シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

タランティーノが人生を変えた7人のラッキー・スター(1/3)

ヘイトフル・エイト

独自の世界観のみならず、俳優&女優を輝かせることにかけても天下一品のクエンティン・タランティーノジョン・トラヴォルタロバート・フォスタークリストフ・ヴァルツ……タランティーノのおかげで返り咲いた&ブレイクしたスターは数知れず。今回、ジェニファー・ジェイソン・リーが初のオスカーにノミネートされた最新作『ヘイトフル・エイト』の公開を前に、彼との出会いで人生が変わった幸運なスターたちを紹介します!(構成・文:編集部 石井百合子)

ジェニファー・ジェイソン・リー『ヘイトフル・エイト』(2015)

ヘイトフル・エイト
『ヘイトフル・エイト』(C) MMXV Visiona Romantica, Inc. All rights reserved.

 タランティーノ作品初参加となった『ヘイトフル・エイト』で第88回アカデミー賞助演女優賞にノミネートされたジェニファー・ジェイソン・リー。 “ハングマン”の異名を取る賞金稼ぎルース(カート・ラッセル)の“獲物”となった大胆不敵な犯罪者デイジー・ドメルグが今回の役どころだ。1万ドルという高額の賞金を懸けられており、左目には痛々しい青あざが。よせばいいのに憎まれ口をたたいては何度もルースに殴られて血を流し、凝視できない顔になっていく。しかしその一方で、囚われの身となり牙を抜かれたトラ状態になったドメルグがいたぶられればいたぶられるほど、彼女がいつか反撃に出るのではないかとヒヤヒヤ。

ヘイトフル・エイト
(C) MMXV Visiona Romantica, Inc. All rights reserved.

 主要キャラの中で紅一点であるにもかかわらず、ここまで女扱いされないキャラクターも珍しい。『ルームメイト』(1992)、『黙秘』(1995)など仏頂面が印象的な個性派女優リーが、そんな汚れ役を面目躍如といった感で生き生きと演じ、ようやくオスカー受賞のチャンスを手にした。

ジョン・トラヴォルタ『パルプ・フィクション』(1994)

パルプ・フィクション
『パルプ・フィクション』(C)Miramax / Photofest / ゲッティイメージズ

 アカデミー賞主演男優賞にノミネートされた『サタデー・ナイト・フィーバー』(1977)や『グリース』(1978)などのヒット作でダンスの名手として人気を博したものの、その後鳴かず飛ばずの日々が続いたジョン・トラヴォルタが、華麗なる復活を遂げたのが『パルプ・フィクション』(1994)。アムステルダム帰りのギャング、ビンセント・ベガは彼のキャリアの中でもとりわけ魅力的な役どころの一つだ。ある日、ボスから留守の間、妻ミア(ユマ・サーマン)を食事に連れて行くように言われ、怒濤の一夜を過ごすハメになる。1950年代風のレストランで行われたツイスト・コンテストでユマ・サーマンを相手に息ピッタリのセクシー&クールなダンスを見せたかと思えば、魅惑的なミアへの欲望とボスに対する忠義のはざまで葛藤し、強力なヘロインを吸い込んで死にかけたミアを見てパニックに陥る。クールなはずのギャングが不測の事態に取り乱し、“むき出し”の状態になるさまを人間味たっぷりに演じ、2度目のアカデミー賞主演男優賞にノミネートされた。その後、『ゲット・ショーティ』(1995)、その続編『Be Cool/ビー・クール』(2005)、『フェノミナン』(1996)、『フェイス/オフ』(1997)などヒット作&話題作が続き、アダム・シャンクマン監督のミュージカル『ヘアスプレー』(2007)では女装でダンス&歌を披露した。

 また、ミア役のユマ・サーマンも本作でアカデミー賞助演女優賞にノミネートされており、黒髪のボブ&白シャツに黒パンツというシンプルながら洗練されたファッションも注目を浴びた。『キル・ビル』(2003)、『キル・ビル Vol.2』(2004)では黄色いジャージ&オニツカタイガーのスニーカーという出で立ちで、復讐に燃えるヒロインにふんし、日本刀を手に大掛かりなアクションを披露。千葉真一との共演も話題に。ビンセントの相棒ジュールスを演じたサミュエル・L・ジャクソンもアカデミー賞助演男優賞にノミネートされ、この後『ダイ・ハード3』(1995)、『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』(1999)、『アイアンマン』(2008)などヒット作に恵まれ、驚くほどの出演本数を誇るスターに。『ジャッキー・ブラウン』(1997)、『キル・ビル Vol.2』、『ジャンゴ 繋がれざる者』(2012)、『ヘイトフル・エイト』などタランティーノ作品の常連俳優となった。

【関連情報】
キーワード

楽天市場

  • «前のニュース
  • 次のニュース»

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク