シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
今週のクローズアップ:あなたの好きなヒロインは?実写版ディズニーキャラ特集

ディズニー・ラブストーリーの原点とされる映画『シンデレラ』が、実写版としていよいよ公開。今回はこれまで公開された(公開予定も含む)実写版ディズニーヒロインをメインに、名悪役や王子、そしてそんな彼らを演じた俳優にスポットを当ててご紹介します。(編集部:山本優実)

<ディズニーヒロイン編>

女子なら一度は憧れたことがあるディズニーヒロインたち。実写版では現代にも通じる女性として描かれている。

1.エラ ー『シンデレラ』よりー

© 2015 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

ピュアな心を持つ美しいヒロイン。母親が生前に語った「勇気と優しさを忘れないで」という言葉を胸に、真っすぐに育つ。父の再婚をきっかけに、継母と2人の新しい姉を迎え入れるが、父が仕事先で帰らぬ人となると、継母たちからつらくあたられるようになる。次第に屋根裏部屋に追いやられ、召使い同然の扱いになるが、それでも母の言葉を胸に耐え続ける。ある朝、暖炉の灰を顔につけたまま働いていると、姉妹に笑われ「灰まみれのエラ」=シンデレラと名付けられてしまう。あまりの悲しさに家を飛び出し、森の中で王子と運命的な出会いをすることになる。
『シンデレラ』作品情報はこちら

続々と出演作を控えるリリー・ジェームズ Karwai Tang / WireImage / Getty Images

演じたのはこの人! リリー・ジェームズ
オーディションでシンデレラ役を射止めたのは、現在26歳のリリー・ジェームズ。映画『タイタンの逆襲』やテレビドラマ「ダウントン・アビー」などで活躍する、ハリウッド期待の新星だ。子供のころからおとぎ話の作品は大好きだったそうで、中でも『美女と野獣』がお気に入りだったとか。アニメ版で描かれたシンデレラについては「受け身な印象を受けた。でも、今作はもっと自由な精神を持ち、型にはまった規則など破るくらいなの。時を経て、アニメ版と比べて、シンデレラがより強いキャラクターになっている」とインタビューで語っている。次回作には、ブラッドリー・クーパーシエナ・ミラーと共演するコメディー映画『アダム・ジョーンズ(原題) / Adam Jones』の出演が控える。

映画『シンデレラ』は4月25日より全国公開

2.オーロラ姫 ー『マレフィセント』よりー

© Walt Disney Studios Motion Pictures/Photofest

赤ん坊のころ、マレフィセントに「16歳の誕生日に糸車で指を刺し、覚めない眠りに落ちる」という呪いをかけられる。その呪いを恐れたステファン王の命令により、森の中で3人の妖精に育てられ、好奇心旺盛で美しく優しい心を持って成長する。ある日マレフィセントと森で出会い、自分に呪いをかけた人物と知らずに、彼女を「フェアリー・ゴッドマザー」と呼び、慕うようになる。
『マレフィセント』作品情報はこちら

アンジーもメロメロ!エル・ファニング ©シネマトゥデイ

演じたのはこの人! エル・ファニング
現在17歳のエル。幼いころから子役として活躍し、宮崎駿監督の『となりのトトロ』英語吹き替え版ではメイ役を務めたこともある。現在は、J・J・エイブラムス監督の『SUPER 8/スーパーエイト』ソフィア・コッポラ監督の『SOMEWHERE』フランシス・フォード・コッポラ監督の『Virginia/ヴァージニア』といった名監督の作品でも抜群の存在感を発揮する若手実力派だ。また、人気ファッションブランド「ミュウミュウ(MIU MIU)」の広告キャンペーンにも起用されており、ティーンや大人女子に絶大な人気を誇っている。本作で共演したアンジェリーナ・ジョリーは、「この若さで才能を開花させただけじゃなく、長くエンターテインメント業界にいながら、純粋さや素直さを失わない。きっとご両親の育て方が良かったのね。女優として、そして女性として尊敬できる存在だし、わたしの娘もこんなふうに育ってくれたら最高ね」と語るほど彼女の魅力にメロメロだったとか。

3.白雪姫 ー『スノーホワイト』よりー

© Universal Pictures/Photofest

国中で唯一、邪悪な女王より美しい。魔女ラヴェンナのたくらみにより、父親である国王のほか、家臣も全て殺されてしまう。城の塔に閉じ込められていたが、ある日隙を見て城から逃げ出すことに成功。迷い込んだ森の中で、恐ろしい幻覚や生き物に襲われるが、猟師のエリックに命を救われ、森の中でさまざまな人と出会い、成長していく。長編アニメバージョンのカラフルなドレスにおっとりとした姫とは異なり、髪も服もボロボロで、ラストシーンには馬に乗り甲冑(かっちゅう)姿という「戦う白雪姫」という設定も話題となった。
『スノーホワイト』作品情報はこちら

『トワイライト』シリーズで大ブレイクしたクリステン・スチュワート Kristy Sparow / Getty Images

演じたのはこの人! クリステン・スチュワート
世界中のティーンをとりこにした『トワイライト』シリーズで、ヴァンパイア(ロバート・パティンソン)に恋する主人公ベラを演じ、ブレイクしたクリステン。共演したロバートとは、公私共に恋人同士でもあったが、本作のメガホンを取ったルパート・サンダーズ監督との不倫が明らかになり大スキャンダルに。その後、ジュリアン・ムーアがアカデミー賞主演女優賞を受賞した映画『アリスのままで』などに出演。ウディ・アレンアン・リーといった名だたる監督の作品への出演も予定している。実は『パニック・ゲーム』でジョディ・フォスターの娘を演じており、子役時代から活躍している。

4.ラプンツェル ー『イントゥ・ザ・ウッズ』よりー

© 2015 Disney Enterprises, INC. All Rights Reserved.

森の中の塔に住む、長い黄金色の髪を持つ美女。アニメ版ではとある国のプリンセスだったが、今作ではパン屋の主人の妹という設定。生まれてすぐに魔女によって連れ去られたため、本人はそのことを知らず、魔女を母親と信じて塔の中で育つ。一度も出たことがない外の世界に憧れ、いつか自由の身になりたいと思いながら暮らしている。ある日窓辺に座って歌を歌っていると、その声に引き付けられた王子と出会い……。
『イントゥ・ザ・ウッズ』作品情報はこちら

演じたのはこの人! マッケンジー・マウジー
ブロードウェイを中心に活躍する女優。舞台を経験していただけあって、本作では美しい歌声を披露している。テレビドラマでは「私はラブ・リーガル2」「BONES」シーズン7などに出演。本作のラプンツェル役への大抜てきで、今後の活躍が期待される。ちなみにすでに結婚しており、夫はブロードウェイ俳優のジョン・アーサー・グリーン。Instagramでは二人のラブラブ2ショットが公開されている。

映画『イントゥ・ザ・ウッズ』は全国公開中

5.ベル ー『美女と野獣』よりー

© Walt Disney Pictures / Photofest / Getty Images

ついに2017年3月に全米公開が決まったエマ・ワトソン主演の実写映画『ビューティー・アンド・ザ・ビースト(原題) / Beauty and the Beast』。野獣役のダン・スティーヴンスのほか、主要キャストも決定し、全世界から注目されている。実写版ベルのビジュアルや、キャラクター像は公開されていないが、アニメ版『美女と野獣』のベルは、読書や空想を好む風変わりな女性で、どんな相手にも臆することなく自分の意見をはっきりと述べる一面を持つ。ある事件をきっかけに、城の主である野獣と暮らすことを決意する。最初は野獣に対して警戒心を持っていたが、魔法によって食器や家具にされてしまった召使いたちと交流を深め、野獣とも打ち解けていく。
アニメ版『美女と野獣』作品情報はこちら

エマ・ワトソン演じる実写版ベルに期待! Michael Tran / FilmMagic / Getty Images

演じるのはこの人! エマ・ワトソン
ご存じ『ハリー・ポッター』シリーズのハーマイオニー役で大ブレイクしたイギリスの女優。最近では映画『ウォールフラワー』『ブリングリング』『ノア 約束の舟』など多数出演し、フランスの化粧品ブランド「ランコム」の広告塔に起用されるなど人気は高い。イギリスのヘンリー王子との熱愛のうわさもあった。エマは、本作でのベル役の決定について、自身のFacebookで「ついにみんなに言うことができるわ……わたし、ディズニーの実写版『美女と野獣』でベルを演じることになったの! あの作品は子供のころからわたしの中で大きな部分を占めていて、『Be Our Guest』に合わせてダンスしたり、『Something There』を歌ったりできるなんて、もう夢のようだわ。6歳のときのわたしの心臓は天井まで飛んでいっちゃいそう。歌のレッスンを始めなきゃね。みんなが(映画を)観てくれるのが待ちきれないわ」とコメントしており、気合十分のようだ。

<ディズニー名悪役編>

ディズニーアニメに登場するいわゆる悪役たち。実写版では、アニメ版の描かれ方と比較しつつ、彼らの知られざる過去や苦悩など、キャラクターの背景を押さえると、違った一面が見えてくるはず。

1.継母 ー『シンデレラ』よりー

© 2015 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

前夫を亡くし、2人の娘を苦労して育てた過去があり、経済的に不自由のない暮らしを得るために、エラの父親と再婚する。しかし新しい夫が、実の娘に注ぐ深い愛情を知り、エラに嫉妬(しっと)するようになる。派手でギャンブル好き。王子が妃(きさき)を選ぶために、国中の未婚女子を招いた舞踏会が開催されると知り、娘たちを王家に嫁がせようとたくらむ。

貫禄の演技を見せつけたケイト・ブランシェット Gregg DeGuire / WireImage / Getty Images

演じたのはこの人! ケイト・ブランシェット
映画『アビエイター』『ブルージャスミン』と2度のオスカーに輝く、言わずと知れた実力派女優。代表作は『エリザベス』『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズ、『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』など。私生活では、先日第4子となる養女を迎えたことを発表している。本作では継母の女性としてのもろさや悲しみを表現しているが、本人いわく「継母が人に好かれるような感じで演じてはいけないと心掛けました」という。「観客から好かれる、好かれないということでなく、彼女を理解することが大切だと感じたんです。また主人公はシンデレラなわけだし、重要なのはシンデレラが、善良で優しくて強い女性として描かれることでした」とあくまでもシンデレラの魅力を生かす脇役に徹したそうだ。とはいえ、「世界で最も恐ろしく意地悪な継母」を風刺に陥ることなく演じ切った、オスカー女優・ケイトの貫禄ある演技に要注目だ。

2.フック船長 ー『フック』よりー

©TriStar Pictures/Photofest

アニメ映画『ピーター・パン』のフック船長にそっくりのビジュアルで、黒の長髪に特徴的な口ひげを生やしている。復讐(しゅう)のために、大人になったピーター・パンの子供を誘拐した。そしてピーターとの決戦を控える3日間、子供たちを手なずけようとたくらむ。自殺願望があり、銃口を自分に向けるたびに部下のスミーに止められる。ワニに左手を食べられたことがあり、ワニが大の苦手。

ハリウッドの名優ダスティン・ホフマン Michael Tran / FilmMagic / Getty Images

演じたのはこの人! ダスティン・ホフマン
これまでに『クレイマー、クレイマー』『レインマン』で2度のアカデミー賞受賞、俳優として50年以上のキャリアを誇る名優。2012年に『カルテット!人生のオペラハウス』で初の監督を務めている。翌年、がんの手術をしていたことが明らかになるが、『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』『靴職人と魔法のミシン』など現在も活躍している。

3.マレフィセント ー『マレフィセント』よりー

© Walt Disney Pictures/Photofest

邪悪な魔女という印象が強いが、幼いころは大きな翼を持った妖精だった。隣国に住む人間のステファンと恋に落ちるが、ステファンの国王になりたいという野望から、裏切られ妖精の翼を奪われる。深い悲しみと憎しみに包まれたマレフィセントは、王になったステファンの娘の生誕祭に出向き、娘に呪いの魔法をかけることとなる。王の命令により娘を預けられた3人の妖精の、あまりにでたらめな子育てを陰から支援し、オーロラが崖から転落しそうなときもこっそり魔法で助けている。心優しいオーロラと過ごすうちに、自分がかけた呪いを後悔するようになる。

アンジェリーナ・ジョリー ©シネマトゥデイ

演じたのはこの人! アンジェリーナ・ジョリー
『トゥームレイダー』などアクション女優として活躍。『17歳のカルテ』ではアカデミー賞助演女優賞を受賞し、『チェンジリング』では同主演女優賞にノミネートされるなど演技派としても知られる。3人の養子を迎え、夫のブラッド・ピットとの間にも3人の子供がいる。2013年にはがんの予防のために乳房切除手術を、そして先日、卵巣と卵管の摘出手術をしたという報道も話題になった。マレフィセントの特徴的な話し方は、自身の子供たちに聞かせて反応を見ながら声色を極めていったそうだ。ちなみにブラッドとの間に生まれた娘のヴィヴィエンが、幼いころのオーロラとして出演し、親子共演を果たしている。

4.魔女(ラヴェンナ) ー『スノーホワイト』よりー

© Universal Pictures/Photofest

永遠の若さと美貌(ぼう)を求める魔女。国を乗っ取るために国王を暗殺し、自らは女王として君臨する。幼いころに母親と弟と共に国を追われ、美しいものの生き血で自分の美しさを保つことができる魔法を母親にかけられる。その呪いのせいで美しさに執着し、苦悩を強いられる。永遠の美しさを手に入れるため、スノーホワイトの心臓を狙う。

私生活ではショーン・ペンと婚約! Jason LaVeris / FilmMagic / Getty Images

演じたのはこの人! シャーリーズ・セロン
抜群のスタイルを生かしてモデルから女優に転身。代表作には『スウィート・ノベンバー』『サイダーハウス・ルール』『ハンコック』などがある。私生活ではショーン・ペンと婚約し、現在は自身の出身地である南アフリカから養子を迎えている。アカデミー賞主演女優賞を受賞した『モンスター』では体重を10キロ以上も増やし、眉毛を全部抜くという徹底した役づくりも話題になった。本作では、『モンスター』で演じた連続殺人犯アイリーンにも劣らぬ、シワシワでおぞましい魔女っぷりを披露している。ちなみに、『スノーホワイト』の前日譚(たん)にあたり、スノーホワイトに出会う前の猟師のエリックとラヴェンナ女王を描いた映画『ザ・ハンツマン(原題) / The Huntsman』の続投も決定している。

5.赤の女王 ー『アリス・イン・ワンダーランド』よりー

© Walt Disney Pictures/Photofest

ワンダーランドの独裁者。妹である白の女王から王座を奪った冷酷な独裁者。自分の意に反する者は容赦(ようしゃ)なく首をはねる。アリスが再びワンダーランドに降り立ったことを知り、恐れている。誰からも愛される妹に激しい嫉妬心を抱いている。
『アリス・イン・ワンダーランド』作品情報はこちら

ヘレナ・ボナム=カーター&ティム・バートン監督 Dave M. Benett / Getty Images

演じたのはこの人! ヘレナ・ボナム=カーター
『ハリー・ポッター』シリーズのベラトリックス・レストレンジ、『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』のミセス・ラベット、『レ・ミゼラブル』のマダム・テナルディエなど、個性的なキャラクターを演じさせれば彼女の右に出る者はない、ハリウッドの演技派女優。赤の女王の役づくりには、パートナーであるティム・バートン監督との間にもうけた娘のネルちゃんを参考にしたそうで「(赤の女王は)頭が大きいから、子供だと思ったわ。暴君なところも子供みたい。他者への同情が一切ないの。実はわたしたちの子供も、命令するだけの独裁者なのよ。『いや! いらない! ママ早く来て! あっちへ行って! テレビ見て!』ってね。子供の姿は大きなインスピレーションになったの」とのこと。ちなみに昨年、13年間連れ添ったバートン監督との破局が報じられた。

<ディズニープリンス編>

実写版で注目されるのは、ヒロインに手を差し伸べるカッコイイ王子様! そんな王子役を射止めたイケメン若手スターをご紹介。

リチャード・マッデン - Jeff Kravitz / FilmMagic / Getty Images

『シンデレラ』王子役 リチャード・マッデン
テレビドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」シリーズの、ロブ・スターク役で大ブレイクしたリチャード・マッデン『暮れ逢い』ではレベッカ・ホール演じる人妻と恋に落ちる青年を演じた。本作では森で出会ったシンデレラに一目ぼれする王子役に大抜てき。国王である父とのきずななど、これまで描かれてこなかった王子のキャラクターに注目だ。

『マレフィセント』フィリップ王子役 ブレントン・スウェイツ
オーストラリア出身の25歳。フィリップ王子役と正反対のビジュアルで丸刈りに鋭い目つきでワルを演じた『ガンズ&ゴールド』などでは共演のユアン・マクレガーを食うほどの好演を見せた。ジョニー・デップ主演の大人気シリーズ『パイレーツ・オブ・カリビアン』第5作への出演も決定しており、今後ますます活躍が期待される。

[PR]

この記事を共有する

関連情報
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク