シネマトゥデイ

ぐるっと!世界の映画祭

映像文化創造都市を目指して市と共に歩む山形国際ドキュメンタリー映画祭(日本)【第42回】

集合写真
映画祭恒例のさよならパーティーでの集合写真。皆、良い顔!(山形市本町・山形グランドホテル)写真提供:山形国際ドキュメンタリー映画祭

 山形県山形市で隔年開催されている山形国際ドキュメンタリー映画祭(YIDFF)。隔年開催のため14回とまだ歴史は浅いが、今では世界でも屈指のドキュメンタリー専門映画祭として認知されています。その第14回大会(2015年10月8日~15日)では、来場者約2万4,300人と歴代1位を記録。映画祭が契機となり、山形市が「映像文化創造都市やまがた」推進プロジェクトを始動させるにいたりました。さらなる成長が期待されるYIDFFを映画ジャーナリスト・中山治美がリポートします。(取材・文・写真:中山治美 写真:山形国際ドキュメンタリー映画祭)

「山形国際ドキュメンタリー映画祭」ホームページ

受賞者
ズラッと並んだ今回の受賞者と審査員。ポルトガルのペドロ・コスタ監督を筆頭に、アルゼンチン、レバノン、韓国、日本など国籍は様々。これぞ国際映画祭。(山形市七日町・山形市中央公民館)

小川紳介魂を受け継ぐ

 YIDFFは1989年、山形市制施行100周年記念事業としてスタート。提唱者の一人が、映画『三里塚』シリーズで知られ、晩年は山形に拠点を移して農業を営みながら活動していたドキュメンタリー作家・小川紳介監督。小川監督は1992年に他界したが、その精神は今もYIDFFに引き継がれている。中でもアジアの新進監督作品を対象としたアジア千波万波部門が象徴的で、同部門の最優秀監督に贈られるのはその名も小川紳介賞。小川監督の野心的な作品作りは特に中国や韓国などアジアの監督に大きな影響を与えたことから、同賞獲得を目指してYIDFFに参加するアジア人監督も非常に多い。

台湾
香港の雨傘革命を追った映画『革命まで』(香港)と、台湾のひまわり学生運動に9人のドキュメンタリー作家が密着した『太陽花占拠』(台湾)のゲストたちが一堂に会して大ディスカッション。日本でもSEALDsに代表されるように民主運動が盛んになっていることもあって、香港や台湾の例から学ぼうと、観客からの質問が多数出た。(山形市香澄町・フォーラム山形)

 2006年に山形市から独立し、2014年からは認定NPO法人山形国際ドキュメンタリー映画祭(大久保義彦理事長)として運営。第14回には、インターナショナル・コンペティション部門とアジア千波万波部門に、世界124か国・地域から1,874本と過去最多の応募があったという。

 YIDFFでの受賞をきっかけに羽ばたいた作品・監督も多く、『鉄西区』(2003)で第8回(2003)にインターナショナル・コンペティション部門の最優秀作品賞にあたるロバート&フランシス・フラハティ賞を受賞した中国のワン・ビン監督は今では日本で特集上映が組まれるまでの人気監督に。第13回(2013)に山形市長賞を受賞したジョシュア・オッペンハイマー監督『アクト・オブ・キリング』(2012)は日本でも大ヒットした。

小熊
震災と映画を巡るディスカッションでは、首相官邸前の脱原発運動を記録した『首相官邸の前で』で監督デビューした歴史社会学者・小熊英二氏(写真中央)も登壇。自身の作品の上映でも観客に鑑賞だけでは終わらせず「参加することが大事」とトークシェアと題して意見交換する時間を積極的に設けている。( 山形市大手町・山形美術館)

社会情勢を色濃く反映

 YIDFFのプログラムは実に多彩。メインの二つのコンペティション部門「インターナショナル・コンペティション」と「アジア千波万波」のほか、国内の話題作を上映する「日本プログラム」、山形とかかわりのある作品を上映する「やまがたと映画」。さらに第12回(2011)からは東日本大震災をテーマにした「ともにある Cinema with Us」が新設された。ここにその年を象徴する作品を集めた特集上映が加わり、8日間の上映総本数は165本。さらにシンポジウムや公開講座もあるのだから、取捨選択するのが困難。映画祭最終日に受賞作を一挙上映してくれるのがせめてもの救いだが、参加者の中からは「同時間に上映作・イベントが多過ぎ」との声が多数聞かれる。

バッグ
映画祭トートバッグは、出会った監督たちにサインをしてもらえるよう余白がたっぷり。

 過密スケジュールが惜しまれるくらい、鑑賞意欲がそそられる作品が多いのも事実。中でも今年は、昨今の混迷を極める中東情勢を反映し、「アラブをみる−ほどけゆく世界を生きるために」と題したアラブ映画を特集。ここでも独裁政権によって不遇な人生を歩んでいる人たちにカメラを向けた『シリアの窓から』(2014)、『シリア、愛の物語』(2015)が上映されたが、インターナショナル・コンペティション部門でも今のシリアを映し出した『銀の水-シリア・セルフポートレート』(2014、優秀賞受賞)が選出されていた。いずれも映像に全てを託し、現状を世界へ伝えようとする作家の切なる思いが込められた作品だった。

レバノン
独立直後の1949年のレバノンを映した16mmホーム・ムービーを、デジタル修復して復活!『レバノン1949』の上映は、講談師・宝井琴柑(きんかん)による語り付きで上映された。(山形市大手町・山形美術館)

 同じく特集企画「ラテンアメリカ-人々とその時間:記憶、情熱、労働と人生」は、これまで日本であまり紹介されてこなかったアルゼンチンとチリに焦点を合わせ、社会の遍歴を見つめた。同様にコンペ部門では、チリのピノチェト独裁政権の大量虐殺を告発した『真珠のボタン』(2015)が上映されていた。独裁、虐殺、戦争……何度人間は同じ過ちを繰り返すのか。山形にいながら広く世界の“今”を考えさせられた8日間だった。

香味庵
ファンとゲストの夜の交流の場となる「香味庵まるはち」。伝統的な蔵を改装した郷土料理レストランが連夜、映画祭のために開放される。週末には入りきれない客が店外に溢れる。ボランティアスタッフと近隣住民の寛大な対応にも感謝したい。(山形市旅籠町)

「香味庵で会いましょう」

 最近は七日町や本町に夜遅くまで営業している飲食店が増えたが、映画祭スタート当初は地方特集の夜が終わるのが早かった。鑑賞後の、皆の集いの場がない! ということで、第2回(1991)にスタートしたのが夜の社交場・香味庵クラブだ。

香味庵
「香味庵まるはち」は巨匠とも気軽に触れ合える絶好の機会。アラブ映画特集で上映された『レバノン1949』『レバノン内戦』『ベイルート1982 PLO撤退からパレスティナ大虐殺まで』で解説を行った足立正生監督が、ラテンアメリカ特集の監督たちと共に盃を傾けていた。足立監督、お元気!(山形市旅籠町・香味庵まるはち)

 “香味庵”とは、地元の老舗漬物店「丸八やたら漬」の蔵を改装して出来た郷土料理レストラン・香味庵まるはちの略称。ここが会期中、一般営業を終えた22時から深夜2時まで“香味庵クラブ”としてオープンする。入場料500円(1ドリンク&おつまみ)で誰もが参加出来るため、連夜、海外ゲストからファンまで入り交じって大賑わい。あまりの盛況ぶりに、2階は床が抜ける恐れがあるためしばし入場制限がかかるほどだ。そして酒や食べ物は、いつの間にかどこからかじゃんじゃん回ってくるのでついつい呑みすぎてしまうことも。そして酒が入った勢いで、映画論が白熱して一触即発! なんて状況も稀に見るが……それもきっと映画祭の良き思い出となるに違いない。

 実はロッテルダム国際映画祭や釜山国際映画祭など評価の高い国際映画祭の傾向の一つして、「そこに行けば誰かに会える」という交流の場を、きちんと設けているか? がポイントになっている。ここから新たな企画が生まれる場合もあれば、筆者のような記者にとっても、日頃なかなか出会うことのない興行関係者や地方の映画祭の方と情報交換ができる貴重な場でもある。

 「じゃ、夜に香味庵で会いましょう」。これがYIDFF参加者の合言葉となっている。

美術館
「アラブをみる−ほどけゆく世界を生きるために」「ラテンアメリカ-人々とその時間:記憶、情熱、労働と人生」「やまがたと映画」などの特集上映の会場は山形美術館。映画祭開催時期は毎回10月。ゲスト向けの山寺ツアーなども用意されており、山形の大自然も堪能できる。(山形市大手町)

山形の秋を満喫

 山形市へは東京から山形新幹線で約3時間。映画祭開催時期になるとJR東日本から往復JR券と宿泊がセットになったお得な「ドキュ山!!GoGoパック」が発売されるので、映画祭HPなどでチェックしたい。

酒
山形といえば日本酒! 映画祭のオープニング・パーティーで振舞われた地酒は、海外のゲストに大人気。

 また会期中は、松尾芭蕉の句「閑さや岩にしみ入る蝉の声」で知られる立石寺などを巡る山寺ツアーも用意され、海外からのゲストに大人気。さらに今年は、鑑賞疲れを癒やそうと山形市民会館前で朝ヨガや自転車ツーリングなども行われた。

写真館
会期中、大正10年(1921)に建築された旧西村写真館でインドネシア・ジャカルタに拠点を置くアーティスト集団「Lab Laba-Laba」のインスタレーションを展示。その開催に合わせて写真館も特別公開された。城下町山形は、歴史的建造物も多数残っている。(山形市本町)

 映画祭行事だけでなく、秋はイベントシーズン。メイン会場の山形市中央公民館(アズ七日町)前の商店街を歩行者天国にして開かれる「街なか賑わいフェスティバル」や、豊烈神社例大祭と重なることもあり、街全体でお祭り気分が味わえる。

 YIDFFは会場が市内に点在していることもあり移動に時間を要するが、その分、山形の秋の味覚や歴史、そして、その土地に暮らす人と触れ合える魅力に溢れている。

ギャラリートーク
上映後、会場ロビーでは監督たちを囲んでのギャラリートークが行われる。この距離の近さが山形国際ドキュメンタリー映画祭の魅力。(山形市香澄町・山形市民会館大ホール)

映画祭と共に映像都市へと発展

 山形市はYIDFFを契機に“映像文化創造都市やまがた”と称し、映像文化を重要な地域の資源として推進事業を行っている。1992年には東北芸術工科大学が開学し、学長に根岸吉太郎監督が就任。映像学科長には林海象監督、准教授に前田哲監督もおり、両監督とも生徒たちを連れてよくYIDFFに参加している。また11月には新進作家を対象とした山形国際ムービーフェスティバルも行われている。

子供映画
「こどもと映画」と題し、各地で広がっている子供映画ワークショップで製作された作品を上映。さらに「こども映画教室」の代表・土肥悦子さん(写真右端)の司会でシンポジウムも開催。同教室で講師を務めたこともある諏訪敦彦監督、小学校教員の齋藤寿子さん、元教師でもある映画館フォーラムネットワークの長澤純常務取締役らが登壇した。公教育における映画製作授業の可能性について議論があった。(山形市大手町・山形美術館)

 その本気度を示すかのように同市は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「創造都市ネットワーク」映画分野への加盟を目指している。同ネットワークは、文化の多様性保護と地域産業振興に向けて都市間連携を目的に創設したもので、映画分野はこれまでブラッドフォード(イギリス)、シドニー(オーストラリア)、釜山(韓国)、ゴールウェイ(アイルランド)、ソフィア(ブルガリア)の5都市のみ。2015年7月に申請をしたものの、残念ながら今回は認定に至らなかったが、再チャレンジを検討しているという。

協会
11回(2009年)から日本映画監督協会(現理事長・崔洋一監督)も参加。「アジア千波万波」「日本プログラム」部門の作品を対象に、熱意があり、次回作が期待できる監督に対して日本映画監督協会賞を授与している。今回は父親を性的虐待で訴えた女性の孤独な戦いに寄り添った『私の非情な家』(韓国)のアオリ監督に、滝田洋二郎監督から金のバトン型トロフィー「光のリング」(デザイン:小野亮二氏)が贈られた。

次回は2017年開催

 隔年開催のため、次回、第15回大会は2017年10月となる。しかし例年、開催年の翌年は、都内の劇場などで山形で上映された作品に、独自のプログラムを加えた「ドキュメンタリー・ドリーム・ショー山形 in 東京」を開催しており、映画祭で見逃した作品を追ったり、山形行きを躊躇している人もYIDFF作品に触れることができる。

ホース
ロバート&フランシス・フラハティ賞(大賞)を受賞したペドロ・コスタ監督『ホース・マネー』は2016年ユーロスペースほか公開予定。写真提供:シネマトリックス

 また山形市平久保に山形ドキュメンタリーフィルムライブラリーを設置。出品作品の収集・保存のほか、無料で個人鑑賞できるビデオブース、さらには毎月第2、4金曜日には定期上映会を開催している。昨今は特に、「311ドキュメンタリーフィルム・アーカイブ」を開設し、東日本大震災に関する作品を歴史・文化遺産として保存することに力を注いでいる。映画祭開催時期のみならず日常的な活動が、市民並びに映画関係者からの理解と支援に繋がっているのだろう。

「山形ドキュメンタリーフィルムライブラリー」ホームページ

「311ドキュメンタリーフィルム・アーカイブ」ホームページ

楽天市場

  • «前のニュース
  • 次のニュース»

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク