シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
役所広司&小栗旬&沖田修一監督
『キツツキと雨』
役所の思わぬ「動き」を、小栗も監督も絶賛!
『キツツキと雨』役所広司&小栗旬&沖田修一監督 単独インタビュー

取材・文:斉藤博昭 写真:吉岡希鼓斗

役所広司、小栗旬という日本映画には欠かせない二人の俳優に、『南極料理人』の沖田修一監督と、映画ファンにとっては最高のコラボが実現した。この『キツツキと雨』は物語もとてもユニーク。山間の村で新人監督がゾンビ映画を撮っていたが、ひょんなことから撮影に協力することになった地元の木こりによって、現場の団結力が深まっていく……。絶妙なユーモアと、心をほんのりとさせる感動がどう作られていったのか。主演の役所広司と初共演の小栗旬、そして監督が撮影現場でのエピソードや作品への思いを振り返る。

■繊細? こだわり? 監督の演出は初共演二人にも新鮮だった

Q:役所さん、小栗さんとも、これまでの映画とは違うイメージが引き出されていました。沖田監督の演出によるものでしょうか?

小栗旬(以下、小栗):沖田監督は、意外にこだわりの多い人でしたね(笑)。特に「何が悪い」と指摘するわけじゃないんですけど、「じゃあ、もう1回」というのが何度もありました。それが沖田さんの演出法で「ちょっと違う」という感覚にこだわる人だったんです。

沖田修一監督(以下、監督):「どこが違ってた?」と聞かれても、うまく答えられないんですけど(笑)。ただ、変に理由をつけて撮り直すと、それはそれで混乱させてしまうので、単純に「もう1回撮りたい」と思ったら、素直にそう指示を出していただけで……。

役所広司(以下、役所):確かに監督の言う通り、「ここを、こういうふうに変えて」って指示されると、役者ってそこだけを意識しちゃうんですよ。かえって行き過ぎたりすることもある。自分が今やったことがうまくいってないのは、役者としてもどこか気付くもの。そこで監督に「もう1回」と言われると、何か違うと自分で考えるわけです。そこは沖田監督の繊細なところで、微妙な芝居を見てくれていたんだと思いますね。

Q:役所さんも小栗さんも監督経験がありますが、今回の沖田監督の演出をいつか取り入れたいとは?

役所:僕もあれこれ理由をつけないで、堂々と撮り直しをしようかと思いました(笑)。

小栗:「どこをどう変えるってわけじゃないけど、もう1回お願いします」って感じで(笑)。

監督:客観的に見ると、僕が相当ひどい人みたいじゃないですか……(苦笑)。

■役所のゾンビメイクに小栗も大感激!

Q:小栗さんの役は悩める新人映画監督です。ご自身が監督を務めた経験と、何か共有できる部分があったのでは?

小栗:確かに僕も映画を撮っているとき、現場から逃げたくなる瞬間があって、(演じた)幸一の気持ちはよくわかりましたね。でも幸一に関しては、プロの現場で監督するのは初めてという設定だったので、僕の「経験」を持ってこられる感じではなかったです。逆に、まっさらな気持ちで演じようと思いました。

Q:役所さんも『ガマの油』を撮っているときに、逃げ出したいと思ったりは?

役所:僕の場合は、役者としても出演していたので、いっぱいいっぱいで逃げ出したいどころじゃなかったですね。撮影を消化していくことで精いっぱい。「あぁ、もうこんな時間になってしまった」と思う毎日で……(笑)。

Q:今回、役所さんがゾンビの姿で登場したのは驚きでした。

小栗:すごく、すごーく、面白かったです。一緒に写真を撮ってもらいました(笑)。

役所:ゾンビのメイクも、お任せでお願いしました。台本を読んだときから、ゾンビのシーンは(ここで急に語調を高め)楽しみにしていました! 自分がゾンビメイクをする前に、ゾンビ役のほかの人たちがいっぱいいて、彼らを見ているだけでおかしくて。ゾンビが並んで弁当を食べていたり、お茶飲んでいたり(笑)。

監督:役所さんのゾンビメイクなんて、なかなか見る機会もないだろうと、つい台本に入れちゃったんです(笑)。

■今度は監督に僕らの作品に出演してほしい!?

Q:役所さんと小栗さんに任せてよかったと思ったのは、どんな瞬間でしたか?

監督:映画全体を僕自身も気に入っていて、本当に各シーンで二人に演じてもらってよかったと思っています。(温泉の)風呂場のシーンで、最初は役所さんが小栗さんに近づいていき、終盤の同じシーンでは小栗さんの方から近づいていく。この辺り、その場で作っていく感じが満足できましたね。

小栗:役所さん、超うまいんですよ! お湯の中でスルーッと近付いてくるのが(笑)。

役所:(下半身が)見えちゃいけないから、高さを変えずにそのままスーッという感じで。ああするしかなかったんだけど(笑)。

監督:台本では、幸一が入口で見ているだけという設定だったんです。

小栗:「(風呂場に)入るに入れない幸一」でした。

監督:それが二人のおかげで広がった感じですね。

Q:役所さんと小栗さんは、今回の共演での印象は?

役所:小栗くんは芸歴も長い。役者という仕事に悩みつつも、まじめに考えている人だと改めて実感しました。雑談しているとき「役者に向いているかどうかもわからない。これからどう仕事していくべきか」なんて語り合いましたよ。それなのに、そういう悩みは外に出さない。大人ですね。

小栗:役所さんに「役者を辞めようと思ったことはありますか?」と聞いたら、「ずっとオレは合わないと思っているんだよ」と返されて……。

役所:こうして続けていると、「次はうまくいく」って思える。それが役者という仕事の「毒」なんでしょうね。

監督:僕としては、撮っても撮っても、撮り足りない現場だったので、またこの二人と仕事できたらうれしいです。

役所:じゃあ次は幸一が出世して「テング」になっちゃったというのは?

小栗:偉くなって故郷に錦を飾る!

役所:全然、話が変わってきちゃうね。

監督:いやそれより、今度は二人の監督作に僕を出演させてください(笑)。

役所:「どこが悪いわけじゃないけど、取りあえずもう1回やって」と指示しますよ?

監督:すみません、冗談のつもりで言ったんですけど……。

小栗:いや、僕もぜひ沖田監督を演出したい。本当に面白いキャラクターですから(笑)。

『キツツキと雨』の見どころは、二人の役へのハマリ具合と、彼らの絶妙なやりとりだが、取材を受ける役所広司と小栗旬も、会話の「間(ま)」から強い信頼感が伝わってきた。年齢は離れていても、一人の俳優として相手をリスペクトするその姿勢は、なかなか間近で見られるものではない。そんな二人に、やや「いじられる」部分もあった沖田修一監督だが、こうしたリラックスした関係が、面白い現場の状況を生み、素晴らしい映画を作るのだろう。『キツツキと雨』のラストシーンの温かい余韻は、この三人のきずながもたらしたのだと納得させられた。

映画『キツツキと雨』は2月11日より全国公開

[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 2月
  4. 9日
  5. 『キツツキと雨』役所広司&小栗旬&沖田修一監督 単独インタビュー