シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

美しすぎるアメリカ総合格闘技界の女王 タフ&エロな最強女スパイのスゴ技検証~豪華イケメンキャストの証言付き!~

アメリカ総合格闘技界の女王、ジーナ・カラーノが美人スパイのマロリーを快演するアクション『エージェント・マロリー』。男顔負けの超絶戦闘能力とたぐいまれな美貌を駆使し、巨大な陰謀と黒幕に挑んでいく彼女のタフさとエロさは、スパイ映画史上最強といっていいほど。そんなマロリーのトンでもないすごさを、彼女にメロメロ&ボコボコにされたイケメンキャストの証言も交えて検証しちゃいます!

戦術編容姿編恋愛編

【戦術編】戦闘能力は男顔負け! 関節技の殺傷力はハンパない

もはや戦闘マシン。関節技をかけられたら最後! 米軍の精鋭が集う海兵隊出身だけに、体力、気力、戦力はハイレベル。銃を撃てば百発百中、殴って蹴れば一撃必殺と、常に殺(や)る気満々なのもコワい。特に、相手の腕を簡単に折る腕十字固め、数秒で昏倒(こうとう)させる股での首絞めと、関節技の殺傷力はハンパじゃない! 作戦立案や情報収集も用意周到で、彼女に狙われたら即アウト。

証言者のコメント:まさに人間兵器! CIAにも見当たらない逸材だけに、スカウトしよっかな。By ロリーに仕事を依頼する米国政府のフィクサー、コブレンツ(マイケル・ダグラス)証言者のコメント:過酷な任務で満身創痍(そうい)かと思っていたが、逆に敵を半殺しにしとる……娘とはいえ怖い!By 娘の身を心配する父親ジョン(ビル・パクストン)

【容姿編】ムッチリ&ガッシリのメリハリボディーで男はイチコロ

ムッチムチのボディーで男どもを片っ端から悩殺。眼光の鋭さは、殺伐とした世界を生きてきたことを物語っている。一見、セクシーだけど激闘を繰り返してきたせいで筋骨隆々。そんなシャープな容姿がクール美女としての魅力を漂わせ、メリハリ全開のボディーは何を着たってさまになる。ドレスをまとった姿は屈強なエージェントとは思えないほどエレガントで、銃や拳を使わずとも男はイチコロ!

証言者のコメント:女スパイなんてゴリラみたいなヤツばっかだと思っていたけど、美しいボニータじゃん。口説くぞぅ~。By マロリーのミッションに関わるスペイン政府関係者ロドリゴ(アントニオ・バンデラス)証言者のコメント:爆裂ボディーでタマらん。Mッ気のある俺としては、あの股で絞められたい。ハァハァ。By マロリーの夫を装うフリーランス諜報員、ポール(マイケル・ファスベンダー)

【恋愛編】まどろっこしい駆け引きは苦手。まずはセックスよ!

チマチマした恋よりもガツンとしたHが好き。イメージまんまで、色恋に関してもイケイケガンガンなスタイルを貫く。ハードなミッションを終えると、そのストレスを発散させるかのように男にガブッと食らいつく。率先して相手のベルトを外し、ズボンを引きずり下ろそうとする様子は、まさにアニマル! 恋愛で心を満たすよりも、取りあえずセックスで性欲を満たしたい豪快さがイイ。

証言者のコメント:“仕事あがりの一発”好きだとにらんでたけどビンゴ! ガッツリ、いかせていただきました。By マロリーと任務を共にするフリーのスパイ、アーロン(チャニング・テイタム)証言者のコメント:美しい上に強いなんて、もう言うことないよね。絶対に手放さないぞ……!By マロリーを雇う民間軍事企業の経営者ケネス(ユアン・マクレガー)
(C) 2011 Five Continents Imports, LLC. All rights reserved
[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク