シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

J・ロウ、新しい『ジキルとハイド』へ出演か?

 ジュード・ロウが『ダイアリー・オブ・ア・ヤング・ロンドン・フィジシャン』(原題)へ出演するかもしれない。これはロバート・ルイス・スティーヴンソンの古典「ジキル博士とハイド氏」の映画化で、『ハンニバル』の脚本を手掛けたデヴィッド・マメットが監督、脚本を手掛ける。出演が決まればロウは、善良な医師ジキルと凶悪な殺人鬼ハイドの二役を演じる予定で、相手役にはペネロペ・クルスの名前が挙がっている。「ジキル博士とハイド氏」はこれまでにも何度も映画化されてきた古典で、最近ではジュリア・ロバーツとジョン・マルコヴィッチによる『ジキル&ハイド』が記憶に新しい。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2002年
  3. 2月
  4. 5日
  5. J・ロウ、新しい『ジキルとハイド』へ出演か?