シネマトゥデイ

映画『ジョーカー・ゲーム』亀梨和也インタビュー

第30回吉川英治文学新人賞などを受賞した柳広司の人気小説を映画化した『ジョーカー・ゲーム』。「もう一つの第2次世界大戦前夜」という時代を舞台に、ある機密文書をめぐって各国諜報(ちょうほう)員を相手にし烈な争奪戦に挑む日本人スパイ・嘉藤の活躍をスリリングに描いたスパイサスペンスだ。映画『SR サイタマノラッパー』シリーズの入江悠がメガホンを取った本作で、ハリウッド映画顔負けのスパイにふんした亀梨和也が、撮影でのエピソードや役づくりを語った。(取材・文:森田真帆/山本優実)

亀梨がほれ込んだ、原作との出会い

Q:原作は本作の出演が決まる前から読んでいたとか?

そうなんです。実は3年前にこの映画の原作を読んでいて、スタッフに薦めていたんです。あまりにも面白かったので、ある雑誌のインタビューで「今ハマっている本」と語っていたくらい(笑)。僕はDVDやCDや本に関して、あまり前情報を知らずに選ぶことが好きなので、この作品もどんな内容か知らず、たまたま手に取ったものだったんです。

Q:そんな思い入れのある作品への出演が決まったときの感想を教えてください。

原作を読んだとき「もしオファーが来たら、絶対に断らない」って言っていたんです。だから出演が決まったときはうれしい反面、責任も感じました。

Q:原作のどんなところが魅力と思いますか?

短編で作り上げている構成もそうなんですが、見事にだまされたところは面白かったですね。あと、キャラクターが発するセリフがかっこいいんですよ。

徹底して挑んだスパイの役づくり

Q:一人の原作ファンとして、完成した作品を観た感想を教えてください。

思い入れのある作品というのは、好きだからこそ、映画化は難しいですよね。実際にこの原作をただ映像化しても、きっと地味になってしまっていたと思うんです。でもアクションは盛りだくさんで、おいしいところをたくさん詰め込んでいるし、エンターテインメントになっているなという印象を受けました。入江監督については『SR サイタマノラッパー』を観ていたので、一体どんな作品になるんだろうと思っていたんですが、計算され尽くした作品に出来上がっていたので、とても光栄に思っています。

Q:撮影の前は、どのような準備をされたのでしょうか?

監督が想像している映像に、しっかり近づけることができるように努力しました。クランクインまでに英語やアクション、銃の解体もきちんとできるように練習しました。銃の解体に関しては、映像では1分や2分くらいのものですが、みんなでかなりトレーニングしたものなんです。そういうディテールに関しても、絵として成立すればいいというものではなく、きちんと準備をしました。英語も「芝居はいいけれど、英語がちょっと」って撮影し直したこともありました。使われている銃も、本国のシューターと呼ばれているガンアクション専門のスタッフさんが本物を撃っていたんです。常に緊張感が漂っているような現場でしたね。

Q:スパイという役柄を演じる上で、気を付けた点はありましたか?

意識をしたのは、どんなに大変でも大変そうに見せないようにするところですね。スパイって本当にやることがいっぱいあるんですよ(笑)。階段を一つ上るにしても、耳に盗聴器を取り付けながらやるとか(笑)。基本はそういう一連の動きをワンカットで撮るので、失敗してもオッケーということはなかったんですよね。芝居もしているけれど、動作もミスをしないようにするということは、意外に大変でしたね。

亀梨和也が語る男の美学!

Q:この映画で亀梨さんが演じた嘉藤という男はどこか陰がある男です。亀梨さん自身も、陰がある部分はありますか?

僕自身、陽気なところも陰のあるところもあると思います。あまり思っていることを必要以上に話したくないタイプで。もちろん自分の陽気な部分を出せる人もいるんですが、出せる相手は増やしたくないんですよね。だからよく陰があるっていわれるのかもしれないです。このキャラクターに関しては「一度死を覚悟している男」ということを常に考えて、その覚悟がきちんと表現できるように演じていました。

Q:亀梨さんは、嘉藤を演じる上でどんなところに男の美学を感じましたか?

なるべく無駄なことをしないところかな。もしかしたらそこが普段の亀梨和也と違うところかもしれません。僕って基本的に無駄な動きをするタイプなんで(笑)。

Q:無駄なことをするタイプなんですか(笑)?

KAT-TUNの活動においては、無駄なことをしなければいけないんですよ。タッキー(滝沢秀明)や山P(山下智久)みたいなキレイな男たちは、立っているだけで絵になるけど、僕は自分のことをそう思っていないので。昔から人より一つターンを多く回れるようにならなきゃとか、無駄な動きをすることが個性だといわれてきたんですよね。

Q:でもこの映画での亀梨さんはかなりかっこよかったですよ! 女性の心をとりこにするように心掛けたところはあったんでしょうか?

それって女性に対する意識だと思うんですが、この映画のキャラクターに関しては、ライブとかでファンの方々に「キャー!」って言ってもらえるような感覚は全く持たないようにしていた反面、自分が客観的に見て「かっこいい」と思うような動きにはしていました。でもわりかし普段からかっこつけて生きているので、その延長だったかもしれませんね(笑)。

Q:オールバックがすごくかっこよかったです!

ポマードべったりのオールバックもしたことなかったから、新鮮でしたね。亀梨和也にしてみれば、かなり変化球だらけの作品なのでファンの皆さんがどんなふうに観てくれるかが楽しみですね。

取材後記

たまにユーモアを交じえながら、作品や役についてアツく答えてくれた亀梨。自身も「ここ2、3年の経験は、自分の財産になっている」と語るように、最近では映画『俺俺』『バンクーバーの朝日』と映画界での活躍も目覚ましい。そして2015年、間違いなく『ジョーカー・ゲーム』は彼の代表作となることだろう。ハリウッド映画のスパイにも劣らぬ、スタイリッシュなアクションを見せつけた亀梨スパイをお見逃しなく。

映画『ジョーカー・ゲーム』は1月31日より全国公開

映画『ジョーカー・ゲーム』オフィシャルサイトはこちら>

[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク