シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
トップ

■『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』ワールドプレミアレポート!

 『アイアンマン』をはじめとする大ヒット映画のヒーローたちが一堂に会する映画『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』のワールドプレミアが現地時間4月13日、アメリカ・ロサンゼルスはハリウッドで開催! ロバート・ダウニー・Jrをはじめとする最強チーム「アベンジャーズ」のキャストはもちろん、マーベル映画のファミリーが集結したプレミアの様子をお伝えします!(編集部・入倉功一)

AV
© Marvel 2015
AV
トニー・スタークは今回も大活躍! © Marvel 2015

『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』とは…… アイアンマン、キャプテン・アメリカ、ソー、ハルク、ブラック・ウィドウなど、大ヒット映画で活躍するヒーローたちが集結したアクション巨編の第2弾。アイアンマンとして平和のために戦う実業家、トニー・スターク(ロバート)が、治安維持システムとして開発した人工知能ウルトロンが、世界の平和を最も脅かす存在は人間そのものであると認識。圧倒的な力で人類を滅亡させようとするウルトロンを打ち倒すべく集結した、アベンジャーズの戦いが描かれる!

■拍手喝采の試写&キャスト集結の爆笑会見!)

AV
豪華キャストがズラリ勢ぞろい!

 プレミアに先駆け、カリフォルニア州バーバンクにあるディズニー本社のスクリーンで、キャスト一堂による会見が。その前日には試写も行われました。

AV
試写用のスクリーンには『アナと雪の女王』の二人が!

 プレス会見には、ロバート・ダウニー・Jr(アイアンマン)、クリス・ヘムズワース(ソー)、マーク・ラファロ(ハルク)、クリス・エヴァンス(キャプテン・アメリカ)、スカーレット・ヨハンソン(ブラック・ウィドウ)、ジェレミー・レナー(ホークアイ)、サミュエル・L・ジャクソン(ニック・ヒューリー)、ジェームズ・スペイダー(ウルトロン)、エリザベス・オルセン(スカーレット・ウィッチ)、アーロン・テイラー=ジョンソン(クイック・シルバー)、ポール・ベタニー(ビジョン)、コビー・スマルダーズ、そして監督のジョス・ウェドンに製作のケヴィン・ファイギと豪華キャスト&スタッフが集結! 空前の大ヒットを記録した『アベンジャーズ』を受け、世界中の映画ファンの期待を背負った大作が完成した安心感から、全員がリラックスした表情で会見に臨みました。

AV
キャップもずっと笑顔!

 徹底した秘密主義が貫かれていただけに、会見では、世界中の記者から脚本も手掛けたウェドン監督に質問が集中。前作以上の主役級キャストが入り乱れる本作について、全てのキャラクターに映画のテーマにそった見せ場を与えることを心掛けたという監督は、「まだ観客に見せていない彼らの一面は何だろう? 彼らがまだしていないこと、交わしていない会話は? どうやって彼らの内面に迫り、どんな面白い部分を見せられるのか?」に気を配ったと語ります。

01
前作以上に複雑さを増した大作を作り上げたウェドン監督

 そんなウェドン監督の脚本に太鼓判を押したのがロバート。「ジョスの脚本を読んだとき、とにかく素晴らしいと言ったよ。ケヴィンから『これまで素晴らしいなんて言ったことがなかったのに』と言われたんだよね。でもとにかく素晴らしいから、撮影に入ろうと伝えた。彼はトニーに対しても、新しい素晴らしいシチュエーションを考え出してくれたんだ」と大満足の様子で語っていました。

AV
脚本の出来に大満足だったというロバート

 ちなみ、この日会場を一番沸かせたのは、やっぱりロバート。ウルトロンを生み出すだけでなく、アベンジャーズをまとめ、ハルクの面倒まで見て……と大活躍となる今回のスターク役について聞かれると、「まず最初に言わせてくれないか……。もし今後の会見で僕への質問が一番最初じゃなかったら(この日は4番目の質問だった)、出て行かせてもらうからな!」と笑顔で不満をぶちまけ、会場は大爆笑に包まれたのでした。

01
終始笑いに包まれた会見になりました!

■マーベルファミリーが集結!熱狂のプレミア

AV
会場周辺は大混雑!

 会見から2日明けた現地時間13日には、ハリウッドの中心部に位置し、アカデミー賞会場としても知られるドルビーシアター周辺でワールドプレミアが開催! 夕方からのイベントに向け、会場周辺には早朝からファンが集結。多くの観光客が入り乱れるハリウッドの中心部にあって、一番乗りのファンは3日前から待ち構えていたというのですから、『アベンジャーズ』フィーバーのすさまじさが感じられます。

AV
1枚持って帰りたい! パネルがレッドカーペットを飾ります

 会場周辺には、世界中から集まった、145台のスチールと85台のテレビカメラが待機。レッドカーペット添いには本作に登場するヒーローたちの巨大パネルが飾られ、いやが上にも気分が盛り上がります!

AV
ソックリ? 等身大ソー、スターク、キャップがお出迎え!

 さらには、トニー・スタークとソー、キャプテン・アメリカの等身大ろう人形も登場! また、圧倒的なパワーを持ったハルクの力を抑えるためスタークが開発した、アイアンマンの新アーマー「ハルクバスター」のフィギュアも展示され、電動式でアーマーが可動する心躍る仕掛けにプレス関係者も大興奮。動画を撮影するための人だかりができていました!

AV
精巧なハルクバスターフィギュアも! これ、動くんですよ~!

■アベンジャーズ・アッセンブル!

AV
熱狂のプレミアがスタート! © Marvel 2015

 そうして、ロサンゼルスの強烈な日が陰り始めた夕方からプレミアイベントがスタート! エル・キャピタン・シアター周辺に敷かれたレッドカーペットに次々とスターが登場し、そのたびに周囲から大歓声が上がります。

AV
スタン・リーにアンソニー・マッキー!

 主要キャストが登場するだけでも大混乱なのですが、マーベルの重鎮スタン・リーを筆頭に、『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』でキャップの相棒ファルコンを演じたアンソニー・マッキー『アイアンマン』シリーズの監督にして、トニーの運転手兼・親友でもあるハッピーを演じたジョン・ファヴロー監督、ウォーマシン役のドン・チードル、マーベルの新ヒーロー『アントマン』で主演を務めるポール・ラッド、海外ドラマ「エージェント・オブ・シールド」のキャストまでマーベルファミリーが集結! 実力も折り紙つきのスターの集結が、改めてマーベル映画の懐の深さを感じさせます。

01
劇中で需要な役を務めるキム・スヒョン! セクシーな衣装で周囲を魅了していました
01
ジェームズ・ガン監督! 『ガーディアンズ~』続編が今から楽しみです

 そして、昨年空前のヒットを記録した『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の監督にして、東京国際映画祭で審査委員長を務めたジェームズ・ガン監督も! 本作の出来映えをたたえた後、『ガーディアンズ~』メンバーが『アベンジャーズ』に登場する可能性について、「もちろん同じユニバースの出来事だからね。いつか、彼らが出会うこともあるだろう」とコメントした監督は、製作が決定している『ガーディアンズ~』の続編についても「マジで素晴らしいものになるのは間違いない。今から撮影が待ちきれないよ。クリス(・プラット)たちともたくさん話し合って、もっと新しいことをやろうとしてるんだ!」と力強く語っていました。

01
超、日本びいきのマイケル・ルーカー! 温泉入りに来てください!

 さらに、『ガーディアンズ~』のヨンドゥ役にして、海外ドラマ「ウォーキング・デッド」のメルル役でも知られるマイケル・ルーカーも参上! 昨年、初来日を果たしたマイケルは、「シカゴでずっと合気道を習っていたから、日本でも極真道場を訪ねたりと素晴らしい時間を過ごしたよ。日本食も本当に最高だった」と上機嫌。さらに、ヨンドゥが『アベンジャーズ』に出る可能性について、「そのときが来るといいね!」と語ったマイケルは、「また日本に行きたい。東京じゃなくて、もっと地方を旅して、オンセン(日本語で)につかりたいよ!」ととっても日本びいきなところを見せてくれました。

■主要キャストが続々!熱気は最高潮に!

AV
『ゴジラ』カップルも登場! アーロン・テイラー=ジョンソンとエリザベス・オルセン

 そんな豪華ゲストたちに続いて、ついに主要メンバーが登場! 昨年ハリウッド版『GODZILLA ゴジラ』で主演を務め、日本でも名を広めたアーロンは、『アベンジャーズ』の一員として参加したプレミアに、「本当に素晴らしいよね。ポスターにまで載せてもらえて、最高な気分だ」とゴキゲン! 豪華スターたちとの共演に「最初は怖かったんだ」とこぼしつつ、「でもみんなとにかくクールなんだ。結局は家族みたいになって、すごく居心地がよかった。時々、彼らが演じているキャラクターを体現しているみたいだったよ。ダウニーはスタークに見えたりね」と笑顔。同じく『GODZILLA ゴジラ』に出演し、アーロンとは再共演となったオルセンも、「アベンジャーズのメンバーが和気あいあいと過ごすシーンがあって、そこがとっても気に入ってるの」と本作の見どころを語っていました!

01
ハルクの怒りは少しも感じさせず? 終始紳士的だったマーク・ラファロ

 またオルセンと同じシーンをお気に入りに挙げたのが、ハルクを演じるマーク・ラファロ! 久々のメンバーとの再会について「(『アベンジャーズ』の後)みんなそれぞれの生活に戻り、子供や家族ができ、何人かはさらに成功をおさめてこの作品に戻ってきた。とにかく、美しい再会だったね」と歓喜。「アベンジャーズ」は自身にとって家族だと笑顔で語ると、子供たちの願いをかなえる団体のサポートでプレミアに参加した少年に、優しくサインをしてあげる場面も。劇中でのハルクの暴れぶりと違い、紳士的な魅力を振りまいて周囲を魅了していました。

01
子供にサインをしてあげる優しいハルク!
01
ポール・ベタニー、今回は顔出し出演です!

 また長らくトニー・スタークの相棒でもある人工知能ジャービスの声を担当し、本作では、ついに新キャラクター・ビジョンを演じるポール・ベタニーの姿も。熱狂のプレミアに「本当に素晴らしいね。これまで参加したイベントの中でも、これほどクレイジーなものはなかった」とコメントすると、ついに声以外で実現したキャストたちとの共演に「みんなとても歓迎してくれたよ。ダウニーは素晴らしいスピーチで仲間に迎えてくれたし、プロフェッショナルたちとの共演を楽しめた」と大満足だった様子。「これほどまでにとてつもないアクションは見たことがないよ。それでいて、見事に本編になじんでいるんだ。ジョシュは素晴らしい仕事をしたと言えるね」と映画の出来に太鼓判を押していました。

01
美しい黒のドレスで会場を魅了したスカーレット・ヨハンソン © Marvel 2015

 さらにブラック・ウィドウ役のスカーレット・ヨハンソンは、シックなブラックのドレスで会場を魅了。現在は一児の母となったスカーレットは、「わたしとしては、子供が観られる映画に出演したのは(このシリーズが)初めてだと思うから、そういった意味で新しいファンが誕生するかもしれないわ。それはとてもワクワクすることね。ファンの皆さんは本当に献身的で、よくサポートをしてくれるの。彼らが映画の成功を応援してくれるのは本当に素晴らしいことだわ」と語りました。

01
われらが社長は高級車で登場! © Marvel 2015

 その後も、サミュエル、クリス、ヘムズワースなど大スターが次々に登場する中、奥さんのスーザン・ダウニーを助手席に乗せ、高級車アウディで会場に乗りつけたのがロバート! 大トリの登場であわただしい中、トニー・スタークまんまの姿に大興奮のファンに対して快くサインに応じる熱心なサービスを披露。やはりこの日も一番の声援を集めていたのでした!

01
© Marvel 2015

映画『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』は7月4日より日本公開
オフィシャルサイト

[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 5月
  4. 1日
  5. 『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』ワールドプレミアレポート!