シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

不良男至上主義! これぞ究極のイイ男 ~勝手に覆面座談会開催~

元不良男たちの戦いを熊切和嘉監督がアクション満載で描くヒューマンドラマ『莫逆家族 バクギャクファミーリア』。友情に厚く、命を懸けて家族を守ろうとする主人公・火野鉄を演じるのは、本作が映画単独初主演となるチュートリアル 徳井義実。共演には林遣都阿部サダヲ玉山鉄二大森南朋ら実力派が勢ぞろいした。鉄パイプ片手に暴れ回り、真正面からぶつかり合う男たち。強く優しく不器用な不良たち(=究極のイイ男)の魅力を、この作品にほれ込んだ3人の男女が語ります!

座談会参加メンバーはこちら!

元ヤン30代女子
元足立区のヤンキー少女。特攻服は実家に保管中。
お嬢様系20代女子
杉並の豪邸で育った生粋のお嬢様。暴力とは無縁の人生。
30代男性会社員
真面目な学生生活を送っていたが、ヤンキーはひそかな憧れ!

座談会参加メンバー

愛情をこぶしにぶつける、不器用な男たち!

かつて最強といわれた元暴走族総長・火野鉄(徳井義実)。現在は建設作業員として働き、感情を押し殺した生活を送っていた。だが彼はある事件をきっかけに、かつての自分に戻ることになる。そんな鉄が、林遣都演じる反抗期の息子・周平を初めて殴りつけるシーンに、胸が熱くなったと話すのは30代男性会社員。「こぶしは男のコミュニケーション! 不器用だからこそ、愛情をこぶしにぶつける。知らんぷりしているようで、しっかり子どものことを見ている。そういうおやじってカッコいいですよね」と大興奮!

父から息子への愛の鉄拳。お嬢様系女子からは「どうしてすぐ殴り合っちゃうの?」という声も。

大切な者を傷つけられたときはとことんやる! それが不良の神髄だ

五十嵐(村上淳)と緒方(新井浩文)は子どものころから養護施設で育ち、同じ境遇の下、固い絆で結ばれていた。緒方が自らの命を懸けて五十嵐を守ろうとするシーンは、敵役とはいえ観る者の心を打つ。「不良はいつまでたっても不良。守るべきものを壊されたときは、とことんやるのが本物!」と断言するのは元ヤン女子。「鉄たちもまた、親友や家族、大切な者を傷つけた相手を容赦しない。そんな彼らの姿に胸が熱くなりました」と不良の心意気にマジぼれした様子。

命懸けで大切な者を守る。「五十嵐と緒方の友情に泣けた」と男性会社員。

キャスト陣の不良ファッションがアツい!

徳井をはじめ、村上淳、新井浩文、井浦新、元BLANKEY JET CITY 中村達也らが着こなす不良スタイルは、しびれるほどにカッコイイ。見事な刺しゅうが入った特攻服、土木現場で働く鉄の寅壱ファッション。本作で初めて金髪にした徳井は、寅壱をうまく着こなすことを役づくりの目標の一つにしたという。お嬢様系女子からは「働く男って魅力的。ニッカポッカって、男くささが5倍になる気がします! 性別を問わず夢中にさせる不良ファッションって最高にかっこいい!」とまさかの大絶賛!

俳優陣それぞれに決めた不良スタイル。元ヤン女子は「寅壱は男の勲章なの!」と息巻いた。

[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 8月
  4. 31日
  5. 強い“漢”至上主義! これぞ究極のイイ男 ~勝手に覆面座談会開催~