シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
榮倉奈々&ハン・ヒョジュ
『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』
役者が自由に芝居のできる環境
『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』榮倉奈々&ハン・ヒョジュ 単独インタビュー

取材・文:編集部 森田真帆 写真:高野広美

『100回泣くこと』などの原作者・中村航が山下達郎の名曲「クリスマス・イブ」を基に執筆した小説を、『のぼうの城』などの犬童一心監督が実写化したラブストーリー映画『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』。クリスマスイブの夜を舞台に、大切な人に思いを告げることのできない男女の不器用な恋愛模様をハートウオーミングに描く。幼なじみの光に片想いをしているオブジェ作家の卵・杏奈を演じた榮倉奈々と、才色兼備だが悲しい失恋の傷を持つソヨンにふんしたハン・ヒョジュが本作の魅力を語った。

■犬童監督は役者に芝居の場をくれる人

Q:犬童監督の現場での印象を聞かせてください。

榮倉奈々(以下、榮倉):最初の準備段階では、スタッフさんたちと妥協のない感じで細かく打ち合わせされているのを何度も見ましたが、実際の現場では同じシーンでもいろいろな芝居を受け入れてくれるんです。例えば、自分と監督の解釈が違うときに、監督はわたしたちのアイデアを「それもいいね」ってその場で聞いてくださって、心の広さを感じました。役者が自由に芝居のできる環境を作ってくださる方です。

ハン・ヒョジュ(以下、ハン):すごく素敵な監督でした。俳優を尊重してくださるし、演出がとてもはっきりしているので、演じやすかったです。

Q:お二人が演じた女性の恋愛についてどう思いましたか?

榮倉:子供のころからずっと同じ人を大切に思えることがとてもうらやましい。そういう人に出会えるって、憧れるなって思いました。光って恋愛よりももっと違う形で大切な人だと思うんです。だから、簡単に好きという思いを告げられない杏奈の気持ちには共感しました。

ハン:ソヨンは仕事においてはプロフェッショナルな女性で、仕事に情熱を注ぐ一方、恋に関しては不器用だったために大切な人を失ってしまいました。だけど、好きな人への想いを忘れられずにいるから、もう一度チャンスがあったら、きっと恋愛にもベストを尽くすんだと思います。

■主人公・光はピュアすぎる!

Q:作品には相葉雅紀さん演じる光と、生田斗真さんふんする北山が登場します。それぞれの男性をどう思いましたか?

榮倉:光はかわいいと思うのですが、大変だなと。一からいろいろ教えたりするところとか(笑)。「こういうときにそういうことを女の子に言っちゃダメなんだよ」とか。かわいいんですけどね!

ハン:(北山のことは)好きです。あまり努力をしていなくても自分の夢をかなえられてうらやましい! 才能も魅力もあって、女性から見るとすごく素敵ですよね。

Q:実際の相葉さんと生田さんはどんな男性でしたか?

榮倉:わたしはずっと相葉さんは光みたいな人だと思っていたんです。でも一緒にお仕事をして、座長としての相葉さんを見ているともっと頼りがいがあるし、男らしいし、大人だし、すごく素敵な人でした。

ハン:生田さんを十分に知るほど長い(撮影)時間ではありませんでしたが、リーダーシップがあって男らしい方だと思いましたし、演技力も素晴らしかったので、機会があればまたご一緒したいです。

Q:光と北山だと、どちらと付き合いたいですか?

ハン:え? ふたりのどっちか? 難しい!

榮倉:わたしは光にはずっとあのままでいてほしいんです。でもわたしが付き合うと、絶対に口うるさくなっていろいろ言ってしまうと思うので遠くから見守っていたいです。

ハン:わたしも光みたいな男性が現実にいたら会いたいです。だってあんなにピュアな人めったにいないですよね!

■女優たちが考える「恋」と「運命」

Q:本作ではお二人とも仕事に情熱を注ぐ女性を演じられていましたが、お二人は仕事と恋ならどちらを優先させますか?

榮倉:今なら「仕事」でしょうか。それは仕事に欲が出てきたからだと思っています。チャレンジすることで自分のやりたいことがどこまでできるのかを試してみたいです。だけどやっぱり好きな人と一緒にいられることが奇跡だと思うので、いざというときに自分がどう判断するかはそのときになってみないとわからないですね。

ハン:わたしは今まで仕事だったの。でも、ちょっと変わって今は本当に好きな人ができたら結婚したいですね。自分の人生をちゃんと生きたいって思います。

Q:お二人は「運命」を信じますか?

榮倉:運命は目指すものじゃないと思うんです。もちろんあったらいいなとは思うけど、「運命の人はどこかな?」ってただ待っていても出会えない気がするんです。わたしは自分が今できることを頑張ってやるしかないと思っています。でも、光と杏奈みたいな関係はベストだし、うらやましいです。

ハン:榮倉さんと考えが似ていますが、運命の人がいるってことを信じていれば、いつか運命に出会えると感じています。

写真撮影の間も、二人で顔を寄せ合っておしゃべりをしてはクスクス笑い合っていた榮倉とハン。お互いの恋愛観を話し「似ているわけじゃないけれど、話していて気持ちがすごくわかるなってときはありますね」と笑顔を浮かべた榮倉。日本も韓国も「結局、男の子はそれぞれ違う!」という話で盛り上がったインタビューだったが、主人公の光には二人とも「キュン」ときた様子だった。

【榮倉奈々】ヘアメイク:足立真利子 スタイリスト:有本祐輔
【ハン・ヒョジュ】ヘアメイク:佐藤寛 スタイリスト:平野真智子

(C) 2014『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』製作委員会 (C) 2013 中村航/小学館

映画『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』は11月22日より全国公開

[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 11月
  4. 17日
  5. 『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』榮倉奈々&ハン・ヒョジュ 単独インタビュー