シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
シネマトゥデイが選ぶ 今月の5つ星

ウィル・スミス&トミー・リー・ジョーンズ共演の人気SFシリーズ10年ぶりの新作、ティム・バートン監督&ジョニー・デップが8度目のタッグを組んだダーク・ファンタジー、ジョージ・クルーニーがアカデミー賞候補になった家族ドラマなど、えりすぐりのラインナップを紹介。

5月12日公開 ド派手な見せ場をドッサリ詰め込んだ恐るべきインド製SF映画 『ロボット』 作品情報

インドから『トランスフォーマー』も真っ青のロボット映画がやって来た! 何がスゴイって、全編にほとばしる異様なテンションの高さ、そして「SF、アクション、ロマンス、友情……とにかく詰め込めるだけ詰め込んでみました!」という過剰なまでのサービス精神。天才博士が感情を持つロボットを発明。しかし、そのロボットが博士の婚約者に恋したことから悪の道に。いつしか博士とロボットは敵対関係へと転じ……と、ストーリーは至ってシンプルだが、奇想天外な攻撃を仕掛けるロボットのミラクル大作戦に興奮しっぱなし。数百体ものロボット軍団が球体、ヘビ、ドリル、巨人へと姿を変えるクライマックスには爆笑、あっけにとられながらも、次はどんな技を繰り出すのかとワクワクさせられる。『マトリックス』『ターミネーター』など数々の名作SF映画へのオマージュ(あるいはパクリ)は、SF映画ファンにはたまらないだろうし、見終えたあと話が大いに盛り上がること必至のデートムービーとしておススメしたい。(編集部・石井百合子)

『ロボット』©2010 SUN PICTURES, ALL RIGHTS RESERVED.
Go to Top
5月18日公開 ジョージ・クルーニーのダメおやじっぷりが等身大の共感を誘う 『ファミリー・ツリー』 作品情報

ここまで三枚目のジョージ・クルーニーをかつて見たことがあっただろうか? 本作は、ハワイ在住の作家 カウイ・ハート・ヘミングスのデビュー作「The Descendants」を原作に、映画『サイドウェイ』でアカデミー賞脚色賞を受賞し、本作でも同賞を受賞した名匠アレクサンダー・ペイン監督が長編としては7年ぶりにメガホンを取ったコメディー要素のあるヒューマンドラマ。ジョージはカメハメハ大王の子孫で弁護士の主人公マットを演じているのだが、仕事人間で、ほったらかしにしていた家庭と向き合わざるをえない状況が、意識不明となった妻の事故という形でやってくる。言うことを聞かない年ごろの娘と幼い妹に振り回されながらも、何とかきずなを取り戻そうとする最中、妻が浮気をしていたことが発覚。家庭崩壊の危機に直面し、「あー、もう!」と感情むき出しでダメなおやじぶりを熱演するジョージがどこかかわいいのだ。雄大で美しいハワイのロケーションとは対照的ともいえる、複雑な事情を抱えた人間味あふれるキャラクターづくりに成功したジョージの演技あってこそ、作品の根底に流れる感動が浮き彫りになる。娘役のシェイリーン・ウッドリーアマラ・ミラーが原石の輝きを放ち、涙を誘う熱演を披露しているので、ハンカチのご用意を!(編集部・小松芙未)

『ファミリー・ツリー』© 2011 Twentieth Century Fox
Go to Top
5月19日公開 おもちゃ箱のようなきらめきに満ちたバートンの怪奇ワールド 『ダーク・シャドウ』 作品情報

ジョニー・デップティム・バートン監督が8度目となるタッグを組んだ本作は、バートン監督の集大成といえる怪奇趣味全開のヴァンパイアもの。フリークスゆえの悩みや家族のきずなといった、これまでの作品で核となっていた要素がこれでもかと詰め込まれているのに加え、舞台となっている1970年代当時のロック・カルチャーからの引用が随所に織り交ぜられているのもポイント。そうした視点からだと、ヴァンパイアの蒼白な顔色は白塗りメイクを思わせ、血液を入れ替えるエピソードはザ・ローリング・ストーンズを連想させる。そして、アリス・クーパーのカメオ出演! テレビシリーズのリメイクであることも含め、1958年生まれのバートン監督が思春期に好きだったものをとにかく集めたかのように雑多で、それでいておもちゃ箱のようなきらめきに満ちた本作。近年のバートン作品は物足りないと思っていた人にこそ観てほしい作品だ。(編集部・福田麗)

『ダーク・シャドウ』©2012 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED
Go to Top
5月26日公開 低迷気味のオーウェン・ウィルソンがアレン作品で完全復活 『ミッドナイト・イン・パリ』 作品情報

ハリウッドで成功を収めたものの、いろいろと悩みを抱えている主人公の脚本家が、崇拝する芸術家たちが生きていた1920年代のパリにタイムスリップするというストーリー。本作の特徴として1920年代に主人公が導かれるまでの流れが美しいことが挙げられる。また、オーウェン・ウィルソン演じる主人公が稀代の芸術家や作家に対し子どものように胸をときめかせるさまも、もし普通の人が実際にあこがれの歴史上の人物と遭遇したら、こんな感じになるだろう……と思わせる、観客の代弁者を務め上げている。一時自殺未遂騒動で、今後の展開が危惧(きぐ)されたオーウェンの実質的な復帰作と呼んでも過言ではないかもしれない。また冒頭のパリの風景をはじめ、1920年代の古風な景色や衣装など、ウディ・アレン監督のパリ愛がスクリーンからにじみ出てくるようだった。本編全体からすると出番が多くはないが、主人公の婚約者を演じるレイチェル・マクアダムスのかわいらしい演技にも注目してほしい。(編集部・小林裕介)

『ミッドナイト・イン・パリ』Photo by Roger Arpajou ©2011 Mediaproduccion, S.L.U., Versatil Cinema, S.L.and Gravier Productions, Inc.
Go to Top
5月25日公開 JとKの意外な秘密が明かされる新展開にワクワク&ニンマリ 『メン・イン・ブラック3』 作品情報

地球で暮らすエイリアンを監視する秘密組織がテーマのアクション・コメディー、およそ10年ぶりの続編。ある日突然過去に死亡したことにされてしまったエージェントK(トミー・リー・ジョーンズ)を救うため、相棒のJ(ウィル・スミス)が40年前にタイムスリップ。1969年のアメリカを舞台に、名コンビの活躍が描かれる。タイムスリップという題材を選びながらも、ストーリーはシンプルでわかりやすくまとまっている。Kがどうしてあんなにカタブツな性格で、なぜJをスカウトしたのか、といった謎にも答えが用意されており、鑑賞後には1作目を見直したくなること必至。全然コンパクト化されていないメン・イン・ブラックの装備類など、当時の技術を反映した描写も笑いを誘う。若き日のKを演じたジョシュ・ブローリンの演技は、しぐさや話し方までトミー・リーそのもの! そのため、過去の話が中心ながら、これまでと変わらぬ名コンビの活躍を見ている気分。実は久々の主演作公開となるウィルが、スクリーン上で暴れ回る姿が見られるのもうれしいところ。(入倉功一)

『メン・イン・ブラック3』Photo by WILSON WEBB - © 2011 Columbia Pictures Industries, Inc. All rights reserved.
Go to Top
[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 5月
  4. 17日
  5. 第40回『ロボット』『メン・イン・ブラック3』『ダーク・シャドウ』『ファミリー・ツリー』『ミッドナイト・イン・パリ』