シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

E.ハーレー、E.ローダー社の顔の座守る

 グウィネス・パルトロウにエスティ・ローダー社の顔の座を奪われかけていたエリザベス・ハーレーだが、同社会長のローダー氏が年間300万ドルのギャラでハーレーと再契約を。ハーレーの派手な男性関係や言動などで「彼女は庶民的過ぎる」と周囲の風当たりが強い中を押し切っての決定だったらしい。会長は「ハーレーを起用した方が会社の利益になると感じた。美しい彼女を愛さずにはいられない」と惚れ込みぶりを語った。ハーレーはこれでライバル会社ランコムの顔ウマ・サーマンと競うことに。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2001年
  3. 1月
  4. 11日
  5. E.ハーレー、E.ローダー社の顔の座守る