シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

年末年始映画特集2015-2016(1/2)

寒い冬こそ、心も体も温かくするいい映画を観たいと思うもの。でも何を観たらいいのかと迷っているあなたにお薦め作品を厳選して紹介! 年納めも年初めも映画館で過ごしましょう!!

【年末年始映画 編集部イチオシ3大作品】

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
12月18日より全国公開 (C) 2015 Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved.

スペースオペラ復活!銀河の新たな冒険に燃える!
SF映画の金字塔にして世界中で愛され続ける人気シリーズの新3部作第1章で、『スター・トレック』シリーズなどのJ・J・エイブラムスが監督を務めた超大作。ジョン・ボイエガデイジー・リドリーオスカー・アイザックアダム・ドライバー、旧シリーズのマーク・ハミルハリソン・フォードらが出演。新たなエピソードやキャラクターと共に、最新鋭の技術とリアルなセット撮影を融合した映像にも期待。(あらすじを読む)
★ここがオススメ!:魅力的な新旧キャラが織りなすドラマに注目!

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』スペシャルサイトはこちら

『クリード チャンプを継ぐ男』

『クリード チャンプを継ぐ男』
12月23日より全国公開 (C) 2015 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

ロッキーがトレーナーに!若きボクサーの新・伝説
シルヴェスター・スタローンが演じた『ロッキー』シリーズのロッキーが、ライバルのアポロ・クリードの息子と再びボクシングの世界に身を投じるさまを活写した話題作。アポロの息子アドニス(マイケル・B・ジョーダン)が、トレーナーとなったロッキーのもとでボクサーとして成長する姿を見つめる。スタローンは本作でゴールデン・グローブ賞助演男優賞にノミネートされた。(あらすじを読む)
★ここがオススメ!:ノーカットで展開されるリアルなボクシングシーンに胸がアツくなる!

『007 スペクター』

『007 スペクター』
12月4日より全国公開 SPECTRE (C) 2015 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc., Danjaq, LLC and Columbia Pictures Industries, Inc. All rights reserved

全世界で大ヒット中!究極の敵と戦うクレイグ版ボンド、4度目の激闘
長い間人々をとりこにしてきた大ヒット作『007』シリーズで、ダニエル・クレイグが4度目のジェームズ・ボンドを体当たりで演じたアクション大作。前作同様サム・メンデス監督がメガホンを取り、新たなる敵スペクターとボンドの死闘を描く。ボンドガールをモニカ・ベルッチレア・セドゥというイタリアとフランスを代表する美女が熱演。苦悩するボンドの葛藤はもとより、明らかになる彼の幼少期の秘密に期待。(あらすじを読む)
★ここがオススメ!:ジェームズ・ボンドの知られざる過去が明らかに!

『007 スペクター』スペシャルサイトはこちら

【泣ける邦画】

『orange−オレンジ−』

『orange−オレンジ−』
12月12日より全国公開 (C) 2015「orange」製作委員会 (C) 高野苺/双葉社

大切な人を救うため行動する女子高生の姿に涙!

高野苺のコミックを基に、未来からの手紙によって運命を変えようと奮闘するヒロインの姿をファンタジックかつ爽やかに描く青春群像劇。手紙により10年後の自分が後悔していることを知った女子高生が、大切な人を救おうと行動する姿を映す。NHKの連続テレビ小説「まれ」の土屋太鳳山崎賢人がヒロインと相手役で再共演。『君に届け』やテレビドラマ「鈴木先生」などに携ってきた橋本光二郎が、長編映画で初のメガホンを取る。(あらすじを読む)

『母と暮せば』

『母と暮せば』
12月12日より全国公開 (C) 2015「母と暮せば」製作委員会

亡き息子と「再会」する母の思いを描いた名匠の感動作
「父と暮せば」などの戯曲で有名な井上ひさしの遺志を名匠山田洋次監督が受け継ぎ、原爆で亡くなった家族が亡霊となって舞い戻る姿を描く人間ドラマ。原爆で壊滅的な被害を受けた長崎を舞台に、この世とあの世の人間が織り成す不思議な物語を映し出す。母親を名女優吉永小百合が演じ、息子を二宮和也が好演。ほのぼのとした中にも戦争の爪痕を感じる展開に涙腺が緩む。(あらすじを読む)

https://youtu.be/hvrs_103jRw

『はなちゃんのみそ汁』

『はなちゃんのみそ汁』
12月19日より全国公開 (C) 2015「はなちゃんのみそ汁」フィルムパートナーズ

この世を去る前に、娘に伝えたい!母心に迫る家族ドラマ
がんに侵され余命わずかな母親が幼い娘にみそ汁作りを通して愛情と生きる力を伝える、ドラマ化もされたエッセイを映画化。がん闘病に焦点を絞るのではなく、病と向き合う家族がそれぞれの生き方や家族のあり方を見つめながら、成長していくさまを描く。メガホンを取るのは、『ペコロスの母に会いに行く』の脚本を手掛けた阿久根知昭。がんを患った母親に広末涼子、夫に滝藤賢一がふんするほか、歌手の一青窈が共演。(あらすじを読む)

【クリスマスに見たい!ラブロマンス】

『きみといた2日間』

『きみといた2日間
12月23日より全国公開 (C) 2013 APARTMENT TWO, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

一夜の遊びから恋へ!?今ドキの恋愛事情
恋愛も就活もうまくいかないヒロインが一夜限りの相手を求め、“ネット恋活”で知り合った初対面の男性と一夜を過ごしたことから始まる恋模様を描くラブコメディー。『セッション』などのマイルズ・テラー『ウォーム・ボディーズ』などのアナリー・ティプトンが共演。脚本家マーク・ハマーが知人の体験談に着想を得た物語は、2011年のブラックリスト(未製作の優れた脚本リスト)に選出され、『卒業』などの巨匠マイク・ニコルズ監督の息子マックス・ニコルズが初めて長編の監督を務める。(あらすじを読む)

『マイ・ファニー・レディ』

『マイ・ファニー・レディ』
12月19日より全国公開 (C) STTN Captial,LLC 2015

ひょんなことから交錯していく男女のおとぎ話
『ラスト・ショー』などで知られるピーター・ボグダノヴィッチによるロマコメ。コールガールからハリウッドスターとなった女性と、その成功のきっかけを与えた舞台演出家の出会いを追い掛ける。『ミッドナイト・イン・パリ』などのオーウェン・ウィルソンをはじめ、イモージェン・プーツジェニファー・アニストンら、実力派が結集。クセありワケありのキャラクターたちにふんした彼らの妙演に加えて、軽妙な語り口にも注目。(あらすじを読む)

キーワード

楽天市場

  • «前のニュース
  • 次のニュース»

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 12月
  4. 19日
  5. 年末年始映画特集2015-2016