シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

■「メタルギア」小島プロダクションの海外拠点!ロサンゼルススタジオがオープン!

ロサンゼルススタジオ外観

 世界的人気ゲーム「メタルギア ソリッド」(KONAMI)シリーズで知られる、株式会社コナミデジタルエンタテインメントの小島プロダクションの海外拠点となるロサンゼルススタジオがオープンした。そして9月5日、ロサンゼルス空港の北、プラヤ・デル・レイにある新スタジオをメディアにお披露目するイベントが開催。小島秀夫監督、アートディレクターの新川洋司氏らが日本から駆け付けたイベントの模様を追った。

■小島作品の新たな拠点が公開!

スタジオ内01
開放的な空間が広がるスタジオ内
スタジオ内02
美しい景色が広がるパティオ

 YouTubeのオフィスのすぐ横にある小島プロダクションのスタジオは、映画『アビエイター』レオナルド・ディカプリオが演じた大富豪ハワード・ヒューズの空港があった歴史的な場所に作られている。

スタジオ内03
レコーディングも可能なミキシングスタジオ

 150人のスタッフが収容可能で、試写室、編集室、ボイスレコーディング可能なミキシングスタジオ、複数の会議室、広々としたキッチンにパティオ、アメリカでは珍しい温水洗浄便座付きのトイレなどがあって、広大かつ機能的。カリフォルニアらしい太陽光にあふれた空間となっている。

スタジオ内04
広々とした試写室

 スタジオを案内した小島プロダクション統括プロデューサーの今泉健一郎氏は、ロサンゼルスにスタジオを持つ利点について人材が豊富なことを挙げる。「ロサンゼルスには優秀なスタッフが多いんです。ここで働いているスタッフには、ゲーム業界の人間だけでなく、デジタル・ドメインやリズム&ヒューズといった世界的なVFXスタジオで、ハリウッド映画のVFXを手掛けてきたスタッフもたくさんいます。デザイナーもプログラマーも優秀ですね。日本国内だけで人を探すとなると結構大変です。やはりスタッフの層の厚さを感じます」

■ロスは憧れの地だった…小島監督

小島監督01
小島秀夫監督、ステファニー・ヨーステン、アートディレクターの新川洋司氏

 当日はスタジオツアーだけでなく、試写室で、現在開発中の「メタルギア ソリッド V ファントムペイン」(KONAMI)のプレゼンテーションが行われ、その後、小島監督、新川、新作でヒロインのクワイエットを演じるステファニー・ヨーステンへの質疑応答が行われた。

スタジオ内06
スタジオオープンについて語った小島監督

 ロサンゼルスにスタジオをオープンした理由について、小島監督は「ロスは子どものときからの憧れの場所でした。それとハリウッドでは現在、デジタルで映像や音が作られていて、ゲームにとても近いものがあります」とコメント。

ゲーム画像01
「メタルギア ソリッド V ファントムペイン」(C)Konami Digital Entertainment

 さらに「ゲームを作る者としては、やはりハリウッドの近くでやっていきたいという思いがありました。今後は東京とロス、2つの都市の間に小島プロダクションが存在することになり、双方のスタジオが競争し合いながらも、協力し合ってやっていく形になると思います。世界中から集まってきていることもあって、スタッフも非常に優秀です。物作りへの情熱も高い。今後、企画(のみ)はロスのスタッフと一緒に考えますが、実際の開発は彼らだけに委ねることになると思います」とスタッフに信頼を寄せた。

ゲーム画像02
「メタルギア ソリッド V ファントムペイン」(C)Konami Digital Entertainment

 また今後、ハリウッドのメジャースタジオと協力して、プロジェクト開発をする可能性については「かつての映画はフィルムだったので、映画とゲームが一緒にやるというのは難しかった。でも今は全てがデジタルになったので、同じ素材を使って作ることが可能になりました。なので、今後そういった可能性はあると思います。それがロスにスタジオを作った理由の一つでもありますし」と意気込みを語る。

■小島監督、あふれる映画愛を語る!

ゲーム画像03
「メタルギア ソリッド V ファントムペイン」(C)Konami Digital Entertainment

 ちなみに、「メタルギア」シリーズといえば、映画的な演出とグラフィックも魅力の一つ。「ファントムペイン」制作において、影響を受けた映画があるか聞かれた小島監督は、「僕はごはんを食べるのと同じぐらい映画を見ていますが、それを(ゲーム作りの)参考にしているわけではないんです。あくまで映画は僕の栄養源だということですね」とあふれる映画愛をのぞかせた。

鏡割り
左からロサンゼルススタジオのスタジオヘッド関根トム氏、小島秀夫監督、コナミデジタルエンタテインメント米国法人社長の壷井知行氏

 イベントの締めくくりとして、スタジオの裏にあるパティオで、小島監督、コナミデジタルエンタインメント米国法人社長・壷井知行氏、ロサンゼルススタジオのスタジオヘッド関根トム氏の3人による鏡割りが行われ、参加者全員に升酒が振る舞われ大好評。イベントには多くのアメリカのメディアが集まり、小島プロダクションの現地における評価の高さを物語っていた。

小島監督
新川氏の描いた圧巻のイラスト!

 現在ハリウッドでは、映画『スパイダーマン』シリーズのプロデューサーで知られるアヴィ・アラッドのもとで「メタルギア ソリッド」の映画化の話が進行中だ。ハリウッドのクリエイターたちとも交流の深い小島監督が現地においてどんな作品を生み出すのかに、映画ファンとしては大いに注目したい。(取材・文:細谷佳史)

「メタルギア ソリッド V ファントムペイン」 発売日:未定

メーカー希望小売価格:未定

対応機種:PlayStation3 / PlayStation4 / Xbox360 / Xbox One

ジャンル:タクティカル エスピオナージ オペレーション

レーティング:審査予定

プレー人数:未定

発売元:KONAMI

公式サイト:http://www.konami.jp/mgs5/jp/

(C)Konami Digital Entertainment

[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 9月
  4. 30日
  5. 「メタルギア」小島プロダクションの海外拠点!ロサンゼルススタジオがオープン!