シネマトゥデイ

堀北真希、栗山千明、北村一輝
『劇場版 ATARU‐THE FIRST LOVE & THE LAST KILL‐』
シリアスとコミカルとの振り幅に心が揺さぶられる
『劇場版 ATARU』堀北真希、栗山千明、北村一輝 単独インタビュー

取材・文:斉藤由紀子 撮影:奥山智明

中居正広演じる特殊能力を持つFBI捜査官アタルの活躍を描いた人気ドラマ「ATARU」の劇場版が完成。女刑事から探偵に転身した舞子(栗山千明)、主任刑事・沢(北村一輝)をはじめ、おなじみのメンバーが、アタルと共にコンピューターウイルスによる国際級の爆破事件の謎に挑む。今回も名コンビぶりを披露する栗山と北村、そして、アタルの幼なじみで彼と同じ天才的能力を持つキーパーソン・マドカを演じた堀北真希が、撮影時のエピソードを明かした。

■バランスの良い仕上がりに大満足&大爆笑!

Q:ドラマシリーズから全ての要素がスケールアップした本作。皆さんはどうご覧になりましたか?

栗山千明(以下、栗山):シリアスな部分とコミカルな場面とのバランスがすごく良かったです。しんみりしているかと思ったらギャグが入ってきて、「あれ、そっち?」みたいな(笑)。今回は、チョコザイくん(アタル)が容疑者になったり、マドカとの悲しい過去が描かれていたり、シリアスさが今まで以上に深いんです。そこにコミカルな要素を入れて振り幅を広げたからこそ、心が大きく揺さぶられる作品になったような気がします。

堀北真希(以下、堀北):わたしはシリアスな演技が多かったので、自分の出ていないシーンがどんなふうになっているのか全然わからなかったんです。この間完成した作品を観させていただいたんですけど、最初の試写はいつも冷静になって客観的に観るようにしているのに、いっぱい笑ってしまったので悔しかったです(笑)。普通に映画館で映画を楽しんでいるような気分になってしまいました。

栗山:良かった! それは良かった(拍手)。

北村一輝(以下、北村):うん、良かった(笑)。僕は、撮影が始まってからも(脚本の)改訂版を何度か頂いていたので、ちゃんとつながるのかな? という心配がありましたね。でも、完成した作品を観たら、「アタルとマドカのエピソードを感動的にしたい」という現場のみんなの思いが大きな形になっていましたね。二人のシーンは僕らが観ても切なくなってしまいました。それでいて一人一人のキャラもしっかり立っていますし、本当にバランスの良い想像以上の仕上がりでした。

Q:ドラマ時からコンビ役の栗山さんと北村さんは、今回も息がピッタリでしたね。

北村:あまり打ち合わせをしなくても二人の芝居がテンポ良くできたときは、「僕たちやるな!」と思ったりしますね(笑)。千明ちゃんとは、「こうだろうな」と思う方向が同じなんです。相談なしでやれちゃうことが多いから、すごく楽ですね。

栗山:木村(ひさし)監督がなかなかカットをかけてくれなくて、アドリブが膨らんじゃって長くなってしまうこともあるんですよね。でも、あれは北村さんじゃなかったら無理だと思います。北村さんとは、お互いに真面目な顔をしていると笑ってしまうくらい、全部をさらけ出せるんです。わたしにとっては頼れる兄貴のような感じですね。

堀北:最初から台本に書いてあるものと、息の合った二人の中から自然に出てくる空気感って全然違うと思うんです。お二人のやりとりが絶妙に面白いのは、本当に呼吸が合っていらっしゃるからなんでしょうね。

■過酷なLAロケで堀北の危険信号が点滅!?

Q:オール銀歯の天才少女マドカを演じた堀北さん。今回の役は相当やりがいがあったのでは?

堀北:こういう役を頂けたのが自分でも意外でした。でも、すごく楽しかったです。歯に銀のアクセサリーを着けたんですけど……

栗山:え! あれってアクセサリーだったの? 知らなかった!

堀北:そうなんです。オシャレとしても使うアイテムで、歯に一つだけ着けることもできるんですよ。わたしが着けたのは銀歯にクロス(十字架)が四つ付いていて、それがしゃべると唇に引っ掛かってしまうんです。とにかくしゃべりにくかった(苦笑)。あと、あの銀歯でおにぎりを食べるシーンが大変でした。

北村:僕は、あれ食べづらいだろうなーとか、しゃべりづらいだろうなーと思いながらマドカのシーンを観ていたので、思わず笑っちゃいました。

Q:ロサンゼルスで行ったロケもかなり大変だったそうですね?

北村:あそこは暑かった! まるで罰ゲームのようだったよね(笑)。

栗山:真希ちゃんはギリギリだったよねー!

堀北:そう、ギリギリを通り越して危険信号が点滅していました。

栗山:暑い場所にいると顔って赤くなってくるじゃないですか。それなのに、真希ちゃんはどんどん白っぽくなっていって、「うわ、大丈夫?」って思っちゃいました。

堀北:結構やばかったです。気温もすごく高かったし、革の衣装を着ていたこともあって……。でも、暑いのはみんな一緒なのに、わたしだけグッタリしてしまうわけにはいかないので、何とか頑張りました。オフの時間は観光をしたいと思っていたんですけど、無性に眠くて、ホテルで寝ていました(笑)。

■座長・中居の愛に満ちた差し入れとは?

Q:アタル役の中居さんは、現場でも中心的な存在なんですか?

北村:もちろんそうですよ。今回の映画でも、「真希ちゃんやゲスト出演の皆さんは、すでに雰囲気ができているレギュラー陣の中に入りづらいだろうから、みんなで食事に行こう!」と言ってくれて。スケジュールはハードでしたが、中居くんの一言で実現しました。キャストだけじゃなく、スタッフが体調を崩していても気が付くし、彼のリーダーシップは本当にスゴイですよ。

堀北:わたしがすんなり現場に入っていけるように空気を作ってくださって、本当にありがたかったです。

栗山:中居さんは、純粋に映画に携わる皆さんのことを考えてくださるんですよね。すごく愛情を感じますし、尊敬してしまいます。

北村:ドラマのときもよく差し入れを頂きましたが、中居くんはみんなが疲れていると思ったら次の日に栄養ドリンク、寒い日なら温まるようにラーメンの屋台など、必要なときに必要なものを選んでくれるんですよ。豪華な差し入れをされる主演の方も多いですが、中居くんの場合、「差し入れは愛だな!」という感じです。

Q:最後になりますが、エモーショナルな人間ドラマでもある本作から、皆さんは何を伝えたいですか?

栗山:マドカの登場によって、今までのテレビシリーズでは見られなかったチョコザイくんの表情が見られるんです。舞子自身も、チョコザイくんが遠い存在になってしまいそうになって、すごく切ない思いをします。皆さんにもぜひ、マドカとチョコザイくんのエピソードを観てほしいです。二人のピュアさに心を打たれると思います。

堀北:わたしもマドカとアタルのシーンが好きなんです。二人でいるときの会話が独特で、そこからいろんなものが見えてくると思います。マドカは悪いことをしてしまうんだけど、最後まで観てもらうと、思わぬ方向に気持ちが持っていかれてしまう。そこが一番観てほしいところです。

北村:マドカという人物を通して、真っ白で純粋だった子どもが、大人や世間によって汚されていくことが描かれているのですが、そこに今の世の中が反映されているような気がします。大人が子どもたちをないがしろにして、踏みにじって……。踏みにじられたマドカやアタルがすごくかわいそうになってくる。僕らが演じた刑事やFBIのラリー(村上弘明)は大人側ですが、アタルやマドカの目線で観ていただいた方が作品に込められた思いが伝わるかもしれません。

劇中で繰り広げる抱腹絶倒のやりとりが、深い信頼関係からくるものであることをリアルに感じさせる栗山と北村。緩急の利いた独特の『ATARU』ワールドに、不気味さと清涼感という、相反する要素を見事に添えてみせた堀北。饒舌(じょうぜつ)な三人の様子から、現場のチームワークの良さが伝わってくる。テレビシリーズとは一味違うメッセージ性の強い本作だが、コロコロコロッケの連続ギャグや面白ポスターなど、お約束のネタは大小ふんだんに詰め込まれているので、見逃さないでもらいたい。

『劇場版 ATARU‐THE FIRST LOVE & THE LAST KILL‐』は公開中

[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク