シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
『グレートデイズ!』特集:『最強のふたり』の感動再び!~残暑に爽やかな感動を呼ぶグレートな父子の物語~

車いすの少年と元トライアスロン選手の父親が、トライアスロン競技の中でも最難関とされるアイアンマンレースに挑む。このポジティブなエネルギーに満ちた感動作『グレート デイズ! −夢に挑んだ父と子−』が、フランスで公開されるやいなや観客たちの心をつかみ、評判が口コミで広がり大ヒットを記録。時にはケンカして、時には掛け替えのない喜びの瞬間や、絶望を共にする。そんな山あり谷ありの人生を二人三脚で乗り越えようとする父子のグレートなポイントをご紹介します!

ココがグレート!その1
『グレートデイズ!』

主人公は17歳の車いすの少年ジュリアン(ファビアン・エロー)とその家族。父のポール(ジャック・ガンブラン)は仕事で留守がち、長らく息子ジュリアンを避けてきたため接し方がわからない。職を失い、いら立ちを募らせる父に母も不満を爆発させ、家族崩壊の危機に……!

『グレートデイズ!』

そんな状況に風穴を開けるべく、ジュリアンが提案したのは「父親と一緒にトライアスロンに出場する」こと。最初は一蹴していた父もしまいにはジュリアンの情熱に根負け。反対していた過保護な母クレール(アレクサンドラ・ラミー)も二人を応援することに。わだかまりのあった父子が一つの目標を目指して奮闘するうちに変化していく過程が、爽快。17年間の葛藤はあっても、家族はやっぱり家族。絆を取り戻すためには自分が変わらなければと、お互いを思い合う気持ちがグレートです!

ジャック・ガンブラン
ココがグレート!その2
『グレートデイズ!』

アイアンマンレースが過酷といわれる理由。それはスイム3.8キロ、バイク180キロ、ランニング42.195キロというとんでもなく長い距離。オリンピックのトライアスロン競技がスイム1.5キロ、バイク40キロ、ラン10キロ。比較するとそのハードさがわかるだろう。

『グレートデイズ!』

しかも16時間以内にゴールしなければならないため、ジュリアンとポールの練習にも熱がこもる。時には命の危険も伴うこのアイアンマンレースで、果たして二人は無事に完走できるのか。ポール役のジャック・ガンブランは、実際にジュリアン役のファビアン・エローを乗せたボートをけん引しながら1キロ近く泳いだのだとか。予期せぬトラブルが続発する白熱のレース展開にも大コーフンだ。

ファビアン・エロー
ココがグレート!その3
『グレートデイズ!』

三つめのグレートはニルス・タヴェルニエ監督とジュリアン役のファビアン・エローの出会い。『エトワール』などのドキュメンタリーを多く手掛けてきたタヴェルニエ監督は、やはりリアリティーにこだわり、主人公には実際に障害のある少年を起用すると決めていた。

『グレートデイズ!』

そんな監督が170もの施設を訪れ300名以上の子供たちと出会って、見つけ出したのがファビアンだった。ファビアンは脳神経障害のため表情の動きを出したり、演技をすることは非常に困難。彼は役をこなすために4か月の演技トレーニングを受け、ハードなレースシーンにも弱音一つ吐くことなく果敢に挑戦。このハードルの高い撮影は、タヴェルニエ監督とファビアンのグレートな信頼関係のたまものだ。

ニルス・タヴェルニエ
[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク