シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
篠原涼子&香川照之
『ONE PIECE FILM Z ワンピース フィルム ゼット』
新たな挑戦が生み出した、個性の光るキャラクター
映画『ワンピース フィルム ゼット』篠原涼子&香川照之 単独インタビュー

取材・文:神武団四郎 写真:金井堯子

大ヒットアニメ劇場版最新作『ONE PIECE FILM Z ワンピース フィルム ゼット』。今作ではルフィら麦わらの一味の前に、元海軍大将ゼット率いるNEO海軍が立ちはだかる。ゼットの腹心で能力者でもある女戦士アインと、忍者のようなビンズの声を演じたのが篠原涼子と香川照之。本格声優初挑戦の篠原と、声優経験の豊富な香川は個性派キャラにどう命を吹き込んだのか? 家族の反応から意外なダメ出しまで、その舞台裏を明かす。

■大ヒットシリーズ参加への意外な反応

Q:声優としてオファーを受けたときの感想をお聞かせください。

篠原涼子(以下、篠原):声優はずっとやりたかったお仕事なので、すごくうれしかったですね。とても人気のある作品ですからプレッシャーもありましたが、ぜひやらせてくださいとお願いしました。

香川照之(以下、香川):漫画を読まない年代になり、読まなきゃだめだと思いながら挑戦できずにいた大きな壁の一つが「ONE PIECE」だったんです。うちの子どもが大ファンで、ちょうど一緒に原作を読もうと決めた時期にオファーを受けました。すごい偶然だと思いながら、この先に声優をするんだと楽しみながら読めました。

Q:お二人ともお子さんが「ONE PIECE」のファンだそうですが、反応はいかがでしたか?

篠原:うちの子はナミが大好きなので、彼女が出るかどうかを一番気にしていましたね。ナミの初登場シーンはビキニの胸のアップで、映画を観たときは「あっオッパイ!」って最初からすごく興奮して。アインはどうだったって聞いたら、「ママすごいね、カッコイイ」のひと言だけでした(笑)。

香川:うちはゾロが好きで、「ONE PIECE」に出演すると聞いて「原作の尾田栄一郎さんの家に行っていろんなグッズをもらいたい」って。尾田さんとお会いしたときにフィギュアを何体かいただいたんですが、さっそく机の上に並べまして、まねして自分で刀をくわえています(笑)。

■声だけで演じることの面白さと難しさ

Q:長峯達也監督から何か要望や指示などはあったのでしょうか?

篠原:まず最初に言われたのは、あまり役をつくらずに篠原涼子の雰囲気で演じてくださいということでした。本当は、これまで出したことのない声で演じてみたいと思っていたんですけど(笑)。わたしの声で選んでいただいたんですから、わたしらしさを出さなくちゃって。でも、それが一番難しかったですね。

香川:自分が思っている1.5倍くらいのボリュームでやらないと、「ONE PIECE」という世界は埋まらないんだってことですね。収録のときも、もっとオーバーにしてくださいとか、強調してください、一回自由にやってみましょうなどいろいろと試しました。振り幅を広くするような指示が多かったと思います。

篠原:完成した映画を観てすごいと思ったのは、香川さんが演じているとわかっていても、どうしても香川さんの声に聞こえないこと。自分を消すというより、ビンズになりきっているんです。わたし、目標がそれだったんですよ。実は一度「プリキュア」みたいに「アハ!」とやってみたんですけど却下されました(笑)。

香川:だいたい僕の場合、ああなっちゃうんですよね。何やっても自分がどっかに行っちゃう(笑)。

Q:声だけの演技は、いかがでしたか?

篠原:普段は表情や体の動きとのバランスの中で表現しているので、声だけを映像に合わせるのが難しかったですね。ときにはオーバーに声を出すなど初めての経験が多くて、そういう意味では冒険をする楽しさもありました。

香川:この作品自体、普通に言葉をしゃべるのと同じくらいの分量で、ウォーとかアーとか擬音語のようなセリフがあるんです。等身大の人間をはるかに超えたつわものどもが、ものすごいスピード感で動き回るところに声を合わせるのは、大変であり面白さでもありました。技術的には後から自由に声のタイミングを変えられるんでしょうが、できるだけ生の現場で合わせていくのは一つの挑戦でした。

■お約束の上に成り立つ世界観が魅力

Q:完成した映画はいかがでしたか?

香川:これまで以上にワイルドな、そしてスピード感あるアクションが多いなってことですね。映画シリーズも歴史を重ねて12作目、それをわかった上での展開ですからストーリーにもブレがない。とにかく派手で面白い映画になっているなと思いました。

篠原:わたしもとても楽しめました。ただ、同じことを繰り返すようですが、あの世界の中に自分の声が入っているのを聞いて、違和感じゃないですが何か不思議な感じがしましたね。テレビで観ていたあのアニメの世界で、なんで自分の声が流れているんだろうって。

香川:でも、とても自然でしたよ。アインは外見を含めすごくかわいらしいから、監督は最初から篠原さんのイメージを狙っていたんだと思います。

篠原:最初の頃は篠原さんの声でと言われてとても恥ずかしかったんです。自分の声で合うんだろうか、アインの声を聞いてわたしの顔が浮かんだらどうしようとか、そんなことばかり考えていました。一度そんな思いを捨てて演じてみてから楽しくなって、最初からそうすればよかったなって。

Q:お二人から見た「ONE PIECE」の魅力とは何でしょうか?

香川:“死なない感”がいいんじゃないですかね。どんなことをやってもルフィは死なないとわかっているので、それを前提に次はどれだけピンチになるか、キツイ一撃を受けるのか観たくなる。もちろん物語の裏側にある友情や諦めない気持ちも大切なテーマだけど、漫画的な側面としてはそれが一番。どんだけハードル上げてんだ、どんだけぶっ飛ばされてんだっていうところでしょう。

篠原:わたしも安心して観られることですね。子どもの頃から読んだり観たりしてきた漫画やアニメには、誰かが死んで終わりという最後に悲しい気持ちになる作品が多かったと思うんです。でも「ONE PIECE」は、死なないんだって安心して観られるところが好きです。人と人の絆もメッセージとして織り込まれているので、温かな気持ちにさせてくれるところもいいですね。

■演じた役そのままの能力者になりたい!?

Q:今回お二人は能力者役ですが、実際どんな能力を得られる実があれば食べてみたいと思いますか?

篠原:わたしは役のまま、若返りの実モドモドがいいです。

香川:僕もそのままモサモサの実で。だって植物が生えるっていいことですよ。その能力で地球に緑を増やしちゃう。やっぱり特別な力は自分のために使っちゃいけないと思います。

篠原:香川さん、うまく逃げましたね(笑)。

香川:その美しさを保つために使うなら、許されると思います(笑)。

Q:ストーリー、アクション共に見応えある作品ですが、どんなところに注目してほしいですか?

篠原:わたしが演じたアインが所属するNEO海軍がどんな戦いを見せるのかを楽しみにしてほしいです。彼らの戦い方はルフィたちとはまったく違います。後半の戦いはスピード感ある見せ場になっているので、ぜひ劇場で味わってほしいですね。

香川:『ONE PIECE FILM ワンピースフィルム STRONG WORLD』で尾田さんが製作総指揮として入られたときに、あまりに大変でもうやりたくないと言われたそうですが、今回も総合プロデューサーとして入られました。かなり気合を入れられたんだろうと思います。ストーリー的にも「頂上戦争」が終わり、第2章である「新世界編」を描いた最初の劇場版。今後アニメ版がどう展開してゆくのか、その第1ステージとしても楽しんでいただければと思います。

志を同じくするキャラを演じた二人は、「アンフェア」で元夫婦を演じていただけに息もぴったり。写真撮影中から家族や子どもの話で盛り上がり、インタビューでも互いの役をフォローし合う、見事な連係プレーを見せた。麦わらの一味を苦しめる役どころだが、フレンドリーな二人の姿は、敵味方の境なく仲間の絆を軸に展開してゆく「ONE PIECE」の魅力をそのまま表していた。

映画『ONE PIECE FILM Z ワンピース フィルム ゼット』は12月15日より全国公開

[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク