シネマトゥデイ

黒木メイサ&伊藤英明
『アンダルシア 女神の報復』
「日本映画はここまできたか!」自信の一作が完成
映画『アンダルシア 女神の報復』黒木メイサ&伊藤英明 単独インタビュー

取材・文:鴇田崇 写真:吉岡希鼓斗

国際テロから邦人を守るため、世界各国の赴任地で極秘任務を遂行する外交官の活躍を描く「外交官 黒田康作」シリーズ。劇場版第2弾となる『アンダルシア 女神の報復』では、スペインに隣接する小国アンドラで発生した日本人投資家の殺人事件に端を発する国際的な犯罪をめぐって、織田裕二演じる黒田が奔走(ほんそう)する姿が描かれる。今回新たに事件の第一発見者でビクトル銀行行員・新藤結花役、インターポール捜査官・神足誠役で参戦した黒木メイサと伊藤英明が、大人気シリーズにかかわった責任感、黒田康作の魅力などを語った。

■出演者なのに引き込まれる、これぞ極上のエンターテインメント!! 

Q:スペインを舞台に日本映画とは思えないスケールのサスペンスフルなドラマが展開していきますが、出演者のお二人にとっても完成が待ち遠しかったのではないですか?

伊藤:今回の『アンダルシア 女神の報復』は、現場で織田さんと一緒に撮影しているときから、エンターテインメントが本来持っているパワーや、それにかかわる人間の責任感というものを改めて感じさせられた作品でした。本当に映画って観るのも撮るのも楽しいなと思いましたし、お客さんの立場になって観たい映画だなって思いました。

黒木:わたしも普通に楽しみながら鑑賞してしまいました(笑)。自分が出た作品に関しては、反省点などを考えながら観てしまうことが多いのですが、今回は普通にストーリーを追っている自分がいて、それこそストーリーがわかっていながらも引き込まれてしまう経験は初めてだったので、もう一回冷静に観なくちゃ! って思いましたね。

伊藤:そうなんだよね。今すぐもう一度観たい(笑)。本当に「これが映画だよな」って何度も思えたんですよね。特に今回は脚本がすごく面白かった。登場人物それぞれにエンデイングが用意されていて、3段オチ、4段オチのようになっているんです。一映画ファンとしてとても興奮しましたし、センスのいい映像、音楽もかっこよくて、スペインの風景も美しいし、なんだか手前みそで申し訳ないけれど、この映画こそ極上のエンターテインメントといっていいと本当に思えましたね。

■今回はプロ同士の駆け引き、戦いが軸!最初はプレッシャーに

Q:「外交官・黒田康作」シリーズに参加することが決まったときは、クールでミステリアスな黒田とどう対峙(たいじ)していけばいいのかなど、それこそプレッシャーもありそうですね。

伊藤:映画の中でいろいろな言葉が飛び交っていますが、今回はプロ同士の駆け引き、戦いが軸になっているので、相当ハードルが高いところへ入っていくなと思っていました。ましてや第一線で走り続けている織田さんとご一緒させていただけるということ、しかもバディーに近いような関係でご一緒させていただけるということは、うれしい反面、正直プレッシャーもありました。

黒木:わたしも、最初に台本を手に取ったときは、どうやって結花というキャラクターを自分の中で理解していったらいいのか悩みましたね。結花のバックボーン、映画が始まる前の結花の人生をどうやって表現すればいいのか、そして黒田さんとの距離感をどう保てばいいのか、不安もありました。

伊藤:だけど、織田さんが僕らに緊張感を与えないように優しく包み込むように接してくれたんです。映画に対する愛情もすごく強く持っている方で、そういう先輩との撮影は、とにかく毎日が楽しかったです。

■かっこよく人情モノをやってのける黒田は、かっこいい“寅さん”!!

Q:今回はパーフェクトな外交官・黒田康作のキャラクターに人間味が増している点も見逃せないポイントです。

黒木:わたしは今回の映画で黒田さんのスキが初めて見えたような気がするんです。それは今までの作品で見せたことがないもので、わたしが演じた結花も黒田さんにスキを見せていたような気もしていて、こういう出会いじゃなかったら黒田と結花はどういう関係になっていたのか、すごく気になりますね。

伊藤:確かに気になるよね、そこ(笑)。今まで作品ごとにいろいろな黒田が観られたけれど、今回はすごく人間っぽい黒田がいて、彼を翻弄(ほんろう)するメイサ演じる結花がいて、新しい段階へ行っていると思います。それにしてもあれだけかっこよくてスキのない黒田を演じる、織田さんそのものがとにかくすごいと思います。

黒木:結花は、男としての黒田に惹(ひ)かれているのか、事件にかかわっていく中で黒田との駆け引きをしているだけなのか、彼女の中にもいろいろな感情が渦巻いていたと思うんですよね。黒田さんとの距離感を決めることが難しかった分、いろいろな黒田さん像を見つけることができた気がしています。

伊藤:それに黒田って、任務を完ぺきに遂行するだけではなく、結花が抱えている思いや神足が抱えている傷にも触れてくれて、人が抱えているトラウマまで解決してくれるんですよね。かっこいい人情モノをやってのける、かっこいい“寅さん”みたいな人だと思いました。この先の黒田の人生も観てみたいです。

■俳優として次に進める基礎が培われた、この出会いを無駄にはしない!!

Q:今回、このシリーズに出会ったことで、俳優としての今後の活動などに大きな変化が起こりそうですか?

伊藤:そうですね。現場では、スタッフもキャストも“舌が肥えたような感覚”になったところがあるような気がするんです。僕自身、次の現場で求めることが大きくなっていきそうな気がしています。自分を追い込むって意味でね。とにかく織田さんの映画に対する愛情は計り知れないと思ったので見習いたいです。

黒木:わたしはこのシリーズ、キャスト、スタッフと出会えて、一緒に仕事ができたことがすごく幸せだし、うれしく思っています。伊藤さん、西谷(弘)監督をはじめ、精神的にも頼れる人たちがたくさんいて、次に進める土台、基礎を作っていただけた気がしています。それを次の作品でどう生かして、つなげていくのかというすべがまだわからない(笑)。いい作品に巡り合えたという、この感覚、このテンションを持っているうちに、どうにか次につなげていくことで、せっかくの出会いを無駄にしたくないと思います。

伊藤:僕もメイサを見習って(笑)、いい出会いを大事にしたいです。織田さんや西谷監督、メイサをはじめ、日本映画でもまれに見るいい作品ですし、この映画を支えてくれたスタッフ、キャストにも感謝です。これだけの大作で4月の中旬に撮影が終わったばかりなのに、皆さんにもう観ていただけることも幸せです。ものすごく限られた時間の中で、これだけのクオリティーの映画ができたということは、皆の間に絶大なる信頼関係があってこそ成立したと思うんですよね。日本映画はここまできたか! という上質のエンターテインメントとして広げていきたいと思っていて、僕も一映画ファンとして自信をもっておすすめしたいですし、早くもう一度観たいです。それから、織田さんのような大きな俳優になりたいですね。身長のことじゃないですよ(笑)。

外交官・黒田康作を演じた織田の仕事に対する姿勢への賛辞と、完成した作品に対する自信のコメントを何度も口にした黒木と伊藤。確かに本作は、日本映画とは思えないスケールでサスペンスフルなストーリーが展開される娯楽超大作に仕上がっている。特に今作では黒田のキャラクターに変化が見られ、早くも今後の展開が楽しみな布石ともなっていて、見どころが満載。そして黒田にそんな変化を与えたのは、黒木と伊藤がシリーズに新たなスパイスを加えたからこそ。本作の公開を機に、今後の日本映画全体がいい影響を受けてさらなる発展を遂げていくかもしれないことも予感させてくれる『アンダルシア 女神の報復』は、ファンにもシリーズ未見の人にも手放しで推奨できる一作といえそうだ。

(C) 2011 フジテレビジョン / 東宝 / 電通 / ポニーキャニオン / 日本映画衛星放送 / アイ・エヌ・ピー / FNS27社

映画『アンダルシア 女神の報復』は6月25日全国公開

[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク