シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

■「バットマン」前日譚!海外ドラマ「GOTHAM/ゴッサム」現場取材レポート!

 ゴッサム・シティーを舞台に、人気ヒーロー「バットマン」の誕生秘話を描いた話題騒然のテレビシリーズ「GOTHAM/ゴッサム」。全米では昨年9月に放映がスタートし、プレミアのエピソードの視聴者数が1,200万人と大ヒット。批評家の評価も非常に高く、今年1月、早々に第2シーズンの製作が決定している。(取材・文:吉川優子)

nobi
GOTHAM and all pre-existing characters and elements TM and © DC Comics.Gotham series and all related new characters and elements TM and © Warner Bros. Inc. All Rights Reserved.
nobi
主人公のジェームズ・ゴードン刑事と相棒のハービー・ブロック刑事 GOTHAM and all pre-existing characters and elements TM and © DC Comics.Gotham series and all related new characters and elements TM and © Warner Bros. Inc. All Rights Reserved.

 主人公は、後にゴッサム市警の本部長となるジェームズ・ゴードン刑事で、映画『ダークナイト』トリロジーでは、ゲイリー・オールドマンが務めた役どころ。ゴードンがまだ駆け出しの頃、後にバットマンとなるブルース・ウェインの両親の殺人事件を担当することになるところからストーリーは始まる。ペンギンリドラーキャットウーマンといった有名なヴィラン(悪役)たちが、どのようにして生まれたのかといった裏話や、ゴッサムを牛耳る暗黒街のボスたちの権力抗争など、見どころ満載の壮大なクライムサスペンスとなっている。

■ニューヨークがゴッサムに!

nobi
ジェームズ・ゴードン刑事とハービー・ブロック刑事たちが働くゴッサム・シティ警察署の中。警察署の真ん中に監獄があるというユニークな設定になっている(写真の右側)。プロダクション・デザイナーのダグ・クレイナーは、「署内では、いつも人々が動き回り、混沌としている。それで、いくつかの階を作ることにした。古い時代に作られた建物で、古い教会や駅のイメージ。インスピレーションを得たのは『バットマン』のコミックやオリジナル・シリーズ、映画など全て。参考に『ブレードランナー』や「セブン』も見たよ。時代がいつかわからないように作られている。携帯電話はあるけど、スマートフォンはない。タイプライターもコンピューターもあるけど、フラットスクリーンはないんだ」と説明してくれた。

 撮影が行われているのはニューヨーク。街のあちこちでロケが行われているが、ゴッサム警察署などメインのセットが組まれているのは、ダウンタウンから川を渡ってすぐのブルックリンにあるスタイナー・スタジオだ。大作映画のような豪華なセットをいくつか案内された後、主要キャストやプロデューサーらに新番組の魅力について話を聞いた。

■主人公はゴードン!

nobi
ベン・マッケンジー(ジェームズ・ゴードン刑事役) 古き良き時代のアメリカを思わせる好青年。見るからに人柄が良さそうで、話していても、真面目な性格がうかがわれる。父親は弁護士だそうだ。スタントをやっていて、壁に激突した時の額の傷が見える。ドナル・ローグが、 怪我をして病院に行ったものの、すぐに戻ってきて仕事を続けたベンの熱心な仕事ぶりを賞賛していた。「僕は、アダム・ウェストがバットマンを演じた番組を見て育ったんだ。パット・ヒングル(ティム・バートンの『バットマン』のゴードン役)は、人生の違う時期にいる、かなり違うキャラクターだった。もちろん、クリストファー・ノーランの映画は大好きだった。ゲイリー・オールドマンは本当に素晴らしい役者だよ」

 ゴードンを演じるのは、ドラマ「The OC」「サウスランド」で知られるベン・マッケンジー。意志の強さと人柄の良さが感じられるテキサス男のベンは、正義感溢れるゴードン役にピッタリ。世界的に注目されている新番組の主演、それも「バットマン」の前日譚(たん)ということでかなりのプレッシャーがあったという。「『バットマン』は75年間も存在していて、これまでに数多くの監督やライターたちによってさまざまに解釈されてきた。僕のアイデアをそこに足すことができるなんて名誉なことだよ。だから、失敗しないように頑張っている。このドラマがオリジナルストーリーというところも大好きだね。彼がどういう人になっていくかに縛られなくてすむから、ある意味自由に演じることができる。若者がトラウマを経験し、復讐しようとするのは、世界的に共感出来るコンセプトだと思うよ」。

nobi
ブルーノ・ヘラー(クリエイター)「DCコミックとずっと仕事をしたかったんだけど、あまりに多くのキャラクターがある。そしたら、僕の息子が**『ゴードンは?』**って言ったんだよ。それで、彼がもしウェイン夫妻の殺人事件を調査した刑事だったら、というところからアイデアを膨らませていったんだ。バットマンがこれだけ長く人気があるのは、彼がスーパーヒーローではないヒーローだということにあると思う。彼は強い意志によってのみ勇敢になれるんだ。バットマンは、誰もが理解することができる世界を舞台にした贖罪(しょくざい)のストーリーなんだよ。ゴッサムというのは、夢の世界で、特定の時代はない。ここでは、壮大なストーリーが語られる、ということが感じられるんだ」

 さらに「各エピソードをできるだけ映画的な経験にする、というのが僕たちの目標なんだ」と言うベン。確かに本作は、テレビ番組とは思えない映像の美しさが特徴だ。映画の半分くらいの尺であるテレビ番組を9日間で撮影しないといけないため、撮影のペースはとても早い。アクションシーンも多く、以前、壁にぶつかってケガをしたときの傷跡が、まだ額の右側にはっきり残っていた。

 「ファイトシーンがあるたびにスタント・コーディネーターと一緒にどうやるか考えるんだ。それと、以前やった警察もの『サウスランド』で、LAPD(ロサンゼルス警察署)と仕事をしたときに身につけた戦術トレーニングも使っている。警官たちと一緒に過ごして、彼らのメンタリティーを理解できたのは役立っているよ。肉体的には、ボクシングやレスリング、ムエタイとか何でも使うね。カンフー映画の反対で振り付けは少なく、もっと素早く残忍で、荒削りなファイトなんだ」。

nobi
ゴードン刑事のフィアンセ、バーバラ・キーンのペントハウス・アパートで、二人で一緒に住んでいる。「ここは、ゴードンが、ゴッサムの暗さや問題から避難できる場所、というイメージをダニー・キャノン(プロデューサー)が持っていた。元々屋上庭園だったところに、過去20年以内に建てられた新しいアパート。美しいところだけど、ゴッサムのバージョンにしないといけなかったところが大変だった」とプロダクション・デザイナーのダグ・クレイナーは語る。

 ゴードンがパートナーのベテラン警官ハービー・ブロックと共に、毎回新たに起きる事件の捜査に当たると共に、シリーズ全体にわたってウェイン夫妻の殺人犯を追い続けるというストーリーが並行して展開。正直者のゴードンが、腐敗しきったゴッサムで仕事をするために、妥協せざるを得ない状況が次々と起きる。「エピソードが進むにつれて、彼の道徳的な厳格さはすり切れてきて、最終的には多分、破壊されることになる。また彼のフィアンセ、バーバラ・キーンとのロマンスや、警察権力、犯罪組織のメンバーとの関係も描かれる。彼は、ゴッサムの全ての人々と関係があり、みんなをつなぐ者でもあるんだ」。

■ゴードンの仲間たち

nobi
ドナル・ローグ(ハービー・ブロック刑事役)「僕はいつも、演じるキャラクターがどれくらいリアリスティックかということを考えて演じるんだ。そして、心の中でその男のバックストーリーを考えるんだよ。30年以上にわたって、何度もニューヨークの警官や刑事を演じてきたけど、どこか似た要素というのはあるものだ。ハービーはぶっきらぼうな男だと思う。そしてまた、彼は『ゴッサム』にユーモアの要素を提供している。ちょっとおどけたところがあるんだよ」

 理想に燃える新米刑事とは対照的なパートナー、ベテラン刑事のハービーを演じるのは、「サン・オブ・アナーキー」のドナル・ローグだ。二人が一緒のシーンには、どこかバディ映画を思わせるようなユーモアがあって、相性の良さを感じさせる。「ハービーは、最後の数年を務めあげて、年金をもらって辞めることに夢中なんだ。彼はこれまでにゴードンみたいな奴が来ては去っていくのを長い間見てきた。でも、ゴードンは本当に素晴らしい資質を持っているから、ハービーは、自分のかつての姿を思い出すようになると思うよ。ハービーがなぜ皮肉屋になったのか、そういうオリジンストーリーも出てくる」。

nobi
ダヴィード・マズーズ(ブルース・ウェイン役) 元々バットマンの大ファンというだけあって、この役を演じることに興奮気味のダヴィッド。「かなり長いオーディションの過程があったんだ。1週間に3度くらいテストをされた。普段僕の髪はすごくカーリーで、アフロみたいなんだけど、最後のテストの時、彼らは僕の髪を切って、まっすぐにした。それからとても素敵なブルース・ウェインの服を着せられたら、彼みたいに見えたし、感じられたよ。役をもらえたって母から聞いた時、ショッピング中でたくさん人がいたんだけど、大声で叫んだよ。これまでで最高の気分だったんだ」

 後にバットマンになるブルース・ウェインを演じるのは、「TOUCH / タッチ」で無言症の繊細な少年を演じた15歳のダヴィード・マズーズ。「バットマン」の大ファンだったそうで、ウェイン役に抜てきされてから、さらに徹底的にリサーチしたと語る。

nobi
ウェイン邸のリビングルーム:パイロットは、ロングアイランドのロケーションで撮影された。セットの天井の高さは5メートル以上。いかにも富豪が住んでいたと思える重厚な雰囲気の部屋。両親の殺人犯探しのためにブルースが集めた資料が積み上げてある。

「バットマンはスーパーパワーを持っていないから大好きなんだ。彼は悲劇に見舞われるけど、それを決断力や強さ、知性といった内的なものに転化し、それらを使ってケープをまとったクルセイダー(十字軍騎士)になるんだよ。多くの人たちがバットマンを演じてきたけど、僕のインスピレーションを選ぶとしたら、クリスチャン・ベイルだ。彼が演じるまで、あれほど暗くてシリアスなバットマンは誰も見たことがなかった。マイケル・キートンアダム・ウェストが演じたバットマンは、もう少し軽く、明るかった。この番組では、間違いなく彼のダークサイドを見ることになるよ」。

■個性的な悪役が画面を彩る!

nobi
GOTHAM and all pre-existing characters and elements TM and © DC Comics.Gotham series and all related new characters and elements TM and © Warner Bros. Inc. All Rights Reserved.

 番組に登場するヴィランたちもとても魅力的で、大きな見どころとなっている。ジェイダ・ピンケット・スミスが迫力満点で演じるフィッシュ・ムーニーは、新たに作られたキャラクターだ。ナイトクラブを経営するこの残忍な女ボスは、年老いてきたマフィアのボスの地位を狙い、さまざまな策略をめぐらす。

nobi
フィッシュ・ムーニーのナイトクラブ 撮影しやすいように、壁を動かせるように作られている。ジェイダ・ピンケット・スミスが演じる残忍でパワフルな女ボス、フィッシュ・ムーニーがオーナーのクラブ。ペンギンも最初このクラブでアシスタントとして働いている。
nobi
ロビン・ロード・テイラー(オズワルド・コブルポット/ペンギン)「最初、彼は低い地位にいる。でも、とても大きな野心を持っていて、ゴッサム・シティという犯罪の世界で、自分を確立しようとしているんだ。最初はうまくいかないけど、その失敗を使って、自分を元気づけ、最終的にはペンギンへの第一歩を踏みだすんだ。ジェイダ・ピンケット・スミスは、これまで僕が一緒に仕事をしたもっとも地に足がついた寛大な女優だよ。最初からすごく歓迎してくれて、オープンに話し合うことができたんだ」

 そして、彼女のアシスタントのオズワルド・コブルポットことペンギンを演じているのは、「ウォーキング・デッド」などに出演したロビン・ロード・テイラー。ブロンドの髪を染め、鼻にプロセティックをつけてペンギンになりきっているロビンは、この役で一気にスターになった感がある。「『バットマン リターンズ』ダニー・デヴィートも、オリジナルのテレビシリーズのバージェス・メレディスも素晴らしかったけど、彼らの中間をうまく見つけることができていればいいな」。

nobi
キャムレン・ビコンドヴァ(セリーナ・カイル/キャットウーマン) 5歳からダンスをやっているから、ずっと演技してきたように感じるというキャムレン。役の準備のために、「アダム・ウェスト主演の『バットマン』のテレビシリーズを観て、ジュリー・ニューマーが演じたキャットウーマンを観察した」そうだ。

 また番組の冒頭、ウェイン夫妻の殺人を目撃する孤児でスリのセリーナ・カイルを演じるのは、まだ16歳というキュートなキャムレン・ビコンドヴァ。ダンサーでもあるキャムレンは、のちにキャットウーマンとなるセリーナの動きを、「(飼っている猫の)ミスターGの動きを見て研究した」そうだ。彼女とブルースとの関係がどう展開するのかも注目だ。

nobi
GOTHAM and all pre-existing characters and elements TM and © DC Comics.Gotham series and all related new characters and elements TM and © Warner Bros. Inc. All Rights Reserved.

 そのほか、リドラーになるエドワード・ニグマ役にコーリー・マイケル・スミス、ブルースのバトラー、アルフレッド役にショーン・パートウィーなど、全てのキャストに実力派が勢揃い。クリエイターのブルーノ・ヘラー「ROME [ローマ]」「THE MENTALIST メンタリストの捜査ファイル」など)が、「人々がそれぞれのキャラクターに持っているイメージを大事にしながら、新しいことをフレッシュな視点で描かないといけない。そのバランスが難しい」と語っていたが、今のところ、そのチャレンジを見事に乗り越えている。テレビの枠を超えたスケールの大きな今番組、観始めたら絶対ハマルこと間違いなしのお勧め作品だ。

海外ドラマ「GOTHAM/ゴッサム」はAXNで放送中
オフィシャルサイト

[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 5月
  4. 15日
  5. 「バットマン」前日譚!海外ドラマ「GOTHAM/ゴッサム」現場取材レポート!