シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

K・ハドソン、新作を降板

 ケイト・ハドソンが、出演が見込まれていた『ガール・ウィズ・ア・パール・イアリング』(原題)を降板した。この作品は、トレイシー・シュヴァリエの小説「真珠の首飾りの少女」をマイク・ニューウェル監督が映画化するもので、17世紀芸術を代表するオランダ人画家ヨハネス・フェルメールによる肖像画をモチーフに、フェルメール家に召使いとして雇われたヒロインが主人であるヨハネスと恋に落ちてしまう歴史フィクションだ。ハドソンの降板理由は製作上の意見の相違と発表されたが、突然の降板で製作サイドも当惑している。代役には、『セイブ・ザ・ラスト・ダンス』のジュリア・スタイルズや『マイノリティ・リポート』のサマンサ・モートンの名前が挙がっている。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2001年
  3. 9月
  4. 21日
  5. K・ハドソン、新作を降板