シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
映画たて・よこ・ななめ見!
ウーマンラッシュアワーの映画たて・よこ・ななめ見!第24回:『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』

ジブリで宮崎駿監督の出待ちをしちゃうほど映画大好きな村本大輔と、映画に関しては素人同然の中川パラダイスが、あらゆる角度からブッ飛んだ視点で映画トーク。今回は第2次世界大戦時、ドイツの暗号エニグマを解読した天才数学者アラン・チューリングの秘密をひもとくミステリー『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』をななめ見しちゃいます!(取材・文:シネマトゥデイ編集部・入倉功一)

村本、孤高の天才に激しく共感
イミテーション・ゲーム
『ベイマックス』超えの面白さと大興奮の村本&中川

村本:暗号の話っていうから何か難しそうな印象やったけど、お肉でいえば、食べやすく細かく切ってというか、こんなにもわかりやすくしていただいてありがとうございますっていう感じ。

中川:僕もめっちゃ面白かった! 

村本:これはやばいね! 最近でいえば、『ベイマックス』超えたんちゃう? エニグマを解読するところ、カッコよかったな! あの暗号解読のためのクリストファーっていう機械が、今でいうコンピューターみたいなものなんやろ? iPhoneとかもたどっていけば、あそこに行きつくわけや。

中川:究極的には、そういうことになるな。

村本:僕らの生活を作ったようなもんやで。チューリング(ベネディクト・カンバーバッチ)さん、そんなすごい発明をしたのに、戦争が終わったら政府は「言うな」なんてひどいよな! 僕なんて、ちょっとネタがウケただけでめっちゃ言いたくなるのに。2013年にやっとエリザベス女王が恩赦を出したわけでしょ。ずっと報われない人間というか……。

イミテーション・ゲーム
社交性ゼロのチューリングにシンパシー! by村本

中川:こういう実話系の映画になる人ってだいたい不幸な末路をたどるよな。

村本:でも、僕とチューリングさんは似てると思ったわ。友達はいないし、ちゃんとした恋愛もできないし。社交性ゼロで、人に「ありがとう」さえ言えなかったりとか。ああいう、仕事人間過ぎて普通の会話ができないところなんかも僕も同じやで。

中川:いや、チューリングさんは最終的に周りがついてきてくれたけど、おまえの場合、最後まで誰もついてこんやろ……。

これだけは言いたい!ななめ見ポイント
イミテーション・ゲーム
独りぼっちのチューリングを支え続ける才女をはつらつと演じたキーラも、アカデミー賞助演女優賞にノミネートされた

中川:チューリングさんが暗号を解いてからの話もよかったわ~。いきなり敵の奇襲攻撃を避ける動きをしたらエニグマを解読したのが相手にわかってしまうから、人が死ぬのをわかってて、見捨てなあかんっていうね。切ないわ……。

村本:そうやって苦しんだチューリングさんが、「あなたが普通じゃないから、わたしたちは生きていられるの」って(キーラ・ナイトレイ演じる仲間から)言われる場面があるでしょ。あのセリフは響いたね。僕で言ったら、普通の女の子にはふられる可能性があるけど、ファンやったら僕のことが好きやからって手を出す。そしたら僕は「最低」「変なやつ」っていうことになるけど、それで人は笑うわけや。計算して自分の変なところを商品にするというか、切り売りしていくという意味では、芸人も似ているかもな。

イミテーション・ゲーム
チューリングのように、変人が世を救うことがあると熱弁を振るう村本

中川:それはつまり、人を笑わせるためにこれからも変なことをしていくっていう宣言やな。

村本:そう、だから僕も将来、ファンに手を出したことを表彰されたい!

中川:無理やろ……。それで戦争止められたらいいけど。

中川、キレて村本を殴り返した経験を暴露
イミテーション・ゲーム
暴力と戦うチューリング

中川:チューリングさんは名言が多かった! 殴られて「人は何で暴力を振るうのかわかるか? 気分がいいからだ」とも言っていたな。

村本:それもずっと頭に残ってんのよ~。僕もネタ合わせをしているときにおまえがミスをしたら「うじ虫」とか「ぎょう虫」とか、結構言うやろ。

中川:大体、虫レパートリーで攻めてくるよな……。

村本:それは、別におまえにちゃんとお笑いをやってほしいからっていうわけじゃなくて、単に快感なのよ。せやから、チューリングさんの言っていることは合ってる!

イミテーション・ゲーム
柔道技で村本を震え上がらせたエピソードを暴露した中川

中川:言葉の暴力が快感なんや……。

村本:1回だけ、手を出したこともあるな。

中川:あれは最低やったわ! でも、僕が柔道やってたもんで投げ返したら息できんくなって。おまえちょっと涙流していたよな。

村本:「ホンマにヤバい……」ってなったわ! しかも「これからはやり返すことにしましたから」とか言うてきやがって。この映画でいうたら、機械のクリストファーが意思を持ち始めてチューリングさんを攻撃するようなもんやで。

村本、ツイッターで特定の相手に暗号を送る!?
イミテーション・ゲーム
「クロスワードが得意で、しかもこんなにかわいいなんて!」と村本はキーラにメロメロ

中川:暗号といえば、自分もツイッターで「あの子だけにわかる」みたいな暗号を入れていたりするんちゃう?

村本:気付きましたか! たまに、仲良くなった女の子に「わたしにだけわかる暗号入れてよ」みたいなことを言われて、入れたりはするよ。

中川:ほんまかいな……(笑)。

村本:ツイートの最後にハートを付けて、「黒のハートを入れたときは君へのメッセージだよ」みたいな。まぁ、気付き始めているフォロワーはおるかもしれんね。

中川:おらんて!

村本:あとコンパ行って、かわいい女の子がいたら赤ワイン。いなかったらウーロン茶を頼むとか。その場にいる男同士の暗号やね。

中川:あるな。ストローの向きで「あの娘を狙っている」とか!

イミテーション・ゲーム
チューリングが思いも寄らぬことがきっかけで、エニグマの解読に成功する過程は痛快

村本:でも、たまに氷がとけてストローの向きが変わって、気付いたらブスを指していたりな……。あと漫才だったら、矢野・兵動さんというコンビの漫才師は、常に一定のタイミングで終わっている。これは何かあるんかな、と思って舞台袖で観ていたら、片方が最後に突っ込むとき、相方の背中をポンポンとたたいて「もうええわ!」って。背中をたたくのが暗号だったわけや。

中川:それ、僕がやりたい言うてな。

村本:そう! 最後の噺(はなし)になったときにおまえの背中をポンポンとたたいたら、「え、何? 何?」って忘れやがって!

中川:やり慣れへんことはやらん方がいいと思ったね……。

村本:この前のライブでも、めちゃめちゃ面白いアドリブを思い付いて言ったら、「え、そんなんあった?」とか言うし。ホンマ、この中川クリストファーは、なかなかのポンコツやで!

今月の激オシ映画はコレ!

『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』

第2次世界大戦時、ドイツの世界最強の暗号エニグマを解き明かした天才数学者アラン・チューリングの波乱の人生を描いた伝記ドラマ。劣勢だったイギリスの勝利に貢献し、その後コンピューターの概念を創造し「人工知能の父」と呼ばれた英雄にもかかわらず、戦後悲劇の運命をたどったチューリングを、ベネディクト・カンバーバッチが熱演。第87回アカデミー賞主演男優賞にノミネートされた。キーラ・ナイトレイをはじめ、マシュー・グードマーク・ストロングら実力派が脇を固める。

映画『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』オフィシャルサイト

(C)2014 BBP IMITATION, LLC

ウーマンラッシュアワーPROFILE

2008年に結成された、村本大輔と中川パラダイスによるお笑いコンビ。2011年「ABCお笑い新人グランプリ」最優秀新人賞受賞、2012年「THE MANZAI 2012」決勝進出、2013年NHK上方漫才コンテスト優勝など数々の賞に輝き、4月に東京進出。先ごろ行われた「THE MANZAI 2013」で見事優勝し、3代目王者に輝いた。

島ぜんぶでおーきな祭 -第7回沖縄国際映画祭-開催!

沖縄国際映画祭

開催期間:3月25日(水)~29日(日)

会場:宜野湾市:沖縄コンベンションセンターおよび周辺地区/ 島ぜんぶでおーきなスタジオ
那覇市:桜坂劇場/国際通りてんぶす前広場
沖縄市:コザ・ミュージックタウン/コザゲート通り周辺
その他:北谷町はじめ県内各所
※開催期間中はなるべく公共交通機関をご利用ください。

第7回となる今回は、名称を「島ぜんぶでおーきな祭」にリニューアルをし、3月25日(水)から29日(日)まで、県内北から南、離島までを巻き込んだ祭典としてスケールアップします。国内外からの秀逸な映画作品の上映、音楽・お笑いイベントを県内中で開催。また映画祭の華であるレッドカーペットは、沖縄市でも初開催するほか、那覇市国際通り、宜野湾メイン会場でも実施いたします。3月12日には、那覇市国際通りによしもと沖縄花月、沖縄おもろお化け屋敷(仮)がオープンします。

詳しくはオフィシャルホームページでご確認ください!

「島ぜんぶでおーきな祭-第7回沖縄国際映画祭-」オフィシャルサイト

村本大輔

村本大輔

1980年生まれ。福井県出身。自分でも「ネットに書き込まれるうわさはほとんどが事実です!」と認めている、自称・ゲス野郎芸人。だがその一方で、ジブリ作品やピクサーなどの心温まるアニメが大好きで、映画『あなたへ』で号泣するほどのピュアな一面も持ち合わせる大の映画好き。水産高校に通っていたため(中退)、お魚系や海洋ネタにも意外に詳しい。


中川パラダイス

中川パラダイス

1981年生まれ。大阪府出身。これまで10回もコンビ解散している村本と唯一トラブルもなくコンビを続けている広い心の持ち主。2012年に入籍し、現在1児の子育てを満喫中のイクメンパパでもある。映画に関しては、「王道なものしか観ない」というフツーレベル。


[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 3月
  4. 20日
  5. 第24回:ウーマンラッシュアワーの『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』談義