シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
うわさの現場潜入ルポ
アメリカのドラマのキャストがずらり勢ぞろい! 合同記者会見に潜入!の巻
うわさの現場潜入ルポ
取材・文・写真:こはたあつこ

最近アメリカでは、テレビドラマの数が半端じゃないんです。次から次へと登場する質の高いドラマの数々。不況も手伝い、外出するよりも家でテレビを見た方が安上がりと、テレビ人口も急上昇。というわけで、今回はアメリカのドラマのキャストとスタッフが勢ぞろいし、一日がかりで行われる「テレビドラマの合同記者会見」に潜入!

巨大な合同記者会見!
「ミストレス(原題) / Mistresses」のアリッサ・ミラノ-(C) ABC Studios
「ミストレス(原題) / Mistresses」のアリッサ・ミラノ-(C) ABC Studios

潜入したのは、アメリカの主要ネットワークABCテレビの合同記者会見。ロス近郊パサデナ市のゴージャスなホテルで開催されました。品の良いロビーを経て大ホールに入ると、うーん、圧巻。ものすごい数の記者が出席しています。そして、前方の壇上には、今日のラインナップの一つ、「レッド・ウィドウ(原題) Red Widow」というドラマのキャストとスタッフが会場の記者の質問に答えています。後方からは、キャストの顔が豆粒にしか見えないほどの巨大な会場。

「レッド・ウィドウ(原題) Red Widow」のキャスト一同。華やか!-(C) ABC Studios
「レッド・ウィドウ(原題) Red Widow」のキャスト一同。華やか!-(C) ABC Studios

今回はテレビドラマ8作品の会見が行われました。1作品に30~45分が割り当てられます。毎回冒頭にドラマのクリップを上映し、その後キャストとスタッフが登場し、会場の記者の質問に答えるという構成。ロビーでは、朝食ビュッフェも用意され、休憩時間には記者でごったがえし、にぎやかです。

「ボディ・オブ・プルーフ 死体の証言」のキャストら
「ボディ・オブ・プルーフ 死体の証言」のキャストら-(C) ABC Studios

でも、俳優の顔が豆粒にしか見えない席だと困るなあと思っていたら、アメリカ国外の記者だけ、40人ほどが収容される特別の小ホールに案内されました。海外向けの記者には、個別の記者会見が行われるとのこと。おかげで、一番前の席に座って、目と鼻の席でキャストの顔を眺めることができました! ラッキー!

「あの人は今!?」懐かしい女優さんたち
「パーセプション 天才教授の推理ノート」のレイチェル・リー・クック
「パーセプション 天才教授の推理ノート」のレイチェル・リー・クック-(C) ABC Studios

テレビの会見で面白いのは、しばらく見かけなかった女優さんに会えること。「全然変わってなーい!」という人もいれば、ちょっとびっくりする人も。部屋に入ってきたとき、全くわからなかったのが、「パーセプション 天才教授の推理ノート」のレイチェル・リー・クック(33)。

1999年の『シーズ・オール・ザット』では、丸顔であどけなかったのに、今回は暗めで大人っぽい雰囲気にがらりと変身。FBIエージェントの役ということで、役のイメージに合わせたメイクだったのかしら? 逆に「ミストレス(原題) / Mistresses」のアリッサ・ミラノ(40)は大人になってもっと華やいだ感じに変身していました。

「リベンジ」のマデリーン・ストー
「リベンジ」のマデリーン・ストー-(C) ABC Studios

また、「リベンジ」のマデリーン・ストーは、昔のまま! 54歳だというのに、白雪姫のように透き通った肌とスリムなスタイル。1992年の『ラスト・オブ・モヒカン』のころと変わっていない!? 会場の記者も思わず、「美貌を保つには何をやっているんですか」と素人っぽい質問を。「家でピラティスをやってるだけなんですよ」とマデリーンが答えたため、わたしも次の日にピラティスのDVD買っちゃいました。あはっ。

米テレビドラマで年配女優が活躍する理由
「ボディ・オブ・プルーフ 死体の証言」の主演女優ダナ・デラニー
「ボディ・オブ・プルーフ 死体の証言」の主演女優ダナ・デラニー-(C) ABC Studios

ところで、アメリカでは、映画の主演は若い女優さんがほとんどなのに、テレビでは年配の女優さんが抜てきされますが、それはなぜ? その質問に「ボディ・オブ・プルーフ 死体の証言」の主演女優で監察医ミーガン・ハント役のダナ・デラニー(56)さんが答えてくれました。

「(アメリカでは)映画を何回も観るのは男性。だから男性を楽しませるために若くてセクシーな女優さんが起用されるのよ。でも、テレビのリモコンの主導権を握っているのは女性ですからね」と。うーむ、なるほど。女性が多く見るテレビだったら、主演女優の年は関係ないということですね。

また、年配の女優の多くは家庭持ちなので、遠いロケ先で撮影することが多い映画よりも、近場のスタジオで撮影するテレビの方が毎晩家に帰ることができて家庭との両立がしやすいとのこと。だから多くの年配女優がテレビに出演するようになるんですって。なるほどー。

セット見学バスツアーに参加!
「スイッチ ~運命のいたずら~」のマーリー・マトリン
「スイッチ ~運命のいたずら~」のマーリー・マトリン

2日目はドラマのセット見学バスツアー。まずは、ろうあの学生も登場するドラマ「スイッチ ~運命のいたずら~」。今日は、全くしゃべり言葉がない、手話だけのドラマの回とあり、撮影現場も手話だけで進行されます。今回は、ろうあ学校の先生が男子生徒に大学進学を勧めるシーン。あれ、この先生どこかで見たことが。何と『愛は静けさの中に』のろうあの女優のマーリー・マトリン(47)じゃないですか!

「スイッチ ~運命のいたずら~」のリー・トンプソン
「スイッチ ~運命のいたずら~」のリー・トンプソン

髪の色が変わっていたので、わからなかったけれど、よく見ると懐かしい! それにしても、何という表現力。彼女の目を見ているだけで、生徒に対する愛情がありありと伝わってきます。ろうあ者の彼女は表情で表現することが多いからでしょうか。すごいです。また、マーリーの取材は、彼女の手話を通訳の人がしゃべり言葉に直してくれるという形で行われ、非常に貴重な体験をさせてもらいました。

「スイッチ ~運命のいたずら~」のセットの裏側
「スイッチ ~運命のいたずら~」のセットの裏側

その他、お母さん役のリー・トンプソン(51)ともお話できました。リー・トンプソンといえば、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』マイケル・J・フォックスの若き日のお母さん役を演じた女優さんですよ。そんな彼女と、セットとは思えないキッチンのテーブルに座って、普通にお話をしたのですから、何だか不思議な感じでした。

アメリカ史上2人目の女優
「スキャンダル(原題) / Scandal」のセット。ホワイトハウスの廊下で
「スキャンダル(原題) / Scandal」のセット。ホワイトハウスの廊下で-(C) ABC Studios

もう一つは「スキャンダル(原題) / Scandal」というドラマのセット。こちらは、政界やセレブたちのどろどろした舞台裏を描いた作品。主人公の女性オリビア・ポープはセレブや政治家のスキャンダル揉み消しがお仕事。実際に元ホワイトハウスの広報部長だった女性がモデルになっているので、かなりリアルなシーンが登場。次から次へと起きるスキャンダルに、はまっちゃっいますよー。

「スキャンダル(原題) / Scandal」の主演女優ケリー・ワシントン
「スキャンダル(原題) / Scandal」の主演女優ケリー・ワシントン-(C) ABC Studios

冒頭の写真は大統領役のトニー・ゴールドウィン(52)さんとセットでパチリ。でも、この大統領さん、実は主人公のオリビアと不倫しているんですから、なーんてスキャンダラス!

ちなみに、オリビア役のケリー・ワシントン(36)は、テレビドラマで主役を演じたアメリカ史上2人目の黒人女優さんなんです。最近では『ジャンゴ 繋がれざる者』のジャンゴの妻を演じて話題になったので、これから映画でも、どんどん活躍していきそうですよー!

[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 3月
  4. 11日
  5. 第36回 アメリカのドラマのキャストがずらり勢ぞろい! 合同記者会見に潜入!の巻