シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

N・キッドマンも身に付けた、魅惑の宝石の行方

 ニコール・キッドマンが『ムーラン・ルージュ』の中で身に付けた豪華なネックレスは、もし売りに出されれば、これまで映画の中で使用された宝石の中でも、最も高価な一品となるはずだった。ネックレスをデザインしたオーストラリアの宝石商キャンター氏は、これをニューヨークのクリスティーズ社のオークションに出品したが、入札が開始される2時間前になって手放すのが惜しくなり、取りやめたという。1,308個のダイヤモンドで作られたネックレスは、およそ94万3,000ドル(約1億1,598万円)の買値が付けられると見込まれていたが、キャンター氏個人のコレクションとして保管されることになった。キッドマンが映画の中で演じたキャラクターの名前にちなみ、ネックレスは「サテン」と名付けられている。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2001年
  3. 10月
  4. 30日
  5. N・キッドマンも身に付けた、魅惑の宝石の行方