シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
華麗なる成長を遂げた子役出身スター

 第82回アカデミー賞主演男優賞にコリン・ファースがノミネートされたことでも話題となった映画『シングルマン』が、10月2日いよいよ公開。同作で主人公に生きる希望を与える教え子の美青年ケニーを演じたニコラス・ホルトにちなんで、華麗なる成長を遂げた子役出身スターに迫ります!
元祖!? 子役スターからファッションリーダーへ:サラ・ジェシカ・パーカー

 世界中で一大ブームを巻き起こした「セックス・アンド・ザ・シティ」シリーズで不動の地位を手に入れたキャリーこと、サラ・ジェシカ・パーカー。実は彼女、そのキャリアは子役からだったのはご存じでしょうか。

 8歳でテレビに初出演し、11歳でブロードウェイ・デビュー! 13歳の時には日本でも大人気のミュージカル「アニー」で主役アニーを2年間務めた後、16歳ごろからはテレビシリーズでも人気者になっていたサラ。順当に映画界に進出し、1984年に公開されたケヴィン・ベーコン主演の青春映画『フットルース』で注目を集めると、翌年には『ハイスクールはダンステリア』(劇場未公開作品)で主演を務めたのですが、映画スターとしてはイマイチ伸び悩み……。

 そんな彼女に訪れた大転機が1998年放送開始のテレビシリーズ「セックス・アンド・ザ・シティ」。同作品でゴールデン・グローブ賞主演女優賞(テレビ部門)やエミー賞主演女優賞などを受賞、そして映画シリーズとしても大成功を収めたサラは、女優としてだけでなく、ファッションリーダー的存在にもなり、自身のファッションブランドや香水ブランドなどを立ち上げる実業家としても大成功を収めたのです。

ファッションリーダーですもの!
Gareth Cattermole / Getty Images

 
子役ボーイだってこんなに立派に育ちましたっ!:クリスチャン・ベイル

 今や押しも押されもせぬ演技派俳優の一人となったクリスチャン・ベイルが、スティーヴン・スピルバーグ監督作品で映画デビューを果たした子役だったというのは、映画ファンにはちょっと知られた話。元ダンサーの母親、コメディアンの祖父、そして3人いる姉のうち二人がミュージシャンと女優兼監督になっているという芸能一家で育ったベイル少年は、ミュージシャンを目指す姉の影響で10歳から演技を始め、演劇学校へ。13歳の時にスピルバーグ監督の『太陽の帝国』のオーディションにて、4,000人の中から見事合格し、主役での映画デビューを果たしました。

 あまりの大抜てきは、時に道を踏み外すきっかけとなってしまいがちですが、ベイル少年はその後2年間学業に専念し、ケネス・ブラナー監督作品の『ヘンリー五世』で俳優業に復帰。ユアン・マクレガージョナサン・リス・マイヤーズと共演した『ベルベット・ゴールドマイン』や、1年間寝ていない主人公を演じるために約30キロの減量に挑んだことでも話題となった『マシニスト』など、着実なキャリアを積んでいきました。

 あまりにストイックな役者根性は時にトラブルも引き起こしましたが、彼の映画や演劇に懸ける真摯(しんし)な姿に誤解も解け、『バットマン』シリーズにてついに大ブレイク! 今や実力派俳優の筆頭となったのです。

面影あります! キュートなベイル少年
Jim Smeal / WireImage / Getty Images

 
現在進行形で華麗なる成長中!:ダコタ・ファニング

 今、まさに華麗なる成長中の子役スターといえば、ダコタ・ファニングではないでしょうか。演技派俳優ショーン・ペンと共演した『I am Sam アイ・アム・サム』で、わずか7歳ながらその実力を見せつけ、各新人賞を総なめにした彼女。その後もトム・クルーズと共演したスティーヴン・スピルバーグ監督作品『宇宙戦争』や、『リリィ、はちみつ色の秘密』など順調に成長する姿を見せてくれていたダコタちゃんですが、人気シリーズの新キャラクターとして登場した『ニュームーン/トワイライト・サーガ』での大人びた姿に思わずドキっとさせられてしまったという方も多かったのではないでしょうか。

 色気づいたといえば、子役で大成功した女の子によくありがちなボーイフレンド問題。お相手によってキャリアを棒に振ることも多い彼女たちですが、デートをパパラッチされたというダコタちゃんのお相手は……フレディ・ハイモアくん! ジョニー・デップに見いだされ、同じく天才子役出身として、人気・実力共に高い評価を得ている彼がお相手とは、これまた何とも優等生!? 今後の女優生命も安心して見守っていられそうな気がします。

色気はまだちょっと足りない!?
Jon Kopaloff / FilmMagic / Getty Images

 
うっとりするほどの美青年に大変身!:ニコラス・ホルト

 失礼ながら若干忘れかけていた子役がまた一人、大人になってスクリーンに帰ってきました。しかもビックリするほどの美青年になって! 彼の名はニコラス・ホルト。お目が高い映画ファンたちの中には『タイタンの戦い』ですでにチェック済みかもしれないですが、彼の美青年としての魅力が爆発すると思われるのが、コリン・ファースが第82回アカデミー賞主演男優賞にノミネートされたことでも話題の映画『シングルマン』です。

 ニコラス・ホルトって……誰!? と思ったアナタ、『アバウト・ア・ボーイ』のあの男の子といえばどうでしょうか? ヒュー・グラントと共に楽しませてくれたあの彼が、最愛の恋人を失い、生きる希望をなくした大学教授ジョージ(コリン・ファース)に再び生きる気力を与えるキーパーソンを、映画『シングルマン』で演じています。

 もちろんよくよく観てみると面影は感じられますが、ビー玉のように鮮やかな青い目、サラサラの金髪、189センチという長身に引き締まった細マッチョなボディーと、まさしく華麗なる成長を遂げたニコラスくん。男女問わず引き込まれずにはいられないその美しさと確かな演技力を持ち合わせた彼の、今後の活躍から目が話せません!

映画『シングルマン』は、10月2日より全国公開

マーカスくんが大人になりました~
Evan Agostini / ImageDirect / Getty Images

映画『シングルマン』より
(C) 2009 Fade to Black Productions, Inc. All Rights Reserved.

 
文・構成:シネマトゥデイ編集部
[PR]

この記事を共有する

関連情報
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 10月
  4. 20日
  5. 華麗なる成長を遂げた子役スターたち