シネマトゥデイ

ダニエル・ラドクリフ、エマ・ワトソン、ルパート・グリント
『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』
さようならハリー、ロン、ハーマイオニー
『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』ダニエル、エマ、ルパート インタビュー

取材・文:山口ゆかり

もはや知らぬ人はいないといっても過言ではないJ・K・ローリングの原作と共に社会現象にまでなった映画シリーズの完結編『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』。10年もの間、世界中の注目を集めるメイン・キャストという大役を果たしてきたダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソンの3人。本作撮影中のラドクリフ、グリントと、撮影を終えたワトソンが語った。

■ダニエル・ラドクリフ「僕のハリー・ポッター」

Q:撮影も終盤ですね。どのようなお気持ちですか?

ダニエル・ラドクリフ(以下、ダニエル):(注:以下の回答には本作のストーリーに触れているところがあります)すごくワクワクしているんだ。本当に楽しみにしてたから。今はあと2、3週で撮影を終えるところだけど、19年後の(ホグワーツ特急の始発駅である)キングス・クロス駅のシーンがすごく楽しみだよ。ちょうど今、子役をオーディションで選んでいるんだけど、そのシーンでは、きっと、とても変な気持ちになるんじゃないかな。最初のころを思い出して懐かしい一方で、このシリーズがもう終わるということでもあるし。動揺して悲しくなると思うよ。これから、今までやりたくてもできなかったことがやれたり、仕事のオファーに「あと2年は無理かな」みたいなことを言わなくて済むのはうれしい。でも、その反面、この10年、ここが第二の家だったから、当分、とても悲しくなりそうだよ。

Q:これから目標とする俳優はいますか?

ダニエル:(本シリーズでシリウス・ブラックを演じた)ゲイリー・オールドマンかな。一緒のシーンで、たくさんのことが学べたと思う。仕事の幅が最も広い俳優の一人だから、彼は何でもやれるんじゃないかな。あとはヒュー・ジャックマンとか。だって、『X-MEN』シリーズみたいな世界中の人が観るような映画の後に、舞台もやるんだから。ヒュー・ジャックマンだったか、それともガイ・ピアースか、どちらにしてもオーストラリアの俳優だけれど、そのどちらかが、「映画の合間に舞台をやることで、常にシャープでいられる」と言っていたインタビューを読んだことがあるんだ。それはまったく、その通りだと思う。映画は、舞台ほどには俳優として試されないから。

Q:あなたが出演しないハリー・ポッターを観てみたいと思いますか?

ダニエル:僕が出演しないなら、僕ができないようなことも含めて、何でもやれるだろうね(笑)。以前、5歳くらいの小さなかわいらしい男の子が「ハリー・ポッターをやってみたい」と言っていたんだ。それには僕も「10年後に来てごらん。リメイクを作るかもしれないよ」と答えた。どうなるかはわからないけどね。でも、もしもリメイクがあったとしても、すぐに参加したいとは思わないんじゃないかな。僕は僕のハリー・ポッターを長い時間をかけてやったし、大好きだったから。

■ルパート・グリント「ほんとうに面白い映画」

Q:この映画の一番の見どころはどこだと思いますか?

ルパート・グリント(以下、ルパート):たくさんのバトル・シーンがあるんだ。すごいよ。

Q:ラストシーンの感想を聞かせてください。

ルパート:(注:以下の回答には本作のストーリーに触れているところがあります)台本を読んだときはショックを受けた。でもきっと、本当に面白い映画になるんじゃないかな。キングス・クロス駅のシーンに登場する、19年後の自分の姿をを自分でも見てみたいと思うくらいだからね。

Q:俳優として、やってよかったと思うシーンはありましたか?

ルパート:ある場面で一人のキャラクターが横たわっていて、それが遺体だと認識するシーンだね。すごく奇妙な感じで、悲しかった。

Q:そのときの演技には納得されていますか?

ルパート:演じている側にとっても、本当に不安でたまらないシーンだ。実際そういう場面に遭遇したことがないから、観客にどう見えるのか、本当にわからない。

Q:ロンを演じることから、俳優として学ぶことが多かったようですね。

ルパート:ロンはどんどん複雑なキャラクターになって、いろいろな面が出てくるから、演じる方も自分をもっと追い込まなくてはいけなかった。身体的にも、以前にはなかったような、たくさんのスタントがあったし、走り回ったしね。でも、面白かったし、今は本当にロンを演じることができてよかったと思っている。

Q:ロンとも、本作でお別れですね?

ルパート:第1作で初めて演じてから、10年にもなるからね。人生の半分にあたる長い期間、ロンを演じてきたことになるから、それは寂しくなると思うよ。

■エマ・ワトソン「忘れ去られる女優は痛ましい」

Q:本作で ハーマイオニーともお別れですね。

エマ・ワトソン(以下、エマ):本当に悲しいわ。ハーマイオニーはわたしにとって、古い友達みたいなものだったから。

Q:今後の女優活動を考える上で、ハーマイオニーのイメージがつきまとうことはどう考えていますか?

エマ:みんなに同じことを聞かれるけど、そのことについてはまったく心配してないわ。ハーマイオニーは素晴らしいキャラクターよ。本当に、誰にも忘れてほしくない。

Q:これからも、「ハーマイオニーだ」と思われることがあると思います。

エマ:忘れ去られる女優は哀れだから、覚えていてもらえるのはうれしいと思うわ。それに、わたしはまだ成長もしているし、外見も変わっていく。すでに女優として完成しているわけではないものね。ものを知らないだけかもしれないけど、そのことについては本当に心配していないの。

Q:エマさんは女優業と並行して、大学にも通われていますね。学業と演技を両立していく上で、モデルとしている女優はいますか?

エマ:たくさんいるわ。ジョディ・フォスター、グウィネス・パルトロー、ヒラリー・スワンク、ケイト・ブランシェット、メリル・ストリープ、ナタリー・ポートマン……そういう人たちがわたしにとっての目標ね。でも、わたしは自分の勘に従って、自分の道を進むわ。

Q:ルパートさんが、「あなたとはあまり連絡が取れない」と言っていましたが、それは本当のことですか?

エマ:そうね。彼とは、もう二度と会うこともないわね……っていうのはうそよ、もちろん(笑)。わたしたちは一緒に大きくなったのよ。もうきょうだいみたい。連絡を取り合わないなんてことは有り得ない。

撮影の合間のインタビューに、出演シーンから息を弾ませるように出てきたラドクリフ。コートが脱げないほど肌寒かった撮影所で、ラドクリフは半そで姿でうっすら汗ばんでいるほどだった。『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』は、その撮影の気合が感じ取れる力の入った作品になっている。見終わった観客は、10年にわたる壮大なシリーズが完結したことに対する満足感の一方で、もうこの魅力的なキャラクターたちに会えないのかと寂しくなってしまうかもしれない。

(C) 2011 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. HARRY POTTER PUBLISHING RIGHTS (C) J.K.R. HARRY POTTER CHARACTERS, NAMES AND RELATED INDICIA ARE TRADEMARKS OF AND (C) WARNER BROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED

映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 Part2』は7月15日より全国公開

[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク