シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
謝罪

大ヒットを記録した映画『舞妓 Haaaan!!!』『なくもんか』に続く、脚本・宮藤官九郎、監督・水田伸生、主演・阿部サダヲの黄金トリオによる最新作『謝罪の王様』がついに公開された。シネマトゥデイ編集部は、アメリカ・ニューヨークで本作のスペシャルプレミアを行った、阿部サダヲの「初めてのアメリカ上陸体験!」に密着しました!(取材・文:森田真帆)

AM 9:30 いざ! 自由の女神で「わき毛ボーボー!」

自由
堂々たる二人のポーズ!

実は阿部さんには、映画の特別プレミアのほかにニューヨークで重大な任務が課せられておりました! それはなんと共演の竹野内豊さんと共に、本作のキーワードである「わき毛ボーボーダンス」をニューヨークの観光名所で披露すること!

サダヲ
初めての自由の女神にはしゃいでごめんなさい!!

とはいえ、ニューヨークを回れるのはわずか1日! 朝1回目の任務は、かの有名な自由の女神で「わき毛ボーボー!」。……でも、自由の女神があるリバティ島に向かうフェリーは観光客で満員! 「こんなにたくさんの人の中でやるの、恥ずかしくなってきた……」と恥じらいながらも、生まれて初めての自由の女神を前にテンションは最高潮! いざカメラの前に立てば竹野内と共に見事な「わき毛ボーボーダンス」をお披露目してくれたのでした。

AM 11:00 タイムズスクエアで「わき毛ボーボー!」

タイムズスクエア
ネイキッドカウボーイはわき毛ツルツル!

次に二人が向かったのは、ニューヨークの中心地であるタイムズスクエア! 一年を通して世界中から観光客が集まるニューヨークで一番の人気スポットは、自由の女神どころじゃないくらいの人、人、人!

撮影風景
NYのど真ん中で撮影してごめんなさい!

撮影の準備を進めていくうちに、あっという間にものすごい数のやじ馬に囲まれてしまいました。「わき毛ボーボーダンス」お披露目まであと5秒となり、準備運動や動きの確認をしている二人に、ニューヨーカーは興味津々! そして「わき毛ボーボー、自由の女神!」とポーズを決めると、「一体今のは何だ!?」と激しく衝撃を受けていました。二人はこの後、タイムズスクエアの有名人・ネイキッドカウボーイとも「わき毛ボーボーダンス」で夢の共演が実現! 「ボーボーって言いつつ、あの人わき毛が全然なかったよ……」と苦笑する、阿部さんなのでした。

PM 0:00 ブルックリン橋で「わき毛ボーボー」!

ブルックリン
最後のポーズに感無量!

最後の撮影場所は、ブルックリン橋! ガイドさんおススメの「ブルックリン橋が一番美しく見える」という秘密のポイントで撮影を行いました。映画『スパイダーマン』などにも登場したニューヨークのシンボルをバックに、最後の「わき毛ボーボーダンス」です。

ランチ
ステーキいただいてごめんなさい!

自由の女神、タイムズスクエアと、これでもかというほど大勢の前で「わき毛ボーボーダンス」を披露して、大役を終えた二人を待っていたのは、アカデミー賞の料理をプロデュースしていることで有名なウルフギャング・パック氏も勤めていたという、ニューヨークで一番人気のレストラン「ピーター・ルーガー」での、豪華ステーキランチ! 100年の歴史を誇るブルックリンの老舗レストランで、「おいしすぎてごめんなさい!」と謝りまくっていた阿部さんなのでした。

PM 4:00 ニューヨーカーたちと「わき毛ボーボー!」

あいさつ
舞台あいさつは大成功!!

朝から怒とうの観光名所ツアーを終えた二人は、ついに旅のメインイベント、特別プレミアが行われるリンカーンセンターに到着。200名ものニューヨーカーが集まったこのイベントで、なんと阿部さんは英語であいさつに挑戦! カンペを見ながら一生懸命あいさつをして、「英語が下手くそで、申し訳ありません!」といきなり土下座をかました阿部さんに、ニューヨーカーたちは大ウケでした。

リンカーン
リンカーンセンターに向かう二人

「この映画、アメリカの方々は笑ってくれるかなあ」と心配していた二人ですが、ニューヨーカーたちは上映開始後5分で爆笑の嵐! 観客と映画を鑑賞した阿部さんは、「すごく楽しく映画を観てくれているんだなあって。日本の方にもこんなふうに、大笑いして観てもらいたいですね」とニッコリ。初めてのアメリカ、初めてのニューヨークは、阿部さんにとって忘れられない最高の思い出になったことでしょう! 

場面
こちらが本物のわき毛ボーボー! ©2013「謝罪の王様」製作委員会

映画『謝罪の王様』は全国にて公開中!

[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 10月
  4. 4日
  5. 映画『謝罪の王様』ニューヨークPR行脚に密着!