シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

人生何が起きるかわからない!あなたの5年後の生存率は?診断

映画『(500)日のサマー』ジョセフ・ゴードン=レヴィット主演の難病エンターテインメント『50/50 フィフティ・フィフティ』。本作の主人公は、5年生存率50%の余命宣告をされてしまう青年アダム。生きるか死ぬか半々の難病だけど、ナンパだってしたいし恋もしたい! そんなアダムの健康状態を参考に、あなたの5年後の生存率をチェック!

アダムの場合

【病名】悪性のがん(5年後の生存率50%)

アダムは、ラジオ局で働く27歳の青年。酒もタバコもやらないし、朝のジョギングは欠かさない。しかも、ジョギング中は赤信号できちっと止まるほどきまじめな性格。そんな彼が、ある日腰痛で病院を訪れると、悪性のガンで5年後の生存率は50%と診断されてしまう。まさかの余命宣告にビックリ仰天!

アダムのように、人生、いつ何が起きるかわかりません!
まさかの事態で後悔しないように、今すぐ5年後の生存率を診断してみましょう!
診断開始!
本診断はあくまで目安の1つです。健康管理には十分気をつけましょう。
(c)2011 IWC Productions,LLC
[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク