという3人が、映画にまつわる面白エピソードを語ってくれた。

■3人のシーンはほとんどギャグだった!?

Q:皆さんのハイテンションな演技が印象的でした。演じる上でどんなことを心掛けましたか?

相武:杉奈はとにかくテンションの高い女の子だったので、かなり大変でした。最高潮の一瞬のハイテンションを、ずっと続けていた感じだったんです(笑)。彼女は、自分の手でお化けを作りたいと願い続けていて、周りから見るとしょうもないことかもしれないけど、本人にとっては大事なことなんです。その純粋さを大切に演じました。

溝端:僕は皆さんの中で一番年下だったので、甘えさせていただきながら演じました(笑)。現場に行くと学生のころに戻ったような気分で、大学生の役にも自然に入っていけましたね。真っすぐな性格の友和は、好きな女の子にも積極的にアプローチする肉食系男子(笑)。共感できるところがたくさんあって、演じやすかったです。

平岡:僕が演じた魔太郎は過剰にお化けを怖がる役でしたから、笑える感じになればいいなと思って大げさにやらせてもらいました。イメージ的には『ホーム・アローン』のようなドタバタコメディーを思い描いていました。

Q:初めは本格ホラーなのに、途中からどんどんコミカルになっていく展開も新鮮でした。

相武:この3人がそろうシーンでは、怖いところがあんまりないんですよ。

平岡:全部ギャグだったよね(笑)。

相武:特に平岡くんは、杉奈の想像で生まれたポップな「緑目人形」に襲われるシーンが多かったんです。人形を持ったまま苦しまなきゃならなくて、大変そうだったよね!

溝端:人形をマジックテープで体に巻きつけたまま、思いっ切り叫んでいましたよね(笑)。

■いろんな意味でビックリする映画!?

Q:皆さんが大騒ぎしていた人形屋敷のシーンは、現場の楽しさが画面から伝わってきました。

3人:楽しかったです!

相武:わたしたちはもちろん、白川(土)監督やスタッフも楽しみながら撮影していました。今回は、舞城さんの原作を映像化するという監督としても初の試みだったので、「オレもどうなるかわからないけど、やってみよう!」とおっしゃっていて(笑)。わたしにとっても初めての特撮映画だったので、見えないものをゼロから作っていくワクワク感がありましたね。

溝端:とにかくCGのシーンが多かったので、想像力を爆発させてがんばりました!

Q:それぞれが人形の動きを想像しながら演じていたわけですね。

相武:ただ、現場では仕上がりがどうなるのかわからなかったので、不安もありました。全体のイメージは監督の頭の中にしかないわけですし、想像は共有することができないので、「ここで人形が動きます!」とか、「人形からビームが出ます!」(笑)とか言われても、とりあえずやってみるしかなくて・・・・・・。完成した作品を観て、やっとすべてがつながりました。

溝端:想像の世界の中で動くのが新鮮でした。リハーサルで役者の動きを決めるときも、監督だけが、「あれがドーンとなって、ピカーッとなって、これがドカンと落ちてきて・・・・・・オレしかしゃべっていないけど大丈夫?」みたいな(笑)。

平岡:でも、人形のビームがあんなふうに仕上がっているなんて意外でした。初めは怖かったお化けの「ゆかりちゃん」も、最後は・・・・・・。いろんな意味でビックリする映画になりました(笑)。

■溝端はハイテンション、平岡はローテンション、相武は男前?

Q:溝端さんが深夜にストーブでフランクフルトを焼いて振る舞うなど、休憩時間も楽しまれたそうですね?

溝端:現場に電気ストーブがあって、いろいろなことに使えそうだなと思ったんですよ。自分でアルミホイルとソーセージと割りばしを買い込んで焼いてみたら、意外とうまくいきました!

平岡:その焼き加減が絶妙なんですよ! 香ばしい感じで。

相武:あと、淳平くんは夜食にチキンラーメンを作ってみんなに配ってくれたんですけど、その味がまた絶妙なんですよ。あのときは、日落ちしてから朝までのハードな撮影だったので、淳平くんのテンションの高さにみんなが助けられましたね。

溝端:現場を最大限に楽しみたいタイプなんですよね。待ち時間も長かったし寒かったので、食べることで皆さんの気分を盛り上げてみました(笑)。

相武:逆に、平岡くんはテンションが高い方ではないよね。その時々のみんなの気分に合わせてくれるタイプ。

平岡:そうだね、普段のテンションは低いかも(笑)。

Q:皆さんのお話を伺っていると、相武さんがまとめ役のようですね。

溝端:相武さんは基本的に男前なんですよ! サバサバしていて、仕事の姿勢もプロフェッショナルで、本当に尊敬しますね。撮影後に着替えて帰るのも早いんですよ。「お疲れさまでしたー!」って(笑)。でも、仕事場では見せないけど本当は女らしい人なんだろうなって思いますよ。

相武:そう、本当の姿は見せていい人にしか見せないの・・・・・・なんてね。ちょっと平岡くん、黙っていないでツッコンでよ!

平岡:いや、本当にさわやかな女性だなと思います(笑)。

相武:さわやかガールです(笑)。

■3人が撮影中に味わった恐怖体験とは?

Q:ホラー映画ということで、撮影中に怖い経験をされませんでしたか?

溝端:それが、僕たち3人はまったくなかったんですよ。泊まったホテルの部屋が怖かったくらいですかね?

相武:怖かったー! 山の上のガケっぷちに建っていて、市街地からも離れていて・・・・・・。

平岡:初めてあのホテルに行ったとき、なかなか見つからなかったので地元の人に道を聞いたら、「あそこ、まだ営業しているの?」って言われたんです。結構ヤバかったよね(笑)。

溝端:大浴場も怖いんですよ! シーンとしている中で、水音だけが「ポチャン、ポチャン」って響くんです。でも、実際に怖い思いはしませんでした(笑)。僕たちの中で霊体験をした人がいるとしたら、栗山(千明)さんしかいないと思います! ホテルでもかなり怖がっていましたから。

Q:栗山さんはクールな編集者を演じていますが、実はお化けが苦手なんですね。

相武:そうなんです。千明ちゃんは和室の畳にお布団を敷いて寝るのが怖いから、ずっと洋間のソファーで寝ていたらしいです。とはいえ、本当に霊体験をしたわけではないと思いますけど(笑)。

Q:「屋敷の壁にいないはずの人形の影が映っていた」というスタッフ情報もありますが・・・・・・?

相武:現場では影が映っていたみたいだけど、それが何だったのか確認できていないらしいですよ。完成した映画にも映っているのかな?

溝端:いや、映っていないんじゃないですか(笑)。

平岡:シリアスなホラー映画じゃないしね(笑)。

相武:でも、その影が話題になったら面白いかもしれませんよね! 怖いところは思い切り怖くて、笑えるところはかなりコミカルな映画なので、皆さんに楽しんでもらいたいです!

明るくて気配り上手の相武と、天真爛漫(らんまん)で自然体の溝端。そこに、控えめだけどノリの良い平岡が加わって、インタビュー現場は大盛り上がり! まるで本当の同級生のように仲の良い3人が、現場で楽しみながら作り上げたという本作は、「胸キュンホラー」と呼ぶにふさわしい、怖さと笑いとロマンスと、まさかの感動もミックスされた奇想天外な物語だ。夏のデートムービーとしてドキドキしながら観れば、恋人たちの仲がますます深まるかもしれない!

映画『NECK ネック』は8月21日より全国公開

[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 8月
  4. 16日
  5. 『NECK ネック』相武紗季、溝端淳平、平岡祐太 単独インタビュー