シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
三浦春馬&水原希子&本郷奏多
『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』
原作で明かされていない重要なヒントが隠された後篇
『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』後篇、三浦春馬&水原希子&本郷奏多 単独インタビュー

取材・文:斉藤由紀子 写真:高野広美

国内外に熱狂的なファンを持つ人気漫画の実写映画2部作が、後篇となる『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』でついに完結する。巨人に支配された世界で、生き残りを懸けた戦いに挑む主人公エレンを演じた三浦春馬。そして、エレンの幼なじみの女戦士ミカサ役の水原希子と、同じく幼なじみでエレンの親友アルミン役の本郷奏多。全世界が注目する本作で大役を務めた三人が、撮影を振り返りながら思いの丈を語った。

■前篇の謎が明らかになる後篇!

Q:原作と重なる部分もあった前篇に比べ、後篇はオリジナル要素があまりにも多くて驚きました。

三浦春馬(以下、三浦):原作でも明らかになっていない謎の重要なヒントが後篇に隠されているんです。ある人が今後の進行に関わる重要な言葉を発するんですが、それによって、この先の原作の展開を推測することができる。そこに気付けたとき達成感があるのではないかと思います。エンディングもすごくキレイで、希望を持って前に進んで行こうという前向きな気持ちを共有できるようになっていると思います。

水原希子(以下、水原):前篇は映像に圧倒されるシーンが多かったんですけど、後篇は人間ドラマの部分が濃くなっていって、いろんな意味で戦いも激しくなります。「こんなことがあったんだ!」って、前篇の謎だった部分が明らかになるので、早く皆さんに観ていただきたいです。

本郷奏多(以下、本郷):前篇に登場した映画オリジナルのキャラクターが、後篇から大きく動きだして複雑に絡まり合うんですね。しかも、原作とまったく違うわけではなく、原作と新たな要素が融合していくんです。巨人の正体も、原作を読んでいたら巨人化する人物がエレン以外にもいることがわかるんですけど、その人物は映画には出てこない。だから、誰が巨人になるのかを推測する楽しみや、新しい発見が後篇にはあると思います。

Q:この先、原作と映画がどう関連していくのか、皆さんが現場で推測し合うこともあったのでしょうか?

本郷:僕は、「実は原作のアレはコレらしいよ」「エエッ!? 僕はこんなことを聞いたんだけど」みたいな感じで、ウワサ話をみんなで共有していました。

三浦:そういうレアな情報は、たいがい本郷さんかジャンを演じた三浦貴大さんが握っているんですよ。僕には届いてこないんです。自分は何をしていたんだろう? って思うこともありました(笑)。

本郷:僕らは積極的に集めようとするから、情報が入ってくるだけだと思いますよ(笑)。

■超大型巨人の大きさに、勝てないと絶望!?

Q:超大型巨人や巨人化したエレンなど、特撮で作り上げた巨人たちの完成度について、改めて感じたことはありますか?

三浦:僕は本郷さんと三浦さんと一緒に、特撮チームの撮影所にお邪魔したことがあるんですが、実は、あの超大型巨人は、何人ものスタッフさんが特撮用の大型人形を後ろで動かしているんです。本郷さんが人形だとして、「もしもエレンがここ(本郷の肩)に来るとしたら、(肩に自分の人差し指を乗せて)このくらいのサイズです」ってスタッフさんが教えてくれたんです。すごくイメージが湧いたような……すご過ぎて湧かないような……(笑)。

本郷:絶対に勝てないよ! って思ったよね。

水原:それ、わたしも見学に行きました。そのときに、「これと戦ったとしたって、刃が刺さらないよ!」って思いました(笑)。でも、生で見る人形がすごくリアルで、どんなふうに合成されるのか、わたしには想像できなかったんです。樋口(真嗣)監督やスタッフさんの想像力が本当にすごかったのだと改めて感じています。あんな映像、観たことがないです!

三浦:そう、日本の特撮とVFXの精鋭たちが集まって、樋口監督の指示を形にするために密な打ち合わせをして、かなりの時間をかけて作り上げたんですよね。その丁寧さが映像に出ていると思うんです。どれだけの人数がどれほどの時間をかけて作り上げたのか、想像しただけで感動してしまいます。

本郷:前後篇合わせて1年くらいしか時間がなかったのに、あれだけのものを作ってしまったんですからね。例えば、ハリウッドのようにお金を掛けてやったのならわかるんですけど、そういうわけにもいかない中であれだけのクオリティーのものが作れたのは、間違いなく日本でトップクラスのスタッフが集まっていたからなんです。今の日本で作れる最新の、最高峰のものができていると思いますね。

■三浦・水原はアクション、本郷は知恵で勝負!

Q:今回、アクション面でも相当なご苦労があったと伺いました。特に、水原さんのキレのいいアクションには、三浦さんと本郷さんも感嘆したのでは?

三浦:それは、水原さんの努力の賜物(たまもの)だと思います。毎日アクションの練習を8時間もして、インナーマッスルも鍛えて。しかも、今回のお話を頂いたその日から体を鍛えていたみたいです。そのプロ意識にはビックリしました。

水原:いや、時間がないと思ったんです。今すぐやらないと間に合わないなって。

Q:ちなみに、三浦さんと本郷さんも相当訓練をされたんですよね?

本郷:春馬くんはもとからめちゃくちゃできる上に、努力もできる人なんです。もう無敵ですよ。例えば、今までやったことがなかった動きを急にやることになっても、完璧にできてしまうんです。

水原:そうなんですよ! 本当に何でもできちゃうからカッコいいんです!

三浦:二人して持ち上げ過ぎじゃないかな(笑)。

本郷:ちなみに僕は、春馬くんと水原さんが一生懸命アクションの練習をしていたときに、家で寝ていました(笑)。

三浦・水原:(爆笑)。

Q:もう少しアクションをやってみたい気持ちが、本郷さんにもあったのでは?

本郷:やってはみたかったのですが、アルミンは体力がないキャラだから、そんなに飛び回ったりしないんですよね。

■同い年の三人に芽生えた強い絆

Q:今回、これだけのビッグプロジェクトに共に挑んだことで、皆さんの間に同志のような感覚が芽生えたのではないですか?

水原:それはあります!

三浦:この三人って同い年なんです。同世代の方とご一緒することはありましたが、同い年の役者さんたちと、これだけ濃密な時間の中で一つの作品を作り上げることは今までなかったんです。撮影で3か月間一緒にいて、いろんな面で刺激を受けました。

水原:同い年とはいえ、お二方は経験的にも先輩だと思っていました。でも、この作品に関しては、特撮やアクションなど、皆さんと一緒に初挑戦したことが多かったんですね。現場でどうしたらいいのかよく相談し合いましたし、コミュニケーションも密に取れて本当にうれしかった。先輩・後輩は関係なく、監督・スタッフさんを含め、みんなが同じ方を向いてがむしゃらに頑張った気がします。絶対に忘れられない経験です。

本郷:本当に結束力は強かったですね。『進撃の巨人』というビッグタイトルへのプレッシャーもありましたし、「絶対にごまかしは利かない、ほんの少しでも手を抜いてはいけない」と思うこともあって。でも、いろんなよろいを背負ったからこそ、100パーセントの力を出し切ろうという共通意識が、この映画に関わった全員の中に生まれたような気がします。「どんな評価が下されても悔いはない」と思えるくらい、情熱を注げた作品になりました。

劇中の土ぼこりまみれの軍服姿とは別人のような、華やかな衣装で登場した三人。それぞれから発せられる言葉には、巨大プロジェクトの中央に立った者同士の連帯感、お互いへのリスペクト、そして、作品に対する誇りがみなぎっていた。超人気漫画の実写化に携わった人々の熱意と、日本最高峰の特撮・VFX技術は、若き役者陣の成長をも大きく促したに違いない。

映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』は9月19日より全国公開

[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク