シネマトゥデイ

最優秀賞の行方は?第39回日本アカデミー賞のここに注目!(1/2)

日本アカデミー賞

 国内で最大の映画賞である日本アカデミー賞。昨年は『永遠の0』が唯一、複数部門で最優秀賞を受賞し、最多8冠に輝く圧倒的な強さを見せたが、今年はいかに? 今週のクローズアップでは、先日発表された優秀賞の結果と共に、来月4日に控えた授賞式に向けて、絶対に注目しておきたいポイントをご紹介!(編集部・中山雄一朗)

『海街diary』が最多!4姉妹そろって受賞

日本アカデミー賞
Tony Barson / FilmMagic / Getty Images

 最多12の優秀賞を受賞したのは、是枝裕和監督の『海街diary』。鎌倉に暮らす3姉妹と父親が他の女性ともうけた異母妹が共同生活を送るさまを描いた同作は、それぞれに思いを抱えながらも次第に本当の家族として絆を深めていく4姉妹を演じた綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すずの個性と演技が光る感動作。4人はそれぞれ、優秀主演女優賞(綾瀬)、優秀助演女優賞(長澤・夏帆)、新人俳優賞(広瀬)を受賞。賞レースでは同じ助演の“姉”長澤の陰に隠れがちだった夏帆も今回はしっかりと優秀助演女優賞に肩を並べている。

『百円の恋』大健闘!どうなる最優秀作品賞?

百円の恋
(C) 2014 東映ビデオ

 優秀作品賞を受賞した5作品のうち、『海街diary』と並んで注目したいのが『百円の恋』。計5つの優秀賞を獲得した同作は、32歳になるも実家に引きこもり、自堕落な生活を送っていた女性(安藤サクラ)が、ボクシングと出会うことで人生をやり直そうと奮闘する姿を描いたドラマ。他の作品と比べると地味な作品ではあるが、米アカデミー賞外国語映画賞に日本代表として出品されるなど評価は高く、劇中で見事な肉体改造とボクシングシーンを披露した安藤の熱演に圧倒される一作!

新人俳優賞は音楽ファンも気になる!RADWIMPS野田が選出

トイレのピエタ
(C) 2015「トイレのピエタ」製作委員会

 新人俳優賞には有村架純、土屋太鳳、広瀬すず、山崎賢人、山田涼介(Hey! Say! JUMP)ら、今を時めく若手俳優たちと並んで、人気ロックバンドRADWIMPSのボーカル・野田洋次郎が選出。野田は映画『トイレのピエタ』で俳優初挑戦にして映画初主演を飾り、余命3か月を宣告された若者を自然体で好演。リリー・フランキー、大竹しのぶ、宮沢りえら大物キャストが脇を固める中、堂々と主演を務めた。そのほかにも優秀音楽賞には『バクマン。』の主題歌および劇中音楽を手掛けたサカナクションや、『海街diary』の音楽を担当した菅野よう子が選ばれており、音楽ファンも注目したいところ。

授賞式は3月4日、西田敏行&宮沢りえが司会

西田敏行、宮沢りえ
1月18日に行われた優秀賞発表会見にて

 各部門の最優秀賞は、3月4日に東京・グランドプリンスホテル新高輪で行われる授賞式で発表。司会を務めるのは、日本アカデミー賞協会・組織委員会副会長であり、これで3年連続となる西田敏行と、昨年『紙の月』で最優秀主演女優賞を受賞した宮沢りえ。授賞式の模様は同日21時~22時54分、日本テレビ系で放送される。

≫主な優秀賞の受賞結果は次のページで

【関連情報】

楽天市場

  • «前のニュース
  • 次のニュース»

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク