シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

特撮大好き少年、映画『レイダース』との出会い

1965年2月17日、カリフォルニア州ロサンゼルスで生まれたマイケル・ベイは、幼いころから8ミリ映画に興味を持ち、家の庭でオモチャの電車に花火をくくりつけて炎上させてはパニック映画もどきを撮影して喜んでいたそうです。ある日、その「撮影」が火事寸前までいって一大事! 消防車まで呼ばれる始末になり、両親からこっぴどくしかられ外出禁止命令が出された……なんて逸話が残っているほどです。

マイケル少年は、セレブの子どもたちが行くことで知られているクロスロード・スクールという私立高校に進学。ここで初めて見習いという立場で映画関係の仕事に携わる機会を得ます。仕事場はなんとジョージ・ルーカスのオフィス!! それも、映画『レイダース/失われたアーク≪聖櫃≫』の絵コンテを整理するという作業だったといいます。映画ファンにとっては何ともヨダレの出そうな仕事ですが、さすがセレブが通う名門高校! こういった機会も巡って来やすいのでしょう。

絵コンテだけを見ていた当時のマイケルは、「『レイダース』はヒットしない!」と思っていたそうですが、実際には空前の大ヒットを記録! 感銘を受けたマイケル少年はこのとき、映画監督になる決意を固めたといいます。

映画学科から世界のヒットメーカーへ

東海岸に渡り、ウェスリアン大学で英語学と映画学を学んだマイケルは、芸術学科の名門校・南カリフォルニアのアート・センター・カレッジ・オブ・デザインへと進み修士号を取得します。彼はこのころからメキメキと頭角を現し始め、卒業制作として撮影したCMではアメリカ海軍の空母をほぼ無料で撮影に使用させてもらい、壮大なスケールで出来上がったその作品は、やがてキャピタル・レコード関係者の目に留まります。そしてあっという間に、CM監督そしてミュージック・ビデオ監督としてのキャリアが軌道に乗り始めるのです。

そんな彼の活躍にいち早く目をつけたのが、やり手プロデューサー、ジェリー・ブラッカイマーとジェリーの友人兼ビジネス・パートナーの今は亡きドン・シンプソンでした。早速、マイケルはこの2人から映画『バッドボーイズ』の監督に抜てき。同作の大成功は、当時テレビスターから映画界への転身を図ろうとしていたウィル・スミスキャリアの起爆剤となったのでした。

その後は、『ザ・ロック』(1996)、『アルマゲドン』(1998)、『パール・ハーバー』(2001)、『バッドボーイズ2バッド』(2003)と続けさまに大ヒットを飛ばすベイ監督。ユアン・マクレガー主演のSF映画『アイランド』で少々スローダウンしますが、2007年、スティーヴン・スピルバーグと組んだ映画『トランスフォーマー』シリーズに着手することになり、ハリウッドの大人気監督、そしてプロデューサーとして成功の道を歩んでいくことになるのです。

マイケル・ベイVS. ミーガン・フォックスとその真相

わたしが映画のプロダクションで働いていたころ、独立製作の映画でベイ監督の撮影助手をしていた男性と一緒に仕事をする機会がありました。彼はベイ監督のことを非常に尊敬しているとよく話してくれたのがとても印象的でしたが、当時のベイ監督といえば、業界内では彼のハデな性格とハデな愛車(当時はイエローのフェラーリ!)が有名で、前述した彼のように昔から一緒に仕事をしていてベイ監督に敬意を抱く忠実なスタッフがいる一方で、ミーガン・フォックスが言い放ったように「独裁者!」と呼び、疎ましく思っている人たちとに二分されているような状況でした。

ミーガン・フォックスといえば、今回の最新作『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』でサムのガールフレンド役を降ろされてしまったのは皆さんもご存じの通り。そもそも、数年前に『トランスフォーマー』のオーデションがあった際、過去に別の作品のオーデションで落ちてしまったミーガンをベイ監督が覚えていて、「チャンスをあげたい!」とわざわざ声をかけてあげたのだそう。

それがきっかけでミーガンは『トランスフォーマー』のヒロインに抜てきされ、一躍スターダムにのし上がります。しかしシリーズ第2作の『トランスフォーマー/リベンジ』のころになると、撮影現場のスタッフに対してミーガンが取る横柄な態度が取りざたされるようになりました。そんな状況が悪化したのは『トランスフォーマー/リベンジ』公開直後のインタビューでのことです。ミーガンがベイ監督に対して、「マイケルは、撮影現場でまるで独裁者のヒトラーのようだわ」と口走ったからさあ大変! ミーガンのコメントは大きな波紋を呼び起こし、ついには『トランスフォーマー』シリーズの撮影スタッフ代表を名乗る3人からミーガンに対して、彼女がいかに不快で無知な女優かを3ページにわたってつづった文書がネット上で公開され、インターネットという公の場を舞台にした何とも醜いバトルに悪化してしまったのです。

ミーガンの『トランスフォーマー』シリーズからの解雇について、マスコミの中には、ベイ監督がミーガンのインタビュー内容にキレて彼女をクビにしたと報道しているところもあるようですが(ミーガンのマネージメントは、彼女が自ら辞めたと発表しています)、実際に彼女の解雇を決定したのは『トランスフォーマー』シリーズの製作総指揮を務めるスピルバーグだといいます。ミーガンがユダヤ系の多いハリウッドで(スピルバーグもユダヤ系なのは有名なお話)、自分を発掘してくれた監督をヒトラー呼ばわりしたという愚かさと、その無知な態度に情状酌量の余地もなしということでの解雇だったようです。

誤解されやすいけどホントはいい人!

確かにベイ監督は自分が働き者なだけにスタッフへの要求も厳しく、現場でも絶えずメガホンを持ち歩き、周囲の目を点にさせることも多々あるようです。

ただ、その一方でこういったエピソードもあります。ある日、いつも一緒に仕事をしているスタッフたちが、ベイ監督愛用のメガホンを発泡スチロールで本物そっくりに作り各スタッフに配りました。その日ベイ監督がセットに入ってくるとスタッフたちは、監督に向かって発泡スチロール・メガホンを投げつけたのです。もちろん、これはスタッフが仕組んだジョークで、ベイ監督は一瞬ビビった後に大ウケ! スタッフ共々大笑いの現場になったといいます。

この話から伝わってくるのは監督とスタッフたちの間にある連帯感です。要するにベイ監督は仕事に熱心になり過ぎるゆえ声も大きくなり、口調もキツくなってしまうものの、決して悪気はなく、そんな性格をわかっているスタッフにとって彼は、気は短いけど頼れる兄貴的な存在であるということなんです。

またハリウッドという「大企業」において、才能がなく短気なだけでは当然ながら仕事はなくなってしまいます……。ベイ監督の場合はどんな大作でも最高の出来で予定通りに仕上げ、映画ファンはもちろん、スポンサーもスタジオも満足させてくれます。クリエイティブなばかりか優秀なビジネスマンでもあるベイ監督は、ジェームズ・キャメロン監督らとも交友関係を持ち、巨匠スピルバーグに一目置かれる存在にまでなったわけです。

批評家たちが何と言おうと、マイケル・ベイ監督にはこれからも爆発シーン満載、アクション・シーンどっさりの究極娯楽映画を作り続けてほしいと思います!

About Addie

高校留学以来ロサンゼルスに在住し、CMやハリウッド映画の製作助手を経て現在に至る。アカデミー賞のレポートや全米ボックスオフィス考など、Yahoo! Japan、シネマトゥデイなどの媒体で執筆中。全米映画協会(MPAA)公認のフォト・ジャーナリスト。
日本語ツイッター始めました!→@akemi_k_tosto

ついに左肩の手術をする羽目に。ムチャクチャ痛いっ。左腕使えないから、原稿打つのに丸1日&痛み止めドッサリかかりました……。

[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク