シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

もう犯罪ギリギリ!? 2人のCIAトップエージェントが“職権乱用”バトル!原因は、彼女がカブった!???

大の親友で数々の危険なミッションを遂行してきたCIAトップエージェント、FDR(クリス・パイン)とタック(トム・ハーディ)のコンビ。性格もバックグラウンドも違う二人が好きになった女性はなんと同じ女性だった! 突然“モテキ”に突入したアラサーの女性ローレン(リース・ウィザースプーン)を巡って争奪戦はどんどんエスカレート! CIAのあらゆる諜報(ちょうほう)テクニックを駆使した、史上最大の“職権乱用”バトルが始まった! 『チャーリーズ・エンジェル』『ターミネーター4』マックG監督が贈る、GW最強のデートムービー『Black & White/ブラック & ホワイト』。最高にロマンチックでアクション満載のエンターテインメントで巻き起こる<彼女争奪>ミッションとは!?

【3人の危険な関係】

情熱派スパイ:FDR=<イーサン・ハント>タイプ
『ミッション:インポッシブル』のイーサン・ハントのごとく頭脳明晰(めいせき)で戦略にたけ、常に不可能な任務に挑む行動派スパイ。ルックス抜群&自信家で、独身ライフをおう歌中!
知的派スパイ:タック=<ジェームズ・ボンド>タイプ
まじめで優しい紳士だが、格闘技に優れたスマートな知的派スパイで、『007』のジェームズ・ボンドと同じイギリス出身。CIAであることを隠していた元妻と、最近疎遠になりつつある息子がいる。
“モテキ”到来の普通のOL
一流企業で商品テストを担当するOL。美人で仕事もできるが、失恋を引きずり恋には不器用。最近、新しい恋を見つけようと焦っている。
<FDR=イーサン・ハントVSタック=ジェームズ・ボンド>

作戦1→犯罪ギリギリ!? 精鋭チームで好みをリサーチせよ!

FDRの作戦は……

「重要任務」と偽って、招集した部下たちに標的=ローレンの情報を徹底収集させる。さらに自ら彼女の家に忍び込み、盗聴器、監視カメラなどを仕掛けて趣味や友人関係に至るまで私生活を徹底分析!

タックの作戦は……

有能な部下たちにローレンの好きなものから最近寝た男まで、あらゆる情報を極秘に収集させる。自らも家に侵入して赤外線や監視カメラまで仕掛けた上に、なんとCIAの衛星を使ってデート中のFDRとローレンを追跡!

作戦2→彼女の好みに合うデートで積極アプローチせよ!

FDRの作戦は……

ローレンが好きな画家のコレクションを見せて自分も同じ趣味と偽装。しかし、盗聴で「すてきだけど自己中心的」という評価を知ると、一緒に動物保護施設へ行き、捨て犬を引き取り、チャラいイメージをなくして、責任のある姿勢をアピール!

タックの作戦は……

一緒にいて楽しい自然体イメージを演出するため、遊園地でデート。しかし「優しいけどまじめ過ぎて退屈」という自分の評価を知ると、ワイルドでたくましい意外な一面を強調するべくサバイバルゲームに連れていき、己の強さをアピール!

作戦3→相手のいいムードは徹底的に妨害せよ!

FDRの作戦は……

タックとローレンのドライブを小型無人飛行機で追跡して監視、タックの自宅で二人がいいムードになると、火災報知機のスプリンクラーを遠隔作動。部屋を水浸しにして二人の接近を妨害!

タックの作戦は……

FDRの元カノを部屋に向かわせて浮気させようと画策。またFDRの家にやって来たローレンを監視し、二人がいいムードになると、ローレンが部屋を離れた隙にスナイパーライフルでFDRに麻酔を狙撃!

“職権乱用”しまくりのスパイVSスパイの彼女争奪戦はエスカレート! 果たして勝利の女神がほほ笑むのは……? だが、そんな3人に予想外の危険が待ち受けていた! 結末は劇場でCHECK!
豪華賞品が当たる!<#白黒つけろ>キャンペーン実施中!
(C) 2012 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.
[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 4月
  4. 6日
  5. 『Black & White/ブラック & ホワイト』特集:もう犯罪ギリギリ!? 2人のCIAトップエージェントが“職権乱用”バトル!原因は、彼女がカブった!???